【2019最新】コードキャンプの評判・口コミ・感想を博士が多方面から徹底分析

 

「CodeCampって本当にスキルが身につくの?評判や口コミを見て決めたい…」
「CodeCampを受講してキャリアに行き詰まったら嫌だな…」
「CodeCampって有名だけど、受講生が多い分、サポートが雑なんじゃないの?」

 

プログラミングスクール受講は、スキルをしっかり獲得することを考えると最低でも2ヶ月~半年ほどの受講期間があり、高い買い物なので、しっかりと費用対効果を考えて決めたいですよね。

 

プログラミングスクール選びを失敗してしまうと、お金だけでなく時間もムダにしてしまうので注意が必要です。

 

こんにちは、過去にプログラミングスクールを受講して、結果的に4社のカリキュラムを利用した経験を持つ「スクール博士のプログラミング研究所」編集部のヨウです!

 

この記事をご覧になっているということは、あなたは今まさに「CodeCamp気になるけど、実際評判はどうなのかな…」と迷っているのかもしれません。もしくは、なんとなく「プログラミングを学びたいからCodeCampでいいかな…」と考えているのかもしれませんね。

 

そこで今回、CodeCampの評判がたくさんある中で、良い評判も悪い評判も徹底的にあぶり出して、一般的に「CodeCampで受講している人はCodeCampについてどう評価しているか」を解説していきます。

ラボくん
結論から言うと、CodeCampの評判から分かることはWeb系プログラミングとWebデザインが強いこと、それから転職や就職にも強いということだよ!
スクール博士

これからCodeCampを検討する上で必要な情報だけを厳選してお伝えしていきます、それではまいりましょう!!

CodeCamp(コードキャンプ)とは?

概要

日本初のマンツーマンオンラインレッスンを始めたのがCodeCampです。
東証一部上場しているフューチャーアーキテクト株式会社の関連会社でもあり、NHK、日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、東洋経済等にも取り上げれられるほど有名で勢いのあるプログラミングスクールです。

エンジニア転職ためのサービス「CodeCampGATE」や子供向けのプログラミング教室である「CodeCampKIDS」も運営しており、幅広い年代のプログラミング教育に力を入れています。

CodeCampのスゴイところはなんと言っても、レッスン満足度94.2%のところです。受講者20,000名以上を誇る、実績No.1のオンライン・プログラミングスクールなんです。

ちなみに、CodeCamp(コードキャンプ)のHPには以下のように記載されています。

CodeCampはオンラインのマンツーマンプログラミングスクールです。
ビデオ通話を利用した、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが全国どこでも受講できます。参考:CodeCamp公式サイト

ポイントはやはり、オンラインでマンツーマンという点ですね。オンラインだと、「あ、今から少しだけ受講しよっかな」という感じでスキマ時間を埋めやすいです。

料金プラン

参考:CodeCamp公式サイト

上記の料金プラン表の青枠で囲った箇所は、全コース共通の「受講期間」「学習時間目安」「入学金」を示されています。

そして、赤枠で囲った箇所は、各コース料金の表になっています。

ちなみにプログラミングスクール3ヶ月受講の料金相場は、「236,000円」と算出されたので、CodeCampのマスターコースに関しては料金相場よりも安いと言えます。

プレミアムコース・プレミアムプラスコースに関しては、料金相場よりも高いですが、レッスン回数が圧倒的に多いので、IT初心者の方に特におすすめできるコースですね!ちょっと料金はマスターコースより高いですが….!

スクール博士
意外と見落としがちじゃが、学習期間が4ヶ月、6ヶ月と増えるごとに料金が5万円ずつお得になっている点にも注目じゃ!

CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判・口コミ7選まとめ

CodeCampの良い評判・口コミ総まとめ

料金に対する評判
スクール博士
ホリエモンすらも絶賛の安さじゃ。コスパを考慮に入れても安すぎるという評価が多いようじゃよ。

スクール博士
ただ料金が低いという理由では良い評判は立ちにくいようで、コストパフォーマンスで考えて価値が高いと判断しているユーザーが多いようです!
講師に対する良い評判
ラボくん
CodeCampの講師は評判が良く、満足している方が多いようです!ごくたまにスパルタな講師に当たる場合もあるらしいですが…

受講形式に関する良い評判

スクール博士
カリキュラムは考える余白が残されているため、少し難しく感じることもあるようですが、講師陣がしっかりと知識を補填してくれうため、カリキュラムを十分活用することができるようですね!
ラボくん
カリキュラム+講師から教えてもらえる情報で効率的にプログラミング学習を進めることができるという評判が多いです!
カリキュラムに関する良い評判

カリキュラムは少しハードル高めに設定してありますが、おおむね質が高いという評価でしたが、考える余白をわざと残しているので、そのおかげでカリキュラムが難しいと感じてしまうということです。

スクール博士
しかし、エンジニアやプログラマーの仕事は自分自身でプログラムのエラーをググりながら解決していくことなので、そういった能力を培うためのカリキュラムになっているということですね!
就職や転職サポートに関する良い評判

スクール博士
驚くべきは、2ヶ月半で自社開発のエンジニアになれたという転職実績です!自社開発企業なんて、経験者でも転職するのは簡単じゃないですからね!
受講時間に関する良い評判

ラボくん
夜遅くまで受講対応をやっているので、社会人が仕事終わりに受講する形でも利用できる点は使い勝手が良いですよ!
無料体験レッスンの良い評判

ラボくん
無料体験レッスンは40分間ですが、その時間で徹底的にキャリアのこと、学習のことを質問できるので使い方によっては濃密な時間になるようですね!

CodeCampの良い評判・口コミ8項目まとめ

CodeCampの良い評判まとめ
  • 1受講961円という料金の安さ
  • 厳選された講師の質
  • マンツーマンレッスンという受講形態
  • 作り込まれた学習カリキュラム
  • 最速の就職・転職実績
  • 隙間時間を自由に活用できる40分講義
  • 内容の濃い無料体験レッスン

CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判・口コミ6選まとめ

CodeCampの悪い評判・口コミ総まとめ

無料体験レッスンで満足できなかった

無料体験レッスンでは、質問したいことがないと満足感が薄れる傾向にあります。良くも悪くも質問がメインの無料体験レッスンになるので、無料体験レッスンに対して過度に期待することは禁物です!

受け身になってしまう

どのプログラミングスクールでも一定数ある口コミが、「受け身になってしまう」というものです。

オンライン型のプログラミングスクールだとその傾向はより顕著です。

もし、あなたが受け身になりがちだ…と感じているなら対面で学習できるプログラミングスクールである「TECH::EXPERT」や「DMMWEBCAMP」などがおすすめです。

質問が予約制なのでしづらい

質問が予約制なので、質問したいときすぐにできる!!というわけにはいきません。

しかし、疑問が湧いてすぐに質問するという習慣は、必ずしも良いというわけではなくて、「自分で考えた上で質問をする」という習慣は良い習慣だと言えます。

スクール博士
そういう意味では、気軽に質問できないシステムが、必ずしもマイナスと感じられるわけじゃなく、考え方次第というわけですね!

講師の当たりはずれがある

講師は各時間帯に待機している講師を選んで受講する形なので、毎回違う講師を選ぶことができます。

人気講師はすぐに埋まっちゃうとはいえ、良く選ばずに受講していたらハズレに出くわすことも!

スクール博士
講師の質が高いと言われていても、中には合わない講師も必ずいるのでお気に入りの講師を早く見つけて、固定で講師を決めておくといいですね!

最終課題はレッスンで教わっていない範囲も出るため難しい

CodeCampのカリキュラムが難しいという評判は少なからずありましたが、その流れで最終課題としてテストがあるのですが、カリキュラム(教科書)では出てこない内容が出題されます。

これはエンジニアとして重要なスキルを問う課題なのですが、「問題やエラーを自分で解決するスキル」が必要なわけです。

実際にプログラマーやエンジニアで優秀な方というのは、この「課題解決能力」が高い人材なので、そうした能力を高めるためのカリキュラムだと理解することができるのであれば、CodeCampはすごくおすすめできます。

モチベーションを維持するのが難しい

モチベーション維持が難しいという口コミは、オンライン型のプログラミングスクールに多い傾向にあります。

通学制のプログラミングスクールは、プログラミング学習仲間ができたり、イベントがあったりとオンオフを使い分けられる環境がありますが、オンラインだと自分自身の自己管理能力にかかっているところがあります。

オンライン型のプログラミングスクールは、自分自身でモチベーションを管理できる人の方が特におすすめできると言えますね!

CodeCampの悪い評判・口コミ6項目まとめ

CodeCampの悪い評判まとめ
  • 無料体験レッスンがなんとなく満足できない
  • 毎回講師が違うから当たり外れがある
  • 受講が受け身になってしまう
  • 質問が予約制でしづらい
  • レッスン課題が難しい
  • モチベーション維持が難しい

【評判・口コミの総括】CodeCampをおすすめできる方

さて、結論どんな人ならCodeCampをおすすめできるのか、最終的なジャッジをしていきます。

CodeCampをおすすめできる人は、、

【総括】CodeCampをおすすめできる方
  • オンラインマンツーマンレッスンでしっかり質問したい
  • 講師が変わることにストレスを感じない
  • 確実にプログラマーとして就職したい
  • ハードルが高めな課題の壁を乗り越える意思がある
  • オンラインなのでモチベ維持をある程度自分でコントロールできる

この5つのポイントがとっても重要です。ちなみにこの中でも重要なのは、「講師が変わることにストレスを感じない」「ハードル高めな課題を乗り越える意思がある」という点。

もし講師が毎回変わることにストレスを感じる場合は、CodeCampに入って特定の講師を狙って指名し続けるか、専属マンツーマンレッスンが特徴のTECH::EXPERTをおすすめします。

さらにハードル高めな課題に関しては、「そのぐらい超えないとプログラマーになれません!」と断言できます。なので、「この壁を超える根性がないな・・・」と思う方はCodeCampをおすすめできません。逆にやれるという根性の持ち主には、とてもおすすめできます。

CodeCamp(コードキャンプ)の受講生が選んだ理由あるある9パターン

続いては、CodeCampが選ばれる理由のあるある9個パターンをご紹介していきます。

全ての講師が業界トップクラスの現役エンジニアだから

CodeCampの講師イメージ引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampには、業界トップクラスの現役エンジニア講師陣が揃っています。現役エンジニアだから、現場ならではの実用的なテクニックまで教えてもらえるんですね。

レッスンを担当するのは、有名企業の出身者やフリーランスとして活躍している、実務経験が豊富な熟練者かつ厳しい面接を通過したプロ講師だけです。

選考の際に、過去のエンジニアとしての実務経験だけでなく指導する能力を確認するために「書類選考→面接→模擬レッスン」の選考を行い、厳密な講師基準に合格した講師のみがレッスンを担当することができるわけです。

また、トップ講師から講師へのフィードバックによる指導改善も行っており、講師のレッスンは運営側でモニタリングし、指導スキルに問題のある講師は再トレーニングするなど、講師の品質を保つためのシステムも整備されています。そのおかげで「講師の質が低い」といった評判もかなり少ないです。

スクール博士
実際のレッスン風景はこちらの動画で要チェックじゃ!

受講者の年齢層も広範囲だから

CodeCampの受講生比率データ①引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampは受講者20,000人以上の実績がある中の年齢層の割合として、20代の割合が半分ほどで、30代以上の割合は47%もあるため、高い年齢層でもきちんと学習を進めることができる証拠でもあります。

また、男女比で見ても他のスクールは25%くらいなのに対し、32%と女性の受講者も多いため、対応力の高さも評価できますね。

さらに余談ではありますが、社会人の方は多種多様な職種の方が受講しています。

CodeCampの受講生比率データ②引用:CodeCamp公式サイト

上記のデータを見ると元からのITスキルの有無は関係ないことがわかりますね!スキルは様々だけど、一定のスキルをマスターして卒業できるため、悪い評判も少ないというわけなんですね。

CodeCamp受講中に開発するアプリのクオリティーが高いから

受講生が制作したポートフォリオ引用:CodeCamp公式サイト

CodeCamp受講生は、受講中にオリジナルアプリ開発をすることができます。中でも、CodeCamp受講者が作るオリジナルアプリのクオリティーがとても高いと評判です。

見た目的な評価だけでなく、賞をとってしまったり資金調達ができるほどの評価をもらうものまであります。もちろん、全ての受講生がこのような成果をあげられるわけではないですが、やる気次第ではあり得るわけなんですね。

こういったアプリを開発できると、未経験からいきなりフリーランスとして独立することも夢ではないため、魅力的に感じますよね。

もちろん、アプリのアイデアはもとからなくても、講師に相談しながら開発したいアプリの企画作成から進められるため受講中に企画を考えてアプリ開発をすることができます!

スクール博士
これだけ質の高いアプリを未経験から開発できるわけじゃから講師の腕も確かなんじゃなぁ

オンラインで365日7時〜24時まで学習可能だから

対応時間の長さは他のスクールと比較しても群を抜いています。マンツーマンでここまで対応時間が長いのは、CodeCampのみと言っても過言ではありません。夜遅くまで仕事が忙しい方も安心です。

早朝にレッスン1コマ(40分)受講して、出勤することだって可能なんです!

就職・転職やキャリアについてのサポートがプロのエージェントだから

就職・転職やキャリアの相談が無料でできちゃうんです。

講師も経験豊富なエンジニアなので、講師にキャリアの質問をしても良いですし、キャリア専門で相談できるプロのエージェントも対応してくれます。キャリアで困った時は、気軽に相談できるところも強みです。

受講数20,000人超えの信頼と実績で安心だから

国内のプログラミングスクールにおいて受講生数No.1の実績があります。レッスンの満足度も94.2%と高い評価を受けています。

また、以下のような大手IT企業をはじめとした300社以上に導入されていて、法人への実績も豊富です。

CodeCampの導入実績引用:CodeCamp公式サイト

中には誰もが知る大企業もあり、それだけCodeCampのカリキュラムは信頼性があり、多くの会社の研修にも導入されてるわけなんですね。

スクール博士
CodeCampのカリキュラムや講師の質が高いと知れる重要な証拠になるのう

法人研修にも使われる質の高いカリキュラムだから

講師から説明を受けるだけでなく、生徒が自らコードを書き進める実践的なテキストになっています。オンラインエディタ(コードを書ける場所)にコードを書いていくイメージです。講師から教わりながら書けるので、分からなくなることもありません。

このカリキュラムのスゴイところは、受講生20,000人以上、法人300社以上に導入していく中で何度も改良に改良を重ねたものになっている、というところです。現在のものは、過去のカリキュラムがブラッシュアップされ最適化されたカリキュラムになっているため日々改良されています。

充実したコースとリーズナブルな料金設定だから

受講できる各コース一覧は下記の通りです。

引用:CodeCamp公式サイト

プレミアムプラスコースとプレミアムコースを除けば、全て同じ料金体系となっています。

スクール博士
上記の料金プランの通りで、マスターコースでWebアプリケーション開発が一通りできるパッケージになっていて、料金もリーズナブルなので、一番おすすめのコースですね!

無料体験レッスンを受講した際の受講料が1万円引きのお得感

無料体験レッスン受講で、受講料がなんと1万円引きになります。迷っている方は、このチャンスをお見逃しなく!キャンペーンは随時行っているようなので、どんなキャンペーンがあるのかは、その都度、要チェックです。

無料体験レッスンの特徴を他の大手スクールと比較したい場合は以下の記事を覗いてみましょう!

CodeCamp(コードキャンプ)の評判から見る人気コースランキング

コードキャンプには全11コースが用意されていて、それだけでも迷ってしまいますよね。

そこで今回は、よく受講されていて評判が良いコースをランキング化しました!

CodeCampの公式サイトでは、「プレミアムプラスコース」が一番人気と表記されてましたが、評判や口コミなどを調査するとWebマスターコースを受講する方が圧倒的に多く、評判も良いことが分かりました!

以下は口コミ調査した中で評判が良いものをランキング化したものなので、コース選択の参考にしてみてくださいね!

【1位】Webマスターコース

プログラミング未経験からだと、

「どんな言語を学べばいいのか分からない」
「仕事になりにくいことを学習したくない」

といったことを考えてしまいます。自分も以前はかなり慎重にプログラミングスクールを選定しましたし、失敗しないためにいろいろ調べましたね。。。

PHPは現在の市場でいうと、学習しやすい言語の中では一番仕事獲得しやすい言語と言われています。転職希望の方はもちろん、フリーランスとして独立を考えている方なら、まずPHPを検討してみることをおすすめします。

また最近は、メディア発信なども流行ってきている中で、PHPは様々なツールの対応言語となっている点も魅力の一つです。

ちなみに、全世界の4分の1のメディアが使っているWordPressはPHPを対応言語としているため、WordPress案件を受けたい場合にはWebマスターコースがおすすめできますね!

【2位】デザインマスターコース

昨今、Webデザインの需要は年々高まってきている関係でWebデザイナーの年収も高くなってきています。

また、Webデザインができるとフリーランスとして独立しやすい面も魅力の一つです。

そんなWebデザインに関する「コーディングスキル」「デザインツール活用スキル」などのWebデザインに関するスキルを網羅できる「デザインマスターコース」が今、人気となっています。

キャリアに関しても、Webデザイン→ディレクター→プロデューサーといったルートで年収を増やしながらキャリアアップできるので、検討の一つとして手元に持っておいてほしいですね!(ちなみに僕は近々受講します!)

他のオンラインスクールのデザインコースと比較したい場合には「通学はもう古い!Webデザインに強いオンラインスクール4選【最新】」をご覧くださいね!

【3位】Rubyマスターコース

そして最後はRubyマスターコースのご紹介ですね!

Rubyは、自社プロダクト開発をしているベンチャー企業に多く使われている言語で、学習しやすく言語の機動性も高いため重宝されています。

プログラミング学習はRubyから始めた方が良いという方も多く、それぐらい学習しやすい入門者にはぴったりの言語となっています。

そんなRuby言語を完全にマスターする「Rubyマスターコース」が人気で、よく選ばれているコースの一つです。

また、CodeCampだけでなく、他社と比較しながらRubyが学べるプログラミングスクールを見てみたいという方は「Rubyプログラミングスクールおすすめ7選【フローチャートあり】 」をご覧くださいね!

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスン受講までの流れ

無料体験レッスン受講の流れ
  1. CodeCampの公式サイトにアクセスする
  2. 無料体験レッスンの予約ボタンを押す
  3. 日付と時間帯を選択
  4. SNSアカウントもしくはメールアドレスで会員登録する

①CodeCampの公式サイトにアクセスする

CodeCamp公式サイトのイメージ①

②無料体験レッスン予約ボタンを押す

無料体験予約ボタン説明イメージ

③日付と時間帯を選択する

無料体験予約フォーム①

④SNSアカウントもしくはメールアドレスで会員登録する

無料体験予約フォーム②
スクール博士
この4ステップで無料体験予約は完了じゃ!
ラボくん
コードキャンプ以外にも無料体験レッスンを受講して比較しなくて大丈夫??
スクール博士
ラボくん鋭いっっっ!!無料体験レッスンは、特典内容も豪華な上にスクールを比較検討する上では大切なものだから受講決める前にいくつか受けておくと良いぞ!

フローチャートでCodeCampの無料体験以外もチェック!

まずは無料体験を受けてCodeCampが自分にあっているかチェックすることは大切です。

ただ、無料体験だけでも実はかなり有益な情報がたくさんあるので、CodeCampだけを受講して決めてしまうのは少しもったいない気もします。

スクール博士
こちらのフローチャートを見てみるのじゃ!最適な無料体験レッスンが見つかるぞ
無料体験レッスンのフローチャート

まずは、上記のフローチャートでたどり着いたスクールの無料体験は最低限受講しておくことをオススメしますよ。実は、無料体験を受講するだけでお得な特典がプレゼントされるので、特典内容だけでもチェックしておきましょう!

スクール博士
無料体験を受講するだけ受講して、そのあとにスクール検討しても遅くはないのじゃよ。無料体験を使い倒すのじゃ。


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/