プログラマーで就職なら専門学校より大学+プログラミングスクールがベスト

どうも!プログラミング研究所のヨウです!

この記事を見ている方は[ プログラマー 大学 ]もしくは[ プログラマー 専門学校 ]などで検索されている方かもしれませんね。

「大学卒業後にプログラマーとして就職したい」
「専門学校に行って卒業と同時に第一線で働きたい」

そういった思いの方も多いのではないでしょうか?

実際に僕もプログラミングを使ったお仕事をしている1人ですが、学生の時からプログラミングスキルを身に付けておけば・・・と後になってすごく後悔しました。

そのため、今の段階でプログラミングスキルを身につけようと考えていること自体、かなり意識が高いですし、優秀な方だなと感じます。とはいえ、

「大学に行ってもプログラマーになるためのスキルを十分に身につけることができなかった」
「専門学校って座学ばかりで実践的なことってやらないんだよな・・・」

といった声も聞くため、ここで慎重に考えてベストな選択をとってほしいです。間違った選択をとってしまうと後悔に繋がってしまうので。。。

結論言ってしまうと、できれば大学とプログラミングスクールの組み合わせがベストです。お金がかかるのは・・・という場合にはプログラミングスクールだけでもOKです。とにかく、プログラミングスクールを利用して短期間でスキルを身に付けて仕事を獲得して実務をこなす方専門学校に行くよりも何倍もおすすめです。

この記事でわかること
  • 専門学校に行くメリット・デメリット
  • 大学に行くメリット・デメリット
  • プログラミングスクールのメリット・デメリット
  • 結論、どういう選択がおすすめなのか
  • 忙しくてもおすすめできるプログラミングスクール

プログラマーとして就職するために専門学校に行くメリット・デメリット

専門学校に行くメリット

専門学校のメリット
  • 専門的な基礎知識をじっくり固められる
  • 資格取得に強い

専門学校の特徴としては、大学と違って2年間と短い期間で、就職に必要な知識や資格を取得することができます。就職先は有名大学には劣りますが、それでも専門学校の中で優秀な成績を残せていれば、有望な就職先も紹介してもらえるようになります。

専門学校に行くデメリット

専門学校のデメリット
  • 先生が現役を引退してしまっている
  • 新しい技術を学ぶことができない
  • 資格取得に時間を使いすぎる
  • プログラミングスキルが身につかない
  • 学費が200万円くらいかかってしまう

大きくこのようなデメリットがあります。衝撃なのが、プログラミングスキルが身につかないという点。

専門学校に行く目的を見失ってしまうぐらい衝撃なのですが、事実です。専門学校の実態は座学が基本なので、教養としてプログラミングを学ぶのであればアリですが、プログラマーとして就職するための技術は身につけることが難しいです。

「それでも資格を取れるからいいんじゃないの?」

という疑問もあるかと思いますが、量産型のプログラマーとして就職するならまだしも、付加価値の高いクリエイティブなプログラマーになりたい場合には、資格は一切関係なくなってしまいます。

あくまでもスキル勝負になるプログラマーの世界でプログラミングスキルを伸ばさないと本当にもったいないですね。。

プログラマーとして就職するために大学に行くメリット・デメリット

大学に行くメリット

大学に行くメリット
  • 教養が身に付けられる
  • 就職の時に大学卒が有利
  • 様々な分野の人脈ができる
  • 研究など貴重な経験ができる
  • 自由な時間があるため色々チャレンジできる

僕は大学に行った身なので、率直な感想を言うと行って良かったと思っています。ある程度頑張って入った大学だったのでそう思えるのかもしれませんが、意識が高い人たちに囲まれてかなり刺激を受けた4年間だったのを覚えています。

また、大学に通うことは専門学校に通う方と比べて、就職のシーンではかなり有利です。企業によっては4年制大学の方のみの採用を行っているところもあり、専門学校の場合には就職試験すら受けさせてもらえないこともあります。

そして、大学に通っていれば様々な分野の人脈が広がります。専門学校だと分野が狭められてしまいますが、大学の場合には分野も全く違えば国籍も違うような人はゴロゴロいて、自分の価値観がガラッと変わるような話を聞く機会がたくさんあって貴重な時間になります。

大学に行くデメリット

大学に行くデメリット
  • プログラミングスキルを純粋に学べない
  • 卒業するまでに4年かかってしまう
  • 大学側の就活サポートはかなり薄い
  • 様々な行事やイベントの誘惑がある

「プログラマーとして就職するために」という視点で考えると大学だけではプログラミングスキルを身につけるのは難しく、基本的には独学と変わらない形になってしまいます。

プログラミングスキルをメインに学びたい人にとっては大学に行く必要がないように思ってしまうかもしれませんね。

また、プログラマーになるために就活をすると思いますが、大学側の就活サポートはかなり手薄なので、自分で工夫をしないと就活もうまくいかない可能性があります。就職するために大学に通うことは有利とはいえ、プログラミングスキルはほぼ独学になってしまうので、そのあたりも考える必要がありますね。

プログラマーとして就職するのに専門学校と大学ではどっちが良いのか

先に結論言ってしまうと、大学が圧倒的におすすめです。

やはり、大学の間に将来について真剣に考えないと社会人になって必ず行き詰まります。大学の時期には、必ず様々な人の価値観に触れることは絶対に必要ですし、できれば意識の高い環境に身をおいた方が将来のためには絶対に良い影響があります。

ラボくん
大学が良いのは分かったけど、プログラマーになりたい人にとっては△だよね。。どうすればいいの?
スクール博士
その場合には、プログラミングスキルを身に付けられる環境を用意する必要があるのぅ

【結論】プログラマーとして就職したいなら大学とプログラミングスクールを組み合わせるべし

ラボくん
大学だけではなく、プログラミングスクールも通っちゃうの?!そんな合わせ技アリなの??
スクール博士
驚いてしまうじゃろうが、実はありなのじゃ。実際に大学に通いながらプログラミングスクール通って大学在学中にプログラマーとして仕事をしている人すらいるぞ

プログラミングスクールのメリット・デメリット

プログラミングスクールのメリット
  • プログラミングをがっつり学べる
  • 就職支援・就職保証サービスがある
  • フリーランス案件を獲得するサービスもある
  • 短期集中型で6ヶ月以内で仕事ができるレベルまで行ける
  • 大学や専門学校と比較しても料金が圧倒的に安い

メリットを見てもらうとわかる通り、プログラマーとして就職したい人にとって必要なサービスがプログラミングスクールには揃っています。

大学に行きながらだとスキマ時間を見つけて通うかオンライン型のスクールを受講する形になりますが、ぶっちゃけ大学の授業よりもプログラミングスクールの授業の方が何倍も将来に影響を与えます。

プログラミングスクールのデメリット
  • 大学以外にプログラミングスクールの料金がかかってしまう
  • 3~6ヶ月間はプログラミング学習をみっちりやる生活になってしまう

一応デメリットを書きましたが、プログラミングスクール自体のデメリットがあまり見つからなかったです。そのくらい有意義な大学生活を送ることができるツールになるので、個人的にはかなり推しています。

大学1年生からプログラミングスクールに通うのがベスト

おすすめは大学1年生からプログラミングスクールに通うことです。

「いや、大学の授業もあるのに早すぎるだろ」

そう思うかもしれませんが、早ければ早いほどプログラミングスキルは積み重ねで伸びていきますので、大学3年の就活の段階で就活無双できます。

大学在学中にフリーランスエンジニアとして活躍できるくらいまでスキルを伸ばすことができれば、基本的に敵なしになります。ぜひ検討してみてください。

スクール博士
まずは無料体験レッスンでも行って、どんな学習をするのか体験してみるといいぞ。無料体験レッスンでは押し売りもないし、逆に特典ももらえてお得なことしかないので純粋におすすめじゃよ

大手企業の人気プログラミングスクール無料体験レッスンまとめ

2018.12.21

大学に通いながら学べるプログラミングスクールBEST3選

【通学制&オンライン対応】フリーランスも視野に入れるなら「TECH::EXPERT」

引用:TECH::EXPERT公式サイト

料金プラン

TECH::EXPERTの料金プラン
引用:TECH::EXPERT公式サイト

上記の料金がエンジニアとしてフリーランス・転職どちらかになれる料金プランです。TECH::EXPERTでは24回払いまで可能なので、月額29,000円で始められます。確かにきつい出費ですが、エンジニアになればペイできることを考えると投資としては費用対効果が高いので検討してみる選択肢も持っておきましょう。

スクールの特徴

サービス内容
引用:TECH::EXPERT公式サイト

TECH::EXPERTでは、オリジナル教材を提供してもらえる他、14個のサービスを提供してもらえるため、転職もしくはフリーランスになるという成果までサポートしてもらえる万全の体制が整っています。また、TECH::EXPERTは、実際に僕が受講したスクールの1つでもありますが、以下のオリジナルカリキュラムで基礎から応用的なプログラミングスキルを身につけることができます。

実際にやっていたEXPERTカリキュラム

上記のカリキュラムでChatWorkのようなチャットアプリを作ることが出来るまでにレベルアップできます。チャットアプリが作れるようになれれば、実際の開発現場に入っても応用でなんとかなるレベルまでこれるため、5000回以上の修正が加えられたこのカリキュラムは本当におすすめできる質でした。

TECH::EXPERTの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目している点としては、転職・フリーランス案件保証をしている点です。特に珍しいのはフリーランス案件の保証をしている点です。転職の場合には、転職成功という目標は、入社してからの育成も含めて採用されるケースが多いため保証しているスクールがいくつかあるのですが、フリーランス案件を獲得することを保証すると業務委託として契約することが目標になるため、スキルがないと採用されないことが多くなってきます。そんなフリーランス案件を保証する点に注目すると、TECH::EXPERTの案件獲得サポートに対してかなりの自信がうかがえますね。

実際に、TECH::EXPERTを通っていた僕は起業の道を選んだので、卒業時点でフリーランスになる選択肢を取らなかったですが、受講者のフリーランス案件獲得はそう難しくないと思います。そのくらいみっちり学習をこなしていきますし、オリジナルアプリをいくつか開発出来るので、それだけでも十分なスキルが身につきます。今では実際にフリーランスとして活動できていますし、スキルが身につくかという視点でみれば十分な環境が整っていると言えます。また、カリキュラムだけではなく、受講者がペアになって共同開発するプログラムも入っているため、より現場に近い形で開発の練習を積むことができます。

たまに評判の悪い声を見かけますが、悪い評判を配信している人の努力不足で欲しい成果が得られなかっただけじゃないのかな?と感じることは結構あります。正直、未経験からエンジニアになるのは簡単なことではないし、そこを甘く見てTECH::EXPERTに入って何もしなかった方は就職や転職、フリーランス案件獲得などの成果にたどり着くことはできないと断言します。逆に人生を変えたいと思って真剣に取り組める方にはTECH::EXPERTを強くおすすめしますよ!

【オンライン制】就職支援も充実の人気スクール「CodeCamp」

引用:CodeCamp公式サイト

料金プラン

引用:CodeCamp公式サイト

上記を見てみると、注目はレッスン回数です。1ヶ月で10回はレッスンを受けられる計算になるので、週に2回は少なくとも受けられるので他のスクールと比較しても週のサポートは十分だと判断できます。また、プレミアムコースやプレミアムプラス以外のコースは料金が比較的リーズナブルな設定になっているため受講しやすくおすすめです。

スクールの特徴

学べるコースの種類

CodeCampは豊富なコース設定があり、スマホアプリからWebアプリ、システム関連言語、データサイエンス、ゲームプログラミングなど広範囲のプログラミング学習をカバーしています。細かく分けられたコース設定があり、これが学びたい!…といったピンポイントな希望にも応えられるスクールです。リーズナブルに必要なスキルだけを選択して学習できるおすすめのプログラミングスクールです。

基本的なカリキュラムとしては以下のステップを繰り替えし行い、学習の理解を深めていきます。

CodeCampのカリキュラムを進める流れ

上記のように学習サイクルが決まっていて、繰り返し学習することでスキルが効率的に身につくサイクルが回るようなシステムになっています。この仕組みでオリジナルアプリ開発まで対応しているカリキュラムなので、以下のような素晴らしいスマホアプリやWebサービスを受講期間中にリリースすることができます。

CodeCamp受講生の開発実績
引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目しているのは、就職に強い点です。オンライン型のスクールだと就職支援が手薄なりやすいケースが多いのですが、CodeCampはオンラインでも転職実績が多数あるため地方にいる場合には特におすすめできるスクールです。オンラインでも就職できる仕組みの秘密は、専任でキャリアアドバイザーが1人1人の受講生に担当がつく点にあります。

他の就職支援しているスクールは、提携している企業に就職する場合だけサポートする形を取っている場合がほとんどですが、CodeCampの場合には行きたい企業があれば希望通りに内定をもらえるようにアドバイスをしてもらえる環境が整っています。未経験からでも人気企業に内定をもらうケースもあるため「就職をしたい」と考えている場合にはすごくおすすめ出来るスクールと言えます。

【オンライン&通学対応】オールラウンドなプログラマーになるなら「TECH::CAMP」

引用:TECH::CAMP公式サイト

料金プラン

TECH::CAMPの料金プラン
引用:TECH::CAMP公式サイト

TECH::CAMPの場合は、月額料金が14,800円とリーズナブルな反面、入会費用が148,000円と高めなので3ヶ月は最低でも継続するつもりで入らないと、他のスクールと比較するともったいない料金設定になっています。

また、この料金でTECH::CAMPで開講している他のコースも全て受け放題となっているため例えば「将来の職業がプログラマーで本当に大丈夫なのかな・・・」とキャリアに不安がある方でも自信を持っておすすめできます。

スクールの特徴

TECH::CAMPで身につくスキル

引用:TECH::CAMP公式サイト

上記をみるとわかるように、ビジネススキルやプログラミングスキルなど数種類のノウハウが学べるコースの全てが入会費用148,000円と月額14,800円の料金に含まれているため、例えばデザインを学びつつ他のスキルに手を伸ばして学習が出来るような珍しいスクールです。

ちなみにおすすめの組み合わせは、「オリジナルサービス開発+Webデザイン」をTECH::CAMPで学ぶことです。料金は月額14,800円から増えることはないので、デザインとプログラミングの掛け算で、自分の市場価値を高めておくと仕事にも困らないのですごくおすすめです。

TECH::CAMPの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目したのは、様々なスキルが上記の料金で全て受けられるという点です。プログラマーになるためにはプログラミングスキルを身につけるだけでは足りません。プログラマーとして仕事を獲得するにもマーケティングスキルや営業スキルなど様々なスキルがあるとさらに市場価値が高まり、仕事獲得がしやすくなってきます。

例えばマーケティングができてコーディングができてデザインが出来るWebディレクターになることができれば明らかに多方面で需要があるので、仕事獲得がしやすくなりますし、高単価の案件を獲得することも可能となります。

そういった意味ではまずTECH::CAMPに入って総合的な能力を上げにいく戦略はかなりおすすめです。受講中に気が変わって小さく事業を起こしたいと思ってもできますし、柔軟性が効くのがキャリアの選択肢が広がることがTECH::CAMPの最大の魅力です。


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/