【会社員卒業生9名が厳選】社会人向けプログラミングスクール5選まとめ

どうも!プログラミングスクール研究所のヨウです!

『社会人になってプログラミングを学びたくなった』
『忙しい中で学習できるプログラミングスクールが知りたい』
『独学で挫折したからスクール受講で効率的に学習したい』

こう考えているのであれば、今回の記事はとっても役立つ内容になっています!

僕は、プログラミングスクール4社を受講して、学習の失敗も成功も経験してきました。。社会人は特に時間がない中で学習しなくてはならず、いかに効率的に学ぶかに重点を置いて学習する必要があります。

さらに今回は、僕を含め会社員をしながらプログラミングスクールに通っていた元受講者を交えて、体験談を元に社会人がプログラミングスクール選びから学習までどのように行えば良いかをマルッとまとめました。

今回の記事の内容

  • プログラミングスクールを活用した体験談
  • 社会人におすすめのスクール【転職&フリーランス】
  • 社会人がすべきスクールの選び方
  • 社会人におすすめのプログラミング言語
  • 社会人が学習時間を確保する方法
  • スクールでの時短学習法
ラボくん
盛りだくさんの内容になっているけど、一つ一つが大切な内容だから要チェック!!

社会人がプログラミングを学ぶのに年齢は関係ないの?

結論、プログラミングを学ぶのに年齢は関係ありません。

ですが、そういう意味ではなく、「プログラミングを学んで、仕事として活用できるの?」という疑問がありますよね。

ラボくん
ここは誰もが悩んでいるところでもあるよね。。

実は、この回答にすごく合致するものがあって、

プログラミングを学ぶことに年齢は関係ない←半分正解で半分誤り

これが真実です。なぜかというと、

半分正解な理由→プログラミングを身につけること自体は何歳になってもできるから
半分誤りな理由→年齢を重ねるごとにエンジニアへの門扉は狭くなっていくから

参考:プログラミングを学ぶのに年齢は本当に関係ない?←半分正解で半分誤りです【実態を解説】

このように、転職や就職を希望する際には年齢は関係あります。これは事実であり、プログラミングスクールの業界でも常識となっています。

プログラミングスクールには就職保証付きのスクールがあり、年齢制限が定められていることがほとんどです。ほとんどが30歳までが対象で、31歳以上はスクール受講すらできない状況になるわけなんです。

スクール博士
逆を返せば、年齢を重ねれば重ねるだけ就職が厳しくなるため、そういう条件を設けているわけなんじゃよ。ただし、20代の頃より可能性が低くなるだけで絶対無理というわけではないぞ

社会人の僕がプログラミングスクールを活用した体験談

仕事とプログラミング学習を両立した僕の体験談

最初にスクールに通うことを決めた理由としては、プログラマーとして就職or独立するためでした。

はじめに通ったのは、TECH::CAMPだったんですが、実際に渋谷のスクールに通ってカリキュラムをひたすらこなしていくスタイルでした。

基礎編のカリキュラムは、すごくわかりやすい教材で特につまることなく学習できました。

応用編のカリキュラムとして、チャットワークのようなアプリケーションを作るカリキュラムに進んだあたりでかなりの挫折を経験しました。(実はチャットアプリはアプリ制作の中でも難易度高めらしいです…)

心のどこかでスクールに通っているから3ヶ月後には、アプリを作れるようになっているはず…! という謎の自信もあったし、講師の方も教えてくれるし、、と思っていたんですが、これが甘かった。。

ただ、ここで引き下がったわけではなくて、学習方法を工夫してなんとかWebアプリケーションを作り上げることができました。ここの学習のコツは、時短勉強法、学習時間を確保する方法で記述してますので、覗いてみてください!

工夫の甲斐もあって、卒業後に簡単なWebメディア制作の受注を受けることもできました!

ラボくん
スクールに行くだけじゃなく、学習方法をしっかりと考えて学習していたからこそなんだね!

プログラミングスクールを活用してキャリアを広げた例

そんなこんなで、プログラミングスキルを身に付けて、Webサイトを制作することができるようになりました。そこで、マーケティングのスキルと掛け合わせて「プログラミング×マーケティング」でグロースハックという職業でキャリアアップできました。

グロースハックという職業は、今アメリカでもっともセクシーな職業と言われているくらい人気の職業で、プログラミングスキルを身につけるとエンジニアやプログラマーだけじゃないキャリアを歩むこともできるんですよ!

ちなみに年収ベースでは、3倍くらいになり、自分でスモースビジネスの事業展開も、ちょっぴりですが可能になりました!

スクール博士
グロースハックという職業はまだまだ知られていないが、これから日本でも確実に人気が出るはずじゃよ
ラボくん
グロースハック!?初めて聞いたけど、すごそうだね….! プログラミングでキャリアの可能性がかなり広がったんだね!

仕事で困らないための社会人向けプログラミング言語

社会人の方は、仕事がなくなる不安を拭えません。僕もプログラミングスクールに入る前は、仕事獲得に対する不安を抱いていました。

プログラミングを使ってお仕事したいと考えてプログラミング学習を考えている場合、学習前の大切な要素として「プログラミング言語選定」があります。以下の「プログラミング言語別新規求人案件割合ランキングTOP5」を見てみましょう!

このランキングをみると、Java,PHP,Rubyの順で新規求人案件数が多いことが分かります。しかし、これだけでは実際にこれから伸びるとされる言語が特定できないので、年度で比較した案件数の伸び率を見てみましょう!

上記の右側のグラフをみると、Javaに次いでPythonの新規案件数の伸び率が高いため、これから案件数が伸びてくる言語と言えますね!

なので、最終的に社会人におすすめのプログラミング言語というのが、

  • Java
  • Python
  • PHP
  • Ruby

この4つだと言えますね!

この4つの中でもPHPは案件数の伸び率が落ちてきているのが気がかりな点ですが、それでも全体を考えれば新規案件数はJavaに次いで2番目に増えており、まだまだWeb周りの主要言語として国内では人気の言語となっています。

PHPはフリーランスエンジニアに向けた案件数が多く、難易度も中級くらいのものが多いので初心者の方におすすめの言語でもあります。

また、Pythonに関しては人工知能関連事業が次々と立ち上がっている現状を考えると、これからさらに需要が出てくる言語なのでPython言語もまた転職希望の方にはおすすめの言語です。

ラボくん
需要の高い言語の中から言語選定すると確実だね!!この4つの中で選ぶのも悩むなぁ〜

社会人に最適なプログラミングスクールを選ぶ際に注目すべき2つのポイント

プログラミングスクールの選び方の基本

プログラミングスクールに通う目的として、「一番重要なのはプログラミングスキルを身につけること」です。

そのため、プログラミングスクールに通って「さぼってしまってスキルが身につかなかった」とか「自習学習と変わらなかった」といったことになるなら、スクールに通わない方がましですよね….

そこでそういった「スキルが身につけられないプログラミングスクール」に入らないようにするために、「スクール博士のプログラミング研究所」を運営する編集者とプログラミングスクール経験者8名を交えて徹底的に考えた「プログラミングスクールの選び方」は以下の6つがポイントになります。

  1. 目的・目標設定のサポートサービスの有無で比較
  2. マンツーマンレッスンの有無で比較
  3. 学習進捗管理サポートの有無で比較
  4. 講師の質より交代できるかで比較
  5. 学習期間と受講回数の多さで比較
  6. 無料体験を使い倒して候補を絞る

これらを中心に考えることで、まずプログラミングスクール選びでミスした…ということにはならないはずです。

詳しくは「費用対効果の高いプログラミングスクールの選び方」をご覧くださいね!

社会人がプログラミングスクール選びで特に注意すべきポイント

社会人としてお仕事をこなしながら、プログラミング学習を頑張ると決めている方は、さらに気をつけるポイントが2つあります。

  1. 夜の時間帯で何時まで質問対応してもらえるのか
  2. 受講期間にポートフォリオは作成できるのか

まず1つ目として、仕事終わりに学習する方が多いということで「夜の時間帯で何時まで質問対応してもらえるのか」というチェックはしたほうがいいです。

スクールによっては、21時までで質問対応が終わってしまうなど、仕事終わりに学習したいと考えている方にとっては質問サポートを利用しにくい場合があります。

そして2つ目として、「受講期間中にポートフォリオが作成可能か」というポイントです。

転職希望やフリーランスとして独立希望の方は「ポートフォリオ」のあるなしで仕事獲得できる率が格段に高まります。

また、社会人の方は基本的に仕事終わりに学習を進めるため、チーム開発といった学習が進められないケースもあるため、ポートフォリオ作成だけは受講期間中にできるのかチェックしておきましょう!

社会人向けのプログラミングスクール比較表

各プログラミングスクールの特徴別比較表

スクール名マンツーマンレッスン受講形式メンターの質独立支援転職支援
TECH::CAMP
TECH::EXPERT
CodeCamp
CodeCampGate
TechAcademy
DMMWEBCAMP
ポテパンキャンプ
TECHBOOST
DIVE INTO CODE
侍エンジニア塾××
インターネット
アカデミー
WINスクール
「◎◯△×」の説明はこちら

※マンツーマンレッスン ◎:担任制マンツーマンレッスン ◯:マンツーマンレッスン △:質問対応のみ
※受講形式 ◎:対面&オンライン対応 ◯:対面のみ対応 △:オンラインのみ対応
※メンターの質 ◎:ホスピタリティーが高い現役エンジニア ◯:現役エンジニア △:スクール卒のメンター
※独立支援 ◎:案件獲得良い評判多数あり ◯:案件獲得サポートあり、良い評判少ない ×:サポートあり、悪い評判あり -:サポートなし
※転職支援 ◎:良い評判多数あり ◯:サポートあり、良い評判少ない ×:サポートあり、悪い評判あり -:サポートなし

各プログラミングスクール料金比較表

スクール名入学金受講料受講期間対応言語
TECH::CAMP148,000円月14,800円無制限Ruby,JavaScript,Python
TECH::EXPERT0円798,000円10週間 or 6ヶ月Ruby,JavaScript
CodeCamp30,000円348,000円4ヶ月Ruby,PHP,JavaScript,Swift
CodeCampGate30,000円448,000円4ヶ月PHP
TechAcademy0円239,000円3ヶ月Ruby,PHP,JavaScript,Python,Swift
DMMWEBCAMP0円628,000円6ヶ月Ruby,JavaScript
ポテパンキャンプ0円300,000円4ヶ月Ruby
TECHBOOST184,800円月29,800円3ヶ月~Ruby,PHP
DIVE INTO CODE100,000円498,000円4ヶ月 or 10ヶ月Ruby,JavaScript
侍エンジニア塾29,800円698,000円6ヶ月Ruby,PHP,Java
インターネット
アカデミー
0円560,800円3~6ヶ月PHP,JavaScript
WINスクール18,000円223,000円7ヶ月Java
上記の料金比較表に関する注意事項

※受講料:記載の受講料は比較しやすいように、各スクールでもっとも人気のあるコースの受講料金を掲載しています。
※受講期間:記載の受講期間は比較しやすいように、各期間でもっとも選ばれている期間を掲載しています。
※全コースの対応言語:各スクールで学習できる言語を掲載しています。

転職希望の社会人に最適なプログラミングスクール3選

CodeCamp

引用:CodeCamp公式サイト

概要をチェック
  • 料金:148,000円〜698,000円
  • 受講形式:オンラインマンツーマン
  • 受講期間:2ヶ月〜6ヶ月
  • 受講地域:全国
編集部の分析結果をチェック

CodeCampは、オンラインマンツーマンレッスンが一番の特徴になります。マンツーマンレッスンの受講体制も、1受講40分単位で学習することができ、時間帯も自分で選ぶことができるため、スキマ時間にささっと学習できるわけなんです。以下、受講の際のイメージ動画になります!

チャットの質問対応も7時〜23時40分までと1日中質問に対応する体制があるので、つまづいたときにすぐ改善することができる体制がバッチリ整っています。

とはいえ、良い点ばかりではなく、マンツーマンレッスンを担当してくれる講師は毎回選ぶ必要があるため、担当の講師が毎回変わってしまうことがデメリットでもあります。

人見知りだったり、講師になじむまでに時間がかかるかもな、、と思う方はおすすめできないかもしれません。他のスクールも必ず検討してみましょう!

また、もう一つの注目すべき点として転職サポートがオンライン学習スクールとしては比較的高品質なスクールだと言えます。

転職などを目指す場合には、プログラミングスクールに直接通うスクールの方がサポート側も対応しやすいため、サポート満足度が高い傾向にあります。

しかし、CodeCampは完全オンラインでありながらCodeCampGateのような転職特化型のサービスを提供しているなど転職サポートにも自信を持っているスクールなんです。

ラボくん
もし少しでも興味がある場合には、公式サイトにアクセスして無料体験レッスンを受講して、転職に関する質問をいくつかぶつけてみると良い答えが返ってくるよ!

DMM WEBCAMP

引用:DMM WEBCAMP公式サイト

概要をチェック
  • 料金:628,000円
  • 受講形式:通学形式
  • 受講期間:6ヶ月
  • 受講地域:東京
編集部の分析結果をチェック

DMMWEBCAMPは、転職保証付で学習期間が6ヶ月と決められているDMM WEBCAMPは、料金も628,000円と高額になっている分、サポートや保証面で圧倒的に充実しているサービスです。

初めの3ヶ月間でみっちりサービス開発を行った後に次の3ヶ月でしっかりと転職活動を行っていきます。

注目すべきDMMWEBCAMPの最大の特徴としては、転職期間に3ヶ月も設けている点です。

DMMWEBCAMPは、他のプログラミングスクールと違い、特にしっかりと転職先を吟味し離職につながる企業を避けつつ受講生に最適な企業を選んでいきます。

この離職に繋がらないようなサポートの濃密さを考えると3ヶ月という期間は納得できますね!

また、最初の3ヶ月で開発するWebサービスですが、例としては以下のWEBサイトのようなものを作ることができるようになります!

参考:WEBCAMP公式サイト

個人的にこのサイト、めちゃめちゃハイセンスで好きです。ダジャアートは個人的にツボでした。

実際に転職活動を成功させるためには、土台となるスキルアップが必須なので、ここまでしっかりとしたサイトが制作できるようになると分かれば、サービスの質も安心できますね。

ラボくん
DMMWEBCAMPは、転職したい方向けプログラミングスクールのライザップ的な立ち位置だと覚えておくと良さそうだね!
スクール博士
学習期間と本気度、キャリアを含めて考えて、スクール受講期間に何を集中的に学ぶのかをよく考えるのじゃ!すごく大切なことじゃよ。

TECH::EXPERT(転職コース)

引用:TECH::EXPERT公式サイト

概要をチェック
  • 料金:798,000円
  • 受講形式:通学形式&オンライン
  • 受講期間:10週間or6ヶ月
  • 受講地域:東京,大阪,名古屋,福岡
編集部の分析結果をチェック

TECH::EXPERTは、受講期間中はカリキュラムをひたすら自主学習するスタイルが基本です。スクールに通学するスタイルの場合は、周りにメンター(講師)がいるため、つまづいたらすぐに質問できるようになっています。

とはいえ、メンターが学生の場合もあり、その中でも教え方がうまい人、分かりにくい人と様々いる印象で、中にはググってくださいと言われる時もあって塩対応な講師もたまにいたりとかします。自分の質問のレベルが低くてそうなってしまう場合もあるので一概に講師が悪い!とはならないと思いますので、そこは少し注意しながら検討してくださいね!

現在は厳しいプログラミング試験とポスピタリティー試験をクリアした教育に特化した講師のみが採用されているので、質問対応も全体的に改善されている印象でしたよ。

基本的には、チャットで質問するだけで解決することが多かったのですが、対面で図を使って説明してもらった時があって、その時は対面でよかった…! と思いました。

これはどんなスクールでも言えることですが、質問する前に「どこが分からないのか」「何を試したのか」は明確にしておかないと講師の方も困ってしまいますので、そこは考えながら質問しましょう!

【追記】TECH::EXPERTの代表とホリエモンの対談動画が出ていますので、以下に共有しておきます!

スクール博士
質問を考えることもカリキュラムの一つじゃ!面倒くさがらずに最低限考えてから質問しよう!

フリーランス希望の社会人に最適なプログラミングスクール2選

TECH::EXPERT(副業・フリーランスコース)

引用:TECH::EXPERT公式サイト

概要をチェック
  • 料金:798,000円
  • 受講形式:通学形式&オンライン
  • 受講期間:10週間or6ヶ月
  • 受講地域:東京,大阪,名古屋,福岡
編集部の分析結果をチェック

先ほど、転職コースのご紹介をさせていただきましたが、今回は副業・フリーランスコースのご紹介です!

まず知っておくべきこととして、フリーランスになる際にいくつか課題があることです。

  1. 特化スキルの取得
  2. 案件獲得
  3. 案件継続

この3つがフリーランスになる上でまず課題となりますが、この中で1,2番についてはTECH::EXPERTで確実に解決できます。

まず特化スキルの取得ですが、TECH::EXPERTではフリーランスとして独立するためのスキルを学ぶことができます。

次に案件獲得ですが、TECH::EXPERTでは案件獲得を保証しているため、もし案件が獲得できなかったら全額返金される制度があります。

つまり実質的にはリスクなしでプログラミング学習も案件獲得もできることになるわけです。

簡単にフリーランスとして独立できるわけではありませんが、実際に卒業生のフリーランス独立実績があります。

驚きは、37歳の経理担当者がフリーランスエンジニアに転身できた例です。

基本的に30代を過ぎたあたりから転職が厳しいと言われている現状の中でフリーランスエンジニアとして独立できたことは、それだけTECH::EXPERTが可能性を秘めている証拠でもあります。

ラボくん
TECH::EXPERTで案件獲得までを確実に行って、次の案件獲得につなげるというループを作り出すことはできそうだね!

侍エンジニア塾

引用:侍エンジニア塾公式サイト

概要をチェック
  • 料金:168,000円〜698,000円
  • 受講形式:オンラインマンツーマン
  • 受講期間:1ヶ月〜6ヶ月
  • 受講地域:全国
編集部の分析結果をチェック

侍エンジニア塾は、完全オリジナルカリキュラムが注目されているオンラインプログラミングスクールです。

基本的なカリキュラムはあるものの、「受講生にはそれぞれ立場や経験も違う」という想いから個々で違うオリジナルのカリキュラムを作成しています。

ある方は転職希望、ある方はフリーランス希望という形で希望の形も様々な中でなるべく受講生に寄り添った学習カリキュラムの提案ができればとオリジナルカリキュラムを展開しています。

侍エンジニア塾の賢い使い方としては、事前学習をしたのちに改めて侍エンジニア塾を検討するやり方をおすすめします。

理由としては、侍エンジニア塾が完全オリジナルカリキュラムなので事前にプログラミングの基本学習を終えていれば、侍エンジニア塾の受講期間に案件獲得し、実際に案件をこなすカリキュラムを作ることもできるからです。

実際に受講期間に案件獲得し、案件をこなすカリキュラムをこなす方もいるため、受講期間中に案件をこなしたいという希望を伝えれば可能な限り対応してくれます。

しかし、問題なのは「事前に学習する内容が分からない」という状態です。

その際に活用してほしいのが、「侍エンジニア塾の無料体験レッスン」です。

「侍エンジニア塾の無料体験レッスン」で事前学習すべき内容をあらかじめ聞いておくことで、スムーズに事前学習に入ることができます。

ラボくん
無料体験レッスンは必ずしも体験するためだけのモノではないんだね!

忙しい社会人を助けるプログラミングの学習時間を確保する方法

学習時間を把握する

忙しい社会人は、学習時間が少なく、無駄な時間を過ごせません。

そういう状況なので、少しでも立ち止まらずにひらすらパソコンに向かう必要があるように思えてしまいますよね。

ですがまず、やってほしいことは学習時間がどのくらいあるのか把握することから始めましょう。

3ヶ月の学習期間があるのであれば、その中で仕事はどのくらいで、学習時間はどのくらい取れるのか今一度確認してみましょう。

意外と時間がなかったり、余裕があったりと気づきがあるはずなので、可能な学習時間の中で何ができるか戦略を立てていきましょうね!

スクール博士
学習を始める場合、現状把握がまずは何よりも大切じゃ。現在地が分からなければ、どこに進めばいいか分からないじゃろうからのう。

バッファを大事にする

時間を把握したあとは、その中で可能な学習計画を立てるでしょう。あれもやんなきゃ、これもやんなきゃと考えますよね。

学習時間が意外にも少なかった場合によくあるのが、学習計画をつめつめにしてしまい、明らかにキツイ計画になってしまっている場合です。

めちゃくちゃ気持ちはわかりますが、スキルを身に付けることが目標なので、キツキツに計画を立てて、仮に学習が終わったとしても何にも身についていない状態だと意味がありません。

そこで必ず、予備時間(バッファ)を設けるようにしましょう。

3ヶ月と長い期間なので、計画通りに学習が進まないことだって絶対にあります。

学習の進捗が間に合わない場合や確認して理解を深める時間にも使える自由な時間を設けて、学習に柔軟性をもたせましょう!

質問は固定で1回30分で◯回行う

プログラミングスクールに通う最大の理由としては、教えてもらうためですよね。

つまり、質問をしないと非常にもったいないわけです。

そのため、質問時間は必ず固定の時間帯にする習慣をつけておきましょう!

おすすめは1日の間に、1回30分で数回行う癖をつけることで、必ず質問を考えておかなければいけないので、自分の課題をためておく習慣も身につくためおすすめです。

ラボくん
分からないところをまとめる→質問する→また分からないところをまとめる→….etc の習慣がつくため学習のトリガーの役割を果たしてくれるんだね

社会人必見のプログラミングスクール時短勉強法

力を入れて学習しない箇所の見極めが大切

プログラミングは覚えておくべきこととググって思い出せればいい項目と2つ大きく分かれます。

基本的には、ググって思い出せればいい項目というのは文法で、文法は忘れたけどできることは分かるくらいの感覚であればOKと思ってください。はじめはそんな感じでもOKです。

大切なのは、プログラミングの基礎的な部分で、なぜこのコードは動いているのか?を大まかに理解することが大切です。

基礎として必須なのは、

  • それぞれのファイルの役割
  • そのファイルが他のファイルにどう作用するのか

この2つです。この2つを理解することができれば、プログラミングが劇的に簡単に学習ができるようになります。まずは、この基礎部分を徹底的に覚えて学習時間の短縮を目指しましょう。

Google Keepを使って学習管理

携帯で使えるTodo管理の中でも優秀なのが、Google Keepというアプリです。

このアプリを移動中の車の中や電車の中で学習のTodoリストを作成することで夜に学習する時にスムーズに学習に入ることができます。

また、このアプリは完了した学習を確認できるので、1日単位でTodoリストを作成して保存しておくことで何をやったかを振り返ることができるため便利です。

その振り返りの中でどの日のどれが難しかったと感じたのかを確認して、

  • その時は集中できていたか
  • なぜ難しく感じたのか
  • 質問しても解決しなかったのか

以上の3つを振り返って解決するための糸口を見つけるようにしましょう。

時短を可能にする目標のマイルール

時短を可能にするのは目標に集中できる環境を自分で整えられるかどうかにも関係してきます。その際に学習のルール設定がかなり重要になってくるわけです。

学習のプロである伊沢 拓司さんが考えるマイルールを作る時の軸で考えると

  • 自分が流されやすい誘惑を遠ざけるルール
  • 具体的な形でルールにする
  • 実現できるルールを作る
  • 途中で変更してもよい

以上、4つの項目を満たしたルールを決める必要があります。

上記の項目で分かりにくいのが「自分が流されやすい誘惑を遠ざけるルール」ですよね。

この「自分が流されやすい誘惑を遠ざけるルール」は、「言い訳できない環境を作るためのルール」という風に捉えて考えましょう。

例えば、眠くて頭がはっきりしていなくて、ダラダラ学習で質の高い学習ができていなかった場合、朝の11時まで寝て13時からカフェで学習して閉店まで絶対粘るというルールを設ける例です。

限界まで寝ているので、そこで言い訳できない状況を作って、残りの時間で学習するというわけです。

社会人版で考えるなら、学習前に1時間だけ寝てから学習するとかでしょうか。学習の質は学習時間では測れません。目的を見失わずに、スキルが身についているかどうかを気にしながら学習しましょう!


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/