プログラミング初心者には「特に必要な情報」というものがあります。

その「特に必要な情報」とは、プログラミングのスキルに関わる文法や概念などの知識ではなく、「プログラミング学習前の段階で必要な情報」と「自分の未来を計画するのに必要なプログラミング学習後に必要な情報」の2つです。

なので、当メディアで重要視しているのは「プログラミング学習中」よりも「プログラミング学習前」と「プログラミング学習後」なんです。

「いや、プログラミングスキルをつけたいわけだから、プログラミング学習中に必要な情報が一番価値が高いだろう」

そう思うかもしれませんね。しかし、プログラミング学習に必要な情報は、優秀な書籍や学習サイトが続々と出現しているので、当メディアには正直必要がないと考えています。わざわざこのメディアで学習しなくてもいいんじゃないか?とそう考えているわけなんですね。

実は今のWeb上には、このプログラミング学習前と学習後に必要な情報が意外にも少ないのです。

「いや、そんなことないんじゃないの?検索したらいっぱい出るよ」

とそう思ってしまいますが、実際によく見ると当たり前の情報だったり、実用性に欠けてしまう情報だったりとすぐに使えない情報が多いように感じました。

過去に僕はプログラミングに関する様々な選択で失敗してきました。

それはWeb上にある情報が自分には参考にならない情報ばかりで、「これだ!」と思える情報がなく曖昧に決めてしまった結果だと考えました。

「だいぶ大げさだな。。選択なんて人それぞれで失敗かどうか分からないやん」

そういう考えもあると思います、でも効率的で得する選択が少しでもできた方がもちろん良いですよね!

そういった「納得できる選択肢」が少しずつ人生を豊かにしていきます。

その上で、あなたの未来が少しでも豊かになるように当メディア「スクール博士のプログラミング研究所」を丁寧に運営していくことをここに誓います。

これからも「スクール博士のプログラミング研究所」を利用してくださるとすごく嬉しく思います!(2019年5月28日 編集部一同)