【無料あり】プログラミングをオンライン完結で独学できる学習サイト7選 | 2020年最新

 

「プログラミングを始めよっかな、でもいきなり書籍で学習するのはハードルが高い」と考えている時は、、、プログラミング学習サイトがぴったりで、実はWEB上に無料でたくさん転がっています!

しかし、プログラミング学習する時の選択肢は他にもたくさんあって、

  1. 書籍
  2. 学習サイト
  3. セミナーに参加
  4. 未経験で就職できる会社に入る
  5. プログラミングスクール

とこれだけ選択肢が広がってきていて、正直どれからやればいいかも分からないし、仮に書籍やセミナーで学ぼうとしても実践的なスキルには結びつかなかったりするので、プログラミングスクールに通うべきなの?

と考えてしまうところですが、料金も高いため手が出せない場合もあります。(実際僕も最初の頃はプログラミングスクールを敬遠してました笑)

そんな時にはやっぱり、無料で学べて実践的なプログラミングを学べる学習サイトがおすすめです。

というわけで、僕が実際に学習していて「これすごくいい」と感じたプログラミング学習サイトを10個まとめてご紹介していきます!

プログラミング学習サイトで独学するメリット・デメリット

まずは無料プログラミング学習サイトがいかに使えるのかを把握しておくと、「学習サイトを使った方がいいのかどうか」を判断することができます。

学習サイトを活用するメリット
  1. 体系化されているので学習の全体像が把握しやすい
  2. 手を動かしながら学習できる
  3. プログラミングスキルの土台作りに最適

やはり最大のメリットは、体系化されているため迷いなくひたすらプログラミング学習に没頭できる点です。

プログラミング学習で一番最初につまづいてしまうのは、「どれを学習したらいいのか」で迷ってしまい、自分に合わない教材を進めて挫折してしまうことです。

そんな時にプログラミング学習サイトは、あなたに進むべき道を提供してくれるのでおすすめです!

しかし、プログラミング学習サイトには一つだけ欠点があり、

学習サイトのデメリット
  1. 学習サイトだけで実践は身につかない

上記の通りで、、実は学習サイトは手っ取り早く効率的に基礎的な知識をつけるのには優れているのですが、これだけでオリジナルアプリが開発できるぜ!というレベルまでには到達しません。

あくまでも基礎固めとしては優秀で、基礎以降は自分で試行錯誤して頑張っていく形にどうしてもなってしまいます。

プログラミングは挫折率が9割と言われているだけあって、道のりは簡単ではありません…!

使ってわかったプログラミング学習サイトの選び方

先ほどは少しマイナス面をお見せしてしまいましたが、「学習サイトは優秀」という事実に変わりはありません。(僕もすごくお世話になりましたよ!)

これから学習していく方はまず、無料の学習サイトを選んでとりあえずプログラミング学習の世界に一歩踏み入れてみるのが重要です!

では、「どんなプログラミング学習サイトを選べばいいの?」という疑問が出てくる方もいますよね!

そんな方は以下の4つのポイントを押さえて学習サイトを選びましょう!

無料学習サイトを選ぶポイント
  1. 学習したいプログラミング言語に対応しているか
  2. 学習範囲が網羅的なものになっているか
  3. 学習サイトを利用した先に得られるスキルが明確か
  4. 課金プランが用意されているか
スクール博士
「課金プランが用意されているか」について解説すると「課金プランが用意されている=現在も更新を続けている」という図式ができるため無料だけのプランを用意している学習サイトはなるべく避けたほうが無難じゃ

まず、上記の3つのポイントでプログラミング学習サイトを無料利用してみて有料化するものを決めましょう。

【オンライン完結】プログラミング学習サイト7選まとめ

分かりやすさNo.1「Progate」

参考:Progate公式サイト

【特徴】

Progateは、プログラミング学習サイトの中で一番知名度の高い学習サイトです!

「プログラミング初心者ならProgateやっとけばいいよ」という話をちょいちょい聞くくらい、まず誰もが通る道という感じです。

学習スタイルは、以下の要点がまとまったスライドで学習して、

次に手を動かしながら、以下の実践練習で落とし込んでいくスタイルです。

課題も様々で、レベルごとに用意されていてプログラミング学習サイトの中でも実践に近い形で学習できるサイトなので、僕のイチオシです!

【料金】

  • 有料プラン:月額980円
    有料プランにすると有料エリアのコンテンツを利用することができます。(無料エリアだけだと触りの部分しか学習できません)

【対応言語】

  • Ruby
  • Ruby on Rails5
  • JavaScript
  • React
  • Go
  • jQuery
  • PHP
  • Java
  • Python
  • SQL
  • Sass
  • Git

 

3分の動画で学べる「ドットインストール」

参考:ドットインストール公式サイト

【特徴】

ドットインストールは、3分という短い動画で1講座が完結する学習コンテンツです!

動画講座の画面

特に通勤中の人や細切れの時間がたくさんある人に特におすすめの学習サービスで、隙間時間で勉強することができる点で特に優れています。

また、内容に関しても初心者向けから上級者向けまで幅広くコンテンツが用意してあるため、簡単なWEBアプリケーションを制作するレベルならドットインストールだけで完結してしまいますね!

プログラミングの他にもデザインやgoogleが提供しているツールの使い方などPCを扱っていると必要になってくる知識が盛りだくさんです。

一つだけ難点があるとすれば、3分動画のため少し理解しにくい箇所があったりします。これは仕方ないかもしれないので、他の学習サイトと組み合わせて使うのがおすすめです!

【料金】

  • プレミアムプラン:月額1,080円 (税込)
    プレミアムエリアの動画も見ることができます。また、動画の内容を文字起こしできる「文字起こし閲覧機能」や「ソースコードの閲覧・比較」「再生速度の変更」「講義音声の変更」「先生への質問機能 」など学習者には嬉しい機能がたくさん。

【対応言語】

※主要なものだけ掲載

  • PHP
  • Laravel
  • CakePHP
  • Java
  • JavaScript
  • React
  • jQuery
  • Node.js
  • MYSQL
  • Swift
  • Unity
  • Python
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • C#

買い切りのコスパ最強の動画コンテンツ「Udemy」

参考:Udemy公式サイト

【特徴】

Udemyは、買い切りで動画コンテンツのパックを購入することができるサービスです。

学習期限はなく、月額課金制ではないので、一回買ったらそこからお金がかかることはありません。ランニングコストがかかると嫌だなーと感じる方には特におすすめ。

おすすめはタイムセールがちょくちょく行われるので、そこで購入すると80%OFFとかで購入できる場合があるので、狙うと吉です!

コンテンツも大ボリュームのものが多く、学習し足りないという気持ちが起こらないほど。逆に多すぎてやる気が落ちる場合もあるぐらいなので、そこは要注意ですね。

プログラミングの他にもデザインやビジネススキル全般など幅広いコンテンツが揃っているため総合力を高めていくのに最適なコンテンツです。

あと一つ、ちょっとイマイチな点としては、個人で動画コンテンツを配信している方が主なので、質にバラツキがありますので、受講者の評価などを参考にハズレを引かない努力は必要です。

【料金】

  • 1270円~
    講座にによって価格が変わるので、参考までに。中には1万円を超えるコンテンツもありますので、お財布と相談しながら投資しましょう!

【対応言語】

※主要なものを掲載

  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • C/C++言語
  • C#
  • …etc

月額980円で動画見放題「Schoo(スクー)」

参考:Schoo公式サイト

【特徴】

Schoo(スクー)は、WEBの教養系テレビ番組という感じで様々な分野で動画を出していて、毎回講師陣が豪華です。

生放送でお送りする番組は、リアルタイムで質問などができるので、モチベーションも高まります。

ただ、Schoo(スクー)だけでプログラミング学習を全て完結することは難しく、あくまでも全体像を把握するレベルで終わってしまいます。

著名な方の最新情報などのキャッチアップには強いので、その点だけで視聴するのもアリです。

【料金】

  • プレミアムプラン:月額980円
    「プレミアム生放送の受講」「すべての録画授業の受講」「すべての録画授業の倍速再生」「録画授業のダウンロード」の4つの機能がついてきます

【対応言語】

※主要なものを掲載

  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • JavaScript
  • Python
  • C/C++言語
  • C#
  • …etc

穴埋め式学習「CODEPREP」

参考:CODEPREP公式サイト

【特徴】

CODEPREPは、穴埋め式の演習で似ているサービスにはProgateがあります。

穴埋め式演習問題例

また、教科書的なテキストで学習する章も用意されているため、手を動かせない時にも学習は可能です。

学習テキスト例

テキストはすごく分かりやすく、簡潔な説明をしてくれるので理解するのは結構早いと感じました。

簡単なアプリケーションを作るレベルならCODEPREPで演習問題を解きながら身につけるのもアリです。

しかし、まだまだ講座が少ないのでドットインストールやProgateに比べると見劣りする箇所はありますね…

【料金】

  • 全て無料(2018年1月4日にプレミアムプランが終了しています)

【対応言語】

※主要なものを掲載

  • JavaScript
  • Ruby
  • PHP
  • jQuery
  • Java
  • Python

マネして学ぶ「シラバス」

参考:シラバス公式サイト

【特徴】

シラバスは、GIFアニメーション(動く画像)や画像を使って解説してくれているので、その操作を真似て学ぶというコンセプトの学習サービスです。

コードの解説例

見ながら学ぶものとしては、CODEPREPやProgateと比較すると見劣りするものがありますが、開発に必要なワイヤーフレーム作る方法などは他の学習サイトにもないコンテンツなので、参考にするのをおすすめします!

【料金】

  • 全て無料

【対応言語】

※主要なものを掲載

  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • Git
  • jQuery

ゲームで学ぶ「CodeMonkey(コードモンキー)」

参考:コードモンキー公式サイト

【特徴】

コードモンキーは、可愛いお猿さんをコーディングで操作してバナナを落ちてるバナナを取れるようにしてあげるシンプルなゲームです。

実行したらすぐにお猿さんがどう動くのかわかるので、理解も早く楽しく進めることができます。

問題点としては、学習できる言語が限られている点で、「CoffeeScript」と「Python」の2つのみの学習になってしまいます。

しかし、ゲームプログラミングやWebプログラミング、データサイエンスの世界で使われる上記2つの言語をマスターできる点を考えるとコスパが良い学習サイトで特にお子さんへのプレゼントとして選ばれることが多いです。

【料金】

コードの冒険ライセンス(CoffeeScript)1年間 6,600円
ゲームビルダーライセンス(CoffeeScript)1年間 6,600円
コードの冒険&ゲームビルダー セットライセンス1年間 13,200円
ビーバー・アチーバー(文字が書けない児童向き)6ヶ月間 3,960円
バナナ・テイルズライセンス(Python)1年間 6,600円
コード・チャットボットライセンス(Python)1年間 3,300円

【対応言語】

  • CoffeeScript
  • Python

まとめ

今回は2020年最新のプログラミング学習サイトをご紹介していきました。

改めて調べているうちに気づいたのは、以前はあった学習サイトは続々と閉鎖されている点です。

プログラミング学習サイトは、コンセプトがシンプルな分いろいろなサイトができやすいですが、その分競争が激しく生き残っていくのにはたくさんのユーザーから支持される必要があります。結構シビアな世界だったんですね。

そのことを踏まえると、今生き残っているサイトで課金プランを残して事業として頑張っている学習サイトは優秀な学習サイトである証なんですね。

改めて、プログラミング学習サイトを選ぶ際には注意してみてくださいね!


「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?

ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!

スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/



プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…

スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?

ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)

スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

過去にプログラミングスクールを4社(2020年1月現在)を受講し、プログラミングスクールで2年間お仕事もしていました。現在は、本業を複数持つパラレルワーカーとして「マーケティング×プログラミング」のスキルを活かしてお仕事をしています。 いつも「記事が参考になった」とご連絡していただきありがとうございます。そう言っていただけると本当に励みになります。