プログラミング無料体験レッスン一覧【豪華特典付き】

なぜ今、エンジニアという仕事へ転職する人が増えているのか?その人気の理由を解説します!

みなさんこんにちは。

現役エンジニアのタカです。

最近エンジニア転職が流行っているのを知っていますか?

スクール博士
なんじゃ?
あのブラックで有名なSEへの転職が流行ってるなんてありえない』じゃと?
実は今SEはめちゃくちゃ人気なんじゃよ!

ここ数年でエンジニアへの転職を支援するプログラミングスクールが乱立してそれぞれが物凄い勢いで成長していることからもエンジニアへの転職が流行っているのは明確な事実と言えるでしょう。

その成長度合いから大きな利益を上げているのは、側から見ても明らかで小さい牌を取り合っているのではなく、市場全体が急成長しているというのがよくわかります。

ではそんなエンジニアへの転職にはどのような魅了があるのでしょうか?

この記事では異業種から未経験から業界入りした現役エンジニアである私がエンジニア転職の魅力と人気の理由について解説していきます。

そもそもシステムエンジニア(SE)とはどんな仕事なの?

現役エンジニアのタカ
まずはエンジニアの詳しい仕事内容と業界の動向を現場目線で簡単に解説しましょう!

システムエンジニアは客の依頼や自社の製品などなんらかのシステムを開発して運用する人達の総称です。

一般的にはシステムエンジニアとプログラマーを分ける傾向にありますが、大手SIer以外ではエンジニアもプログラミングを行う為、求人募集では両者を分けたりはしないのが実情です。

システムエンジニアの主な仕事は

  • 要求分析・要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • テスト
  • 納品
  • アフターフォロー

要求分析・要件定義は依頼主(受託開発であればクライアント企業、自社サービスであれば自社の企画部など)とどのようなシステムが欲しいのかヒヤリングを行い、そこで出た要望を技術的な部分を含めどのように実現するのかをまとめ依頼主や提案して必要な費用や開発期間を行い、開発が決まればより詳しい要望やビジネスロジックの吸い上げが行われます。

基本設計は顧客の要望や吸い上げた詳しいビジネスロジックを元にどのような機能にするか、表示方法や操作方法やデータベースの設計などを行い、詳細設計ではそれらをより細かくシステムに落とし込みます。

プログラミングでは詳細設計で作られた仕様書や設計書を元に実際のコーディングが行われ出来上がったシステムが設計通り動くかテストして、問題がなければ納品を行い、その後の次回の開発に繋げる為のアフターフォローを行います。

このうち顧客との打ち合わせがある業務を上流工程として、この上流工程をするのがエンジニアと紹介されることが多いですが、最近ではプログラミングもできて当たり前というのが業界のスタンダードとなりつつあります。

旧態然とした大手SIerなどではいまだに上流工程しかできないエンジニアもいますが、エンジニア市場全体で見ると上流しかできないエンジニアの需要は減りつつある為、上流工程しかしないと思っていると痛い目を見ることになります。

何故、エンジニアへの転職が人気なのか

はじめにも紹介した通り現在エンジニアへの転職を目指す人が増えています。

主な理由は以下の4つではないかと私は思っています。

エンジニアが人気な理由
  • 平均年収が高い傾向にある
  • 独立可能なスキルが身につく
  • エージェントの登場により独立が容易になった
  • リモート勤務などフレキシブルに働くことができる

平均年収が高い傾向にある

システムエンジニアの平均年収は労働市場全体の平均年収より高い数字となっています。

dmmwebcamp引用画像参考:DMM WEBCAMP

派遣などを見てもその違いは歴然で一般的な職種の場合時給1500円もあれば高い方ですが、エンジニアの場合、時給の平均値が2000円を超えており時給3000円の案件もザラにあります。

ジョブリサーチセンターの引用画像参考:ジョブリサーチセンター

ここまで金額が違うのは大きなメリットですよね。

仕事を選ぶ上で賃金の高さは重要なファクターとなるのではないでしょうか?

独立可能なスキルが身につく

システムエンジニアはプログラミングスキルという専門的な知識と技術が必要な技術職で需要が高くフリーランスの案件も大量にある為、非常に簡単に独立することが可能です。

客先常駐や受託開発で案件の開発を請け負うことも可能です。

さらに自分でサービスを作ってリリースして収益をあげることも可能で、自分で作る為初、期費用はほとんどかかりません。

普通起業家などが新規のサービスを作って起業しようとした場合、アプリケーションを作るために数百万〜数千万円という大きな初期費用(アプリケーション開発費)が必要となります。

これがゼロになるのは独立する上で非常に有利働くでしょう。

ラボくん
僕独立するつもりなんて全然ないんだけど。。。
スクール博士
システムエンジニアは独立しなくともメリットがあるんじゃ!
例えば副業なんかどうじゃ?
ラボくん
確かに!
独立するのは怖いけど副業ならやってみたい!

また独立せずとも副業としてアプリケーションを公開して月に数十万円から数百万円ほど稼ぐことも夢ではありません。

中にはヒットしたアプリケーションを数千万円で売却するというケースもありシステム開発ができるというだけで可能性が一気に広がることになります。

参考サイト:ローンチ1ヶ月で月間2億PVペースの「Peing – 質問箱」をジラフが買収、世界展開目指す

エージェントの登場により独立が容易になった

ラボくん
独立すると営業とかもしなきゃいかないし大変なんじゃ・・・

一般的に独立してフリーランスになるというとすごく大変そうに思いませんか?

他の仕事はそうかもしれませんがエンジニアの場合はこれが当てはまりません。

エンジニア有効求人倍率が他の業種の追随を許さないほど高いぐらい人材の獲得競争が激化しており、他の業種よりフリーランスエンジニアの人材紹介市場の規模が大きいためフリーランスエンジニアのエージェントをしている会社がいくつもあります。

これらのエージェントを使うことで案件獲得の営業活動は一切しなくても月80万円程の案件であれば比較的簡単に探すことが可能です。

リモート勤務などフレキシブルに働くことができる

システムエンジニアは雇用形態にかかわらず、様々な働き方を採用している企業が多いです。

フレックス制度は勿論、リモートの在宅勤務や地方にサテライトオフィスを設けるケースなど様々あります。

実際に求人を探してみるとわかりますが、週4日勤務化という仕事も結構あります。

ライフワークバランスのライフを重要視したい人にとってはもってこいの業種と言えるでしょう。

尚、自社サービスをメインに扱う企業ではエンジニアの獲得競争の一環でホワイトな職場作りに非常に多くのリソースを割いています。

そのため多くの人がイメージしている『SE=ブラック』というような式は成り立たなくなってきています。

私自身もリリースまえや直後などはそれなりに残業しますが、平常時は定時で直帰することがほとんどです。

未経験がエンジニアへ転職するにはどうしたらいいのか

さて、文系卒や高卒でシステムエンジニアと全く関係ない業種で仕事をしている人がシステムエンジニアを目指すにはどのようにすればいいのでしょうか?

答えは簡単でプログラミングスクールの受講をして1日4時間ほど勉強に当てることができれば大抵の人はエンジニアとして転職に成功することができるでしょう。

かくいう私も元々は高卒で自動車工場で仕事をしていましたが、そこから一念発起してプログラミングスクールに通い現在ではフリーランスエンジニアとして活躍するまでになりました。

ラボくん
独学じゃ無理なの?

と思う人もいるでしょう。

当然独学でシステムエンジニアを目指すことも可能ではありますが、プログラミング学習を独学でした際の挫折率は9割と言われているので実際に独学から転職を成功させる人は独学者全体の1割に満たないでしょう。

プログラミングに対して高い適正のある人であればうまくいくかもしれませんが普通の人はプログラミングスクールを受講して現場のシステムエンジニアにプログラミングを教えてもらいキャリアコンサルタントに転職のサポートやシステムエンジニアの転職事情のリアルタイムな情報を貰いながら転職活動をした方が確実と言えます。

スクール博士
オススメのプログラミングスクールが知りたい人は現役のエンジニアがオススメのプログラミングスクールを徹底的に評価した記事があるからチェックじゃ!

【激推し】おすすめのプログラミングスクール4つを比較!現役エンジニアが徹底評価

エンジニアの需要は拡大の一途を辿っています

システムエンジニアの有効求人倍率は年々上昇を続けています。

私自身も現場で仕事をしていて感じますが、やはりエンジニアは圧倒的に不足していて、誰かが退職した時の穴を埋めるのは見ていて本当に大変そうです。

募集を掛けても一向に応募がなく、やっと応募があったと思ったら独学でコーディングをした程度の人が来たなんてこともありました。

やっとの思いでプログラミングスクールの卒業生を採用してみたら、ほとんどプログラミングができない人で気がついたら退職していて、詳しく聞いてみたらあまり評判の良くないプログラミングスクールの出身者だったという事も実際に職場で経験しました。

仮にあなたがしっかりとプログラミングを学び現場に出て経験を積むことができれば、あなたの市場価値は大きく上昇する可能性があります。

もし、今の仕事や給料といった待遇に不満があり、現場を打破したいと考えているのであればエンジニア転職も今後の人生の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?


「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?

ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!

スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/



プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…

スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?

ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)

スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です