神奈川県・横浜で通学制プログラミングスクールに行かない方が良い3つの理由

どうも!プログラミング研究所のヨウです!

この記事を見ているあなたは[ プログラミングスクール 横浜 ] [ プログラミングスクール 神奈川 ]などで検索されてこの記事を見ているのかなと思います。そんなあなたは、

「横浜にあるプログラミングスクールってあるのかな?」
「東京に比べて神奈川にあるプログラミングスクールって大丈夫かな?」

といったことを考えているかなと思いますが、結論言うと神奈川県、横浜でプログラミングスクールを探してもおすすめできるスクールがあまりないのが現状です。

そこで今回は、神奈川県、横浜にある通学制プログラミングスクールには行かない方が良いと考える理由と通える範囲にあるおすすめの東京にあるプログラミングスクールをご紹介していきます。

なぜ神奈川県・横浜の通学制プログラミングスクールに行く必要がないのか

理由①:神奈川県・横浜は社会人向けのプログラミングスクールが圧倒的に少ない

基本的には、千葉県は小中高生向けのプログラミングスクールが多く、逆に社会人向けのプログラミングスクールがほとんどないです。実際にgoogleマップを見てみると、、

引用:プログラミングスクール神奈川県横浜- googleマップ

上記のgoogleマップに表示されているプログラミングスクールは子供向けのプログラミングスクールで、探した限りでは社会人向けのプログラミングスクールは「Winスクール」のみでした。

ちなみにWinスクールはプログラミングスクールの中でも老舗的な立ち位置で知られるプログラミングスクールですが、当メディアである「スクール博士のプログラミング研究所」では、カリキュラムや講師の質、就職や転職、独立、などのキャリアサポートなどの様々な点において、Winスクールはおすすめできるレベルには達していないと評価しているため、あまりおすすめできません。

ラボくん
子供向けのスクールが圧倒的に多いようじゃ。。どのスクールも駅から近くアクセスが良いだけにちょっと残念じゃ

理由②:神奈川県(特に横浜)は勉強会やセミナーに通いやすい

神奈川県、横浜の場合には、東京へのアクセスが良いので勉強会やセミナーに参加しやすいです。最近ではTECH PLAYConnpassなどIT系のセミナーを検索出来るサービスが続々と登場しており、参加したい勉強会を選びやすくなりました。また、「もくもく会」と呼ばれている「参加者と一緒にもくもくとプログラミング学習をする勉強会」もあるので独学でモチベが続かない人は、たまに人が集まって学習する場に出るとモチベーション維持につながります。

神奈川県にいても自分が行動することで、こういった学習環境を簡単に手に入れることができるので、通学制のプログラミングスクールに行かなくてもプログラミング学習が可能です。

スクール博士
勉強会やセミナーは全て丁寧に教えてくれるわけではないので要注意じゃ。あくまでもモチベーション維持のためのものだと理解しよう

理由③:神奈川県にある通学制スクールよりオンラインスクールの方が最先端

神奈川県は、そもそも通学制プログラミングスクールが少ない上に、アクティブなプログラミングスクールが圧倒的に少なかったです。理由としては、東京の方がプログラミングスクールに通う可能性のある意識が高いユーザーが多いため、東京にスクールが集中してしまっていることが理由として挙げられます。

ラボくん
まだまだ、立ち上がったばかりのスクールが多い業界なので、認知もこれから伸びていくものだと考えられますが、やはり東京に利用者が増えてしまうことで東京にスクールが増えてしまうんですね

激戦区の東京にあるプログラミングスクールは競争に勝つ必要があるため、日々サービス改善に取り組んでおり、その改善スピードが地方に比べて圧倒的に早いです。それはカリキュラムでも、教室の使いやすさでも、講師の質でも、キャリアサポートでも、全てに影響してきます。

ちなみに、人気の企業も東京に集中していますので、もし東京に就職したいと考えている場合には東京にある通学制のプログラミングスクールをおすすめします!ITに強いイケイケの企業とつながるのも東京にあるプログラミングスクールなので、希望通りの企業に転職しやすい傾向にありますよ。

神奈川県・横浜にいながら短期習得したい方向けのオンラインプログラミングスクール

CodeCamp

引用:CodeCamp公式サイト

特徴をチェック
学べるコースの種類

CodeCampは豊富なコース設定があり、スマホアプリからWebアプリ、システム関連言語、データサイエンス、ゲームプログラミングなど広範囲のプログラミング学習をカバーしています。細分化されたコース設定があるので、学びたいことが学べなかった…といったことがなく、必要なものだけを選んで学習することができる効率的な学習に特に向いているプログラミングスクールです。

基本的なカリキュラムとしては以下のステップを繰り替えし行い、学習の理解を深めていきます。

CodeCampのカリキュラムを進める流れ

上記のように明確に学習するステップが決まっているため、勝手にPDCAが回るようなシステムになっています。この仕組みで自学しつつもサポートを受けながらオリジナルアプリ開発までできるようになるため以下のような素晴らしいスマホアプリやWebサービスを受講期間中にリリースすることができます。

CodeCamp受講生の開発実績
引用:CodeCamp公式サイト
CodeCampの評判・口コミをチェック

編集部の分析結果をチェック

編集部が注目したいのは、転職に強い点です。オンラインのスクールだと転職サポートが手薄なりやすいケースが多いのですが、CodeCampはオンラインでも転職実績が多数あります。その秘密は、専任でキャリアアドバイザーが1人1人の受講生に担当がつく点にあります。

他の転職をサポートしているスクールは、提携している企業に就職する場合だけサポートする形を取っている場合がほとんどですが、CodeCampの場合には行きたい企業があれば希望通りに内定をもらえるようにアドバイスをしてもらえる環境が整っています。未経験からでも人気企業に内定をもらうケースもあるため「転職をしたい」と考えている場合にはすごくおすすめ出来るスクールと言えます!

侍エンジニア塾

引用:侍エンジニア塾公式サイト

料金プランをチェック
侍エンジニア塾の料金プラン
引用:侍エンジニア塾公式サイト

料金設定的には紹介しているスクールの中でもトップクラスですが、学割や様々なキャンペーンを頻繁に行っているため結果的に上記の料金より低価格で受講することができます。

特徴をチェック
受けられるサポート
引用:侍エンジニア塾公式サイト

侍エンジニア塾の特徴としては、フルオーダーメイドカリキュラムといった自由が高いカリキュラムが組める点が大きいです。さらに担任制のマンツーマンレッスンでフリーランスエンジニアの講師を独り占め出来るわけなので、毎回かなり濃密な時間になりますよ。

また、転職サポートの他に、フリーランス案件獲得サポートがあるため進路も自由に選ぶことができる点も見逃せないポイントとなっています。

侍エンジニア塾の評判・口コミをチェック

編集部の分析結果をチェック

編集部として侍エンジニア塾に注目している点としては、無料体験レッスンの充実さです。他のスクールと比較してもダントツで特典内容が濃いものになっています。

侍エンジニア塾の無料体験レッスン参加特典
  • 指導実績7000名のデータから作った学習と仕事獲得ノウハウが詰まった電子書籍(非売品)
  • あなただけの効率的なフルオーダーメイドの学習カリキュラム
  • 独立支援サービス(フリーランス案件獲得や起業相談)
  • Amazonギフト券1000円分

「学習方法がなんだか自分に合っていない」
「独学でも未経験からフリーランス案件を取る方法が知りたい」

などなどある場合にはまず、侍エンジニア塾の無料体験レッスン(オンライン可)で聞いてみることをおすすめします。基本的に独学で出来る方法を聞いたら教えてくれるのでスクールに入塾しなくても行ってみるだけで重要な情報が得られて悩む時間が大幅に短縮されますよ!

TECHBOOST

参考:TechBoost公式サイト

料金プランをチェック
TechBoostの料金プラン
引用:TechBoost公式サイト

テックブーストの料金プランとしては、入学金と月額料金の両方がかかってきます。学習期間としては、最低でも3ヶ月は学習することが規定されているので、社会人なら3ヶ月間で309,800円、学生なら3ヶ月間で209,800円の料金が最低でもかかってくることを頭に入れておきましょう。

特徴をチェック

一番の強みは、最先端技術をカリキュラムに取り入れていることです。特にAIやIoT、ブロックチェーンなど今後必要になる最先端技術も学べるスクールは珍しいため、もし少しでも気になっているのであれば無料体験レッスン受講をおすすめします!

また、あまり知られていないのがTechBoostはプログラミングスクールを主体にした会社が運営しているわけではなくて、人材事業に強いBranding Engineer社が運営しています。そのため、TechBoostで受講した方は高い確率で就職・転職に成功しています。

そんなTechBoostでは、大きく2つのコースに分かれており、

  • Webコース
  • イノベーティブコース

それぞれ学べることが違っていて、WebコースはWebサイトやWebアプリ開発ができるコース、最先端技術を学びたい方は以下のイノベーティブコースがおすすめです!

イノベーティブコースで学べること
  • BlockChain(ブロックチェーン)
  • AI(人工知能)
  • IoT

最新技術を学ぶことはなくても、最新技術を教えているTechBoostの技術力は本物なので、就職・転職実績もうなづけますね。ちなみに大手スクールよりも先にこのBlockchainやAIのコースを開設していたため、もしAIやBlockChain(ブロックチェーン)を学びたいと考えている場合には、かなりおすすめできるスクールです。

スクール博士
さらにイノベーティブコースとWebコースを掛け合わせて、起業のためのカリキュラムを作ることも可能なので、柔軟性も高いぞ

TechBoost(テックブースト)で未経験から就職・転職できるか徹底調査

2018.10.04
TECHBOOSTの評判・口コミをチェック

編集部の分析結果をチェック

テックブーストは、最先端技術を扱っている点で注目されることが多いですが、実はHRに強い企業なので、転職や独立支援はかなり評判が良いです。実際にHR事業として、「TECH STAR」や「MidWorks」などの転職や独立のためのWebサービスも充実しているため、他のスクールよりも転職、独立のノウハウが蓄積されており、実際に実績として現れ始めているのがテックブーストの大きな強みだと判断できます。

また、受講形式としては教室利用もオンライン受講も可能なので、進捗具合を見ながら対面でやりたい時には教室利用、自宅で集中したい時にはオンライン受講と分けて学習出来る環境も地味に便利なスクールだと言えます。

TechAcademy

引用:TechAcademy公式サイト

特徴をチェック
身に付けられるスキル
引用:TechAcademy公式サイト

TechAcademyでは、実際に開発で使う開発サポートツールを使い、より実践に近い形でアプリ開発をおこなっていきます。また、リアルタイムチャットサポートと言われる瞬時の質問回答がTechAcademyの最大の特徴です。また、週2回のマンツーマンメンタリングでメンターからマンツーマンでサポートを受けることができるため、分からない箇所を集中的に教えてもらうこともできますよ。

TechAcademyの評判・口コミをチェック

編集部の分析結果をチェック

編集部として注目しているのは、目標としてTechAcademyコンテストがあることです。TechAcademyには、様々な部門でコンテストが用意されており、学習のモチベーションを支えています。コンテストで1位になると受講料が一切無料になるなどの特典もあるので正直燃える方も多いですよね。

受講中は、学習教材の質ももちろん大事ではあるのですが、それよりもモチベーションをいかに保って学習をし続けられるかがキモとなってきます。学習前に目標設定をしていても、目標達成にずっとモチベーションを感じられる人は少ないかもしれません。

神奈川県・横浜から通える最先端の通学制プログラミングスクール

TECH::EXPERT渋谷校

引用:TECH::EXPERT公式サイト

料金プランをチェック
TECH::EXPERTの料金プラン
引用:TECH::EXPERT公式サイト

上記の料金がエンジニアとしてフリーランス・転職どちらかになれる料金プランです。TECH::EXPERTでは24回払いまで可能なので、月額29,000円で始められます。確かにきつい出費ですが、エンジニアになればペイできることを考えると投資としては費用対効果が高いので検討してみるのもいいでしょう。

特徴をチェック
サービス内容
引用:TECH::EXPERT公式サイト

TECH::EXPERTでは、オリジナル教材を提供してもらえる他、14個のサービスを提供してもらえるため、転職もしくはフリーランスになるという成果までサポートしてもらえる万全の体制が整っています。また、TECH::EXPERTは、実際に僕が受講したスクールの1つでもありますが、以下のオリジナルカリキュラムで基礎から応用的なプログラミングスキルを身につけることができます。

実際にやっていたEXPERTカリキュラム

上記のカリキュラムでChatWorkのようなチャットアプリを作ることが出来るまでにレベルアップできます。チャットアプリが作れるようになれれば、実際の開発現場に入っても応用でなんとかなるレベルまでこれるため、5000回以上の修正が加えられたこのカリキュラムは本当におすすめできる質でした。

編集部の分析結果をチェック

編集部が注目している点としては、転職・フリーランス案件保証をしている点です。特に珍しいのはフリーランス案件の保証をしている点。転職の場合には、成果地点が明確なので保証しているスクールがいくつかあるのですが、フリーランス案件を獲得することを保証していることでTECH::EXPERTのサポートに自信がうかがえます。

実際に、TECH::EXPERTを通っていた僕としては、受講者のフリーランス案件の獲得はそう難しくないのかもしれないと感じました。濃密なカリキュラムを進めることだけではなく、受講者がペアになって共同開発するプログラムも入っているため現場に近い形で開発の練習を積むことができます。

さらに専任のキャリアアドバイザーが進路について徹底的にサポートしてくれるため転職に至っては98.5%の転職成功率を誇っている点はフリーランス案件獲得にも役立っていました。

DMMWEBCAMP渋谷校

引用:DMMWEBCAMP公式サイト

料金プランをチェック
DMMWEBCAMPの料金プラン
引用:DMM WEBCAMP公式サイト

DMMWEBCAMPの料金プランとして3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポートで合計6ヶ月のプランで628,000円と高い料金ですが、分割払いで月々26,000円~のお支払い計画を立てることができます。月3万円弱で学習出来るためお得と考えることもできそうですね!

特徴をチェック
DMMWEBCAMPのカリキュラム
引用:DMMWEBCAMP公式サイト

実はコースが決まっているものの、オーダーメイドでカリキュラムを自由にカスタマイズできます。なので、自分で欲しいスキルを選択できるし、スキルセットも自由にカスタマイズできるというわけなんです。とはいえ、ここには落とし穴があり、全てにおいてオーダーメイドというわけにはいきません。あくまでも基本的なカリキュラムは通常通り受講者全員が受けなければいけないので、基本的に必要なカリキュラムは必須で受講することになります。それでも、その後の応用カリキュラムでは自由にカスタマイズできるのでいくつもの組み合わせを考えることが可能です。

しかし、WEBCAMPは、学べる言語も実は少なく、Webデザイン(HTML・CSS・JavaScript)、Webプログラミング(Ruby・Rails・SQL)と絞られているのが特徴です。悪く聞こえたかもしれませんが、DMM WEBCAMPの場合は濃いカリキュラムを作るために、あえて言語が絞られています。

僕の場合、実際にはRubyを学んでWebサービスを作ったので、正直特にどの言語がやりたいというものがなければRubyを学ぶ形で十分汎用性がありますよ!

DMMWEBCAMPの口コミ・評判をチェック

渋谷校のイメージ写真と地図をチェック
渋谷校のイメージ写真と地図

編集部の分析結果をチェック

全額返金保障をここまで強く押し出しているスクールは他にないと言えるぐらい自信がうかがえます。3ヶ月間みっちり学習カリキュラムをこなす形になるのですが、未経験者でも必ず就職・転職出来るような体制がしっかりと取られているために6ヶ月という長めの期間を設けていることは、すごく合理的で現実的なスクールだなと高く評価できます。

エンジニアの就職や転職は思っているよりも難しいもので独学で成功することが意外と難しいものなので、そこを「できる」と言い切れる時点でかなり良いスクールだなという感想もあります。その自信の裏には、実践的なカリキュラムが終始あるので、現場に出た時のギャップを極力少なくすることができるため就職後にすぐ活躍出来る環境が整っていると言えますね。


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/