【料金相場も公開】プログラミングスクールを料金重視で選ぶ際のポイント

どうも!プログラミング研究所のヨウです!

突然ですが、

「プログラミングスクールって料金高くない?相場はいくら?」
「実際どうやって支払ってんの?支払い方法は?」

といった疑問がたくさんある中で、まるっと料金関係の疑問が解消される記事が世の中にまだまだ少ないなと思いませんか?

そこで今回の記事では、プログラミングスクールの料金にまつわる疑問を一気に解決できるように業界人だけが知り得る情報なども含めて大公開していきます。

あなたが「料金」でつまづいて、プログラミングスクールに迷っているなら、必ず期待に添える内容になっています!

では早速、プログラミングスクールの料金設定の仕組みから順に見ていきましょう!

プログラミングスクールの料金設定の仕組み

有料プログラミングスクールの仕組み

有料プログラミングスクールには、以下の料金がかかってきます。

有料スクールの料金設定
  • 入会費
  • 受講費
  • 教材費
  • パソコンレンタル費
  • 延長費
  • 追加受講コース料金

主にこれらの費用がかかってきます。

基本的にどのスクールにも共通してかかってしまうのが、

どのスクールも共通の費用
  • 受講費

の1つで、それ以外はスクールによって費用がかかる場合もあればかからない場合もあります。

この受講料については、大まかに月額払いと一括払いの2つの支払いパターンがあり、各スクールで料金プランはこの2つのパターンに分かれます。必ずチェックしておきましょう!

無料プログラミングスクールの仕組み

次に無料で受講することができる無料のプログラミングスクールというものがあります。

「無料ってなんか怪しくない…?」

とあなたも思うかもしれませんが、ここにはうまい仕組みで無料を実現しているので、それを知ると怪しさも軽減してくるでしょう。

つまり、

無料スクールの仕組み
  1. 受講生はプログラミングスクールで無料受講する
  2. 受講生は受講終了後、プログラミングスクールから紹介された企業に内定をもらう
  3. 受講生が無事に企業で働き始める
  4. 企業は、プログラミングスクールに対して紹介料を払う

このように、プログラミングスクールは紹介料として企業からお金をもらうため、受講生から受講料をもらわなくても会社として事業を続けられるというわけ。

プログラミングスクールから紹介された企業しかいけないことが条件になっている点なので、その点は要注意!

プログラミングスクールの料金相場

プログラミングスクール料金相場の計算方法

「プログラミングスクールの料金相場が知りたい・・・」

そう考えるあなたは、様々なスクールの料金表をすでに見ているかもしれませんね。しかし、実際に見てみるとその料金が高いのか安いのか分からないこともあると思います。

今や、全国に50以上のプログラミングスクールが立ち上がってどこが主要のスクールなのかすら分からない状況にある方もたくさんいます。

そこで今回は、業界知識を持って、日本のプログラミングスクール料金相場を計算で求めていきます。

日本のスクール料金相場の計算方法
  1. 大手の人気プログラミングスクールを10社リストアップ
  2. それぞれのスクールを3ヶ月間の受講料金に換算し直す
  3. 3ヶ月間に換算した料金の平均値を取る
  4. 一応中央値も見て、平均値と中央値のどちらを相場にするか決める

日本プログラミングスクール料金相場

では早速、対象するプログラミングスクール10社と3ヶ月分の受講料金を計算した結果をいかに発表していきます!

対象のスクール10社の3ヶ月分の受講料金
  • CodeCamp:222,000円
  • TechAcademy:159,000円
  • DMM WEBCAMP:314,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • GEEK JOB:194,400円(有料コースで算出)
  • TECH::CAMP:177,600円
  • TECH::EXPERT:299,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • TechBoost:309,200円
  • DIVE INTO CODE:199,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • ポテパンキャンプ:250,000円
  • 侍エンジニア塾:438,000円

以上10社の平均値は、「256,220円」で中央値は「236,000円」でした。平均値と中央値に2万円ほどの差が開いたため、中央値を相場価格として考えるといいでしょう。

よって、日本のプログラミングスクールの料金相場は3ヶ月受講で「236,000円」となりました!

海外と日本のプログラミングスクール料金相場比較

日本のプログラミングスクールの料金相場は見えましたね!

しかし、海外のプログラミングスクールの相場はどうなのでしょうか?

プログラミングスクールは学校なので、大学や専門学校などと比較すれば236,000円は高くないと取れるかもしれませんが、海外ではどう?と気になりますよね。

世界の35都市で開催されている9週間のプログラミングブートキャンプ「Le Wagon」を代表的なスクールとして、 日本の料金相場と比較してみましょう。

Le Wagon」は9週間で受講料金70万円がかかります。つまり、2.2ヶ月くらいで70万かかる計算です。

この受講料金を3ヶ月で換算すると「Le Wagon」は93.3万円かかります。

先ほど算出した日本のプログラミングスクール料金相場は、「23.6万円」だったので、「Le Wagon」が4倍近くの料金がかかる計算になります。

結論、日本のプログラミングスクールの料金はそれほど世界的に見て「安い」ということです!

サクッとコスパが良くて安いプログラミングスクールを知りたい

プログラミングスクールを料金重視で選ぶ際の8つのチェックリスト

8つのチェックリストを確認する
  • 行きたい会社・獲得したい案件・開発したいアプリはイメージできていますか?
  • 学ぶプログラミング言語は決まっていますか?
  • 1ヶ月分の受講料金で比較して予算に見合ったスクールに目星をつけていますか?
  • 予算に見合ったスクールの無料体験レッスンは数社受講しましたか?
  • 就職・転職・独立などの欲しいサポートがきちんと含まれていますか?
  • 質問の回答時間帯はチェックしましたか?
  • 追加受講の料金設定はチェックしましたか?
  • 解約の際の返金条件をチェックしましたか?

行きたい会社・獲得したい案件・開発したいアプリはイメージできていますか?

実はこのイメージがすっぽりと抜け落ちている方がめちゃくちゃ多いです!

就活を経験した方なら、企業研究をして面接に挑みますよね。それと同じで、求めているものを分析して戦略的にスキルを身に付けていくはずです。

それがなぜかプログラミングスクールになると、

「プログラミングスクールに入れば大丈夫」

となってしまうケースが後を立ちません。

行きたい会社や獲得したい案件、開発したいアプリのイメージがある程度決まっているかどうかで、プログラミングスクール選びから受講終了までを大きく左右します!これは声を大にして言いたい!

まずは、得たい未来をぼんやりにでも描いてプログラミングスクールを検討してくださいね!

何を目指すかイメージがないあなたはチェック

「いや、何もイメージできていない・・・どうイメージすればいいの?」

とお困りのあなたには、「相談」という行動をとることがおすすめです。

プログラミングスクールは、いきなり受講するよりも無料体験レッスンに行ってから検討するパターンが多いのですが、その無料体験レッスンが未来をイメージするのに使えます!

無料体験レッスンでは、無料カウンセリングやコンサルティングを行っているスクールもたくさんあり、その無料体験レッスンで未来のイメージを明確にできるヒントをたくさん教えてもらえます。

無料体験レッスンを対応しているのが、ほとんどの場合キャリアアドバイザーなので、プログラミングに関するキャリアに対して熟知しているコンサルタントばかりです。完全無料なので、受講はかなりおすすめです!

大手企業の人気プログラミングスクール無料体験レッスンまとめ

2018.12.21

学ぶプログラミング言語は決まっていますか?

多くの初心者の方は、プログラミングスクールを検討する際にプログラミング言語が決まってないです。

あるスクールのデータによれば、7割の受講ユーザーは言語が決まってない状態でプログラミングスクールの門を叩いています。

ちなみに、プログラミング言語が決まっていないユーザーは、ほとんどのスクールではRubyを勧められます。

多くのスクールでRubyを勧める理由
  • Rubyは初学者が学びやすい言語だから
  • 国産の言語なので、日本語で解説された記事やチュートリアルが豊富に用意されているから
  • Rubyのカリキュラムを自社で作っている企業が多いから

このような理由が主な理由になります!

しかし、転職や独立を考えた時にRubyが最適な言語なのか?と考えると微妙だったりします。

まずは、行きたい会社や獲得したい案件にイメージを持って、そのあとに言語を決定して学習した方がモチベーションも目的意識も高まって結果的に必要な人材になれます。

1ヶ月分の受講料金で比較して予算に見合ったスクールに目星をつけていますか?

プログラミングスクールの料金は、シンプルに見えて少しややこしかったりします。

例えば、受講料10万円で安いと感じても1ヶ月で10万円の場合もありますし、入学金で20万かかってしまうというスクールもあります。

正しく料金を比較しないと結果的に多くのお金を失ってしまうわけです。

あなたには、間違った料金計算をして欲しくない。だからこそ、以下の計算を徹底して料金を比較しましょう!

スクールの料金比較方法
  1. 受講料と入学金を足し算します
  2. 1で求めた料金を受講期間で割る
  3. 目星をつけた各スクール(コース)を1,2の方法で計算して比較する

上記の計算で少なくとも大部分の料金を比較することが可能です。

スクール博士
抜け漏れがちな入学金も計算に入れないといけないので、間違えないように!

予算に見合ったスクールの無料体験レッスンは数社受講しましたか?

プログラミングスクールは高い買い物ですよね。コンビニ感覚でちょっと受講してみようかな!とは行きません。。

そんな時にぜひ利用したいのが「無料体験レッスン」です!

ラボくん
えー、実際は営業かけられたり、無駄な時間を過ごすことになりそう

そう思っているあなたの期待を良い意味で裏切ってくれますよ!

先ほど、「行きたい会社・獲得したい案件・開発したいアプリのイメージはありますか?」でも解説しましたが、目的や目標を明確にする絶好の機会になります。

また、各スクールの学習ノウハウや仕事獲得ノウハウなど普通には知りえない情報を聞き出すことも可能です!

さらに多くのスクールは、無料体験レッスンを受講するだけで特典がもらえたりするので、特典をもらいに行くだけでも価値があります。

スクール博士
わしは独学でプログラミングを始める前にも利用させてもらったぞ
【全て受講済み】無料体験をまとめたコンテンツをチェック

就職・転職・独立などの欲しいサポートがきちんと含まれていますか?

あなたはきっと、プログラミングスクールに入ると決めたら、受講してすぐはがむしゃらに学習に取り組みます。

しかし、ある程度学習を進めて、進路に迷うようなサポート体制だったらどうでしょうか?

プログラミングを学ぶ目的は、なにか欲しい未来があったからのはず。

もしあなたが欲している未来が就職・転職・独立なら、プログラミングスクールのサポートが充実しているかどうかで実現の可能性がかなり高まります!

このちょっとの差でミスをしたくなければ、サポートが必ず含まれているのかどうかはチェックしましょう!

質問の回答時間帯はチェックしましたか?

プログラミングスクールに通う理由として、一番多いのは「エンジニアに教えてもらいたいから」という理由です。

なぜかというのは明白で、つまづいた時間をなるべく減らして短期間で効率よくプログラミングスキルを身につけるためですよね!

もしあなたが、社会人であれば仕事帰りにプログラミング学習をしたいはずですよね。ハングリー精神がある人なら、遅い時間まで学習してしまったり。。

逆に学生なら朝早くプログラミング学習したいと思うこともありますよね。

朝8時から質問対応してくれたら…みたいな願望があってもお昼の15時からでないと質問ができない縛りのあるスクールもあります。

実は、質問の時間帯一つとっても各スクールで大きくちがいます。

ポイントは、あなたの学習したい時間帯に質問対応がしているかという点なので、必ずチェックしましょう!

追加受講の料金設定はチェックしましたか?

プログラミングスクールの受講期間は、3ヶ月から6ヶ月でそこそこ長い期間です。

その間に何かが起こらないとも限りません。実際に僕は、プログラミングスクールに通っている最中にフリーランスとして仕事ができるようになり、そっちに注力した結果、学習がおろそかになってしまいました。

仕事は、フロントエンド言語のスキルだけで獲得できるため、仕事が獲得できた嬉しさで学習がおろそかになってしまったわけ。

その際に、改めてプログラミングスクールに戻った時には残りの受講期間が少なかったので、追加受講の料金を支払って受講しましたが、これが高かった….!

そのため、追加受講の料金設定も確認しておきましょう!

※ちなみに安ければいいわけではなくて、追加料金が高い方が延長料金払いたくない…って気持ちが強くなるので、気合い入りますよね!そういう追い込み方もあります(笑)

解約の際の返金条件をチェックしましたか?

プログラミングスクールに入ってみて、どうしても合わないって人は少ないですが、絶対にいます。

その際のリスクヘッジとして、解約返金条件は必ず確認しておきましょう。

例えば、「受講して7日間以内に解約の申請を出すこと」のような条文があるとその期間内でないと返金してもらえないので要注意です。

とはいえ、ウルトラCはあります。

消費者センターや弁護士を使う手はありますが、必要以上にメンタルや時間を持って行かれてしまうので、そういった揉め事にはならないように返金条件はやっぱり確認しておきましょう!


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/