【2019最新】コードキャンプの評判・感想を博士が多方面から徹底分析

どうも!プログラミング研究所のヨウです!
過去に4社受講して、失敗も成功も経験をもとに今回はCodeCampについて博士と一緒に解説していきますよ!

スクール博士
今、あなたはCodeCampは良い評判ばかりで、どの情報を信頼していいのか分からず比較しづらい」「本当のところ、評判ってどうなんだろう・・・」といったお悩みも多いのではないじゃろうか…?

そこで今回、CodeCampの評判がたくさんある中で、自分に必要な情報を手に入れて納得してスクール受講するためにも、いろいろな角度から分析して良い面も悪い面もあぶり出して比較しやすいように解説しました。

ラボくん
後ほど博士が詳しく解説してくれるけど、CodeCampの特徴はWeb系プログラミングとWebデザインが強いことにあるよ!それから転職や就職にも強い!!!

目次

CodeCamp(コードキャンプ)とは?

概要

日本初のマンツーマンオンラインレッスンを始めたのがCodeCampです。
東証一部上場しているフューチャーアーキテクト株式会社の関連会社でもあり、NHK、日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、東洋経済等にも取り上げれられるほど有名で勢いのあるプログラミングスクールです。

エンジニア転職ためのサービス「CodeCampGATE」や子供向けのプログラミング教室である「CodeCampKIDS」も運営しており、幅広い年代のプログラミング教育に力を入れています。

CodeCampのスゴイところはなんと言っても、レッスン満足度94.2%のところです。受講者20,000名以上を誇る、実績No.1のオンライン・プログラミングスクールなんです。

ちなみに、CodeCamp(コードキャンプ)のHPには以下のように記載されています。

CodeCampはオンラインのマンツーマンプログラミングスクールです。
ビデオ通話を利用した、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが全国どこでも受講できます。参考:CodeCamp公式サイト

ポイントはやはり、オンラインでマンツーマンという点ですね。オンラインだと、「あ、今から少しだけ受講しよっかな」という感じでスキマ時間を埋めやすいです。

料金プラン

参考:CodeCamp公式サイト

解説不要な気もしますが、とても低価格で受講できるスクールであることは間違いないです!マンツーマンレッスンで有名な侍エンジニア塾と比較しても料金の安さは比較になりません。

スクール博士
通常が低価格な上に学習期間が4ヶ月、6ヶ月と増えるごとにさらに料金が5万円ずつ値引きがある点にも注目じゃ!

コードキャンプの主なデメリット

講師が毎回変わってしまう

CodeCampは、1回40分の講義で講師がついてくれます。その講師なんですが、時間帯によって受講できる担当講師が違うので、毎回同じ講師を受講できるとは限りません。。

だから人見知りな方は要注意!緊張して質問できなくて学習が進まないとなれば本末転倒です。

スクール博士
講師は何人か目星をつけておいて、受講したい担当講師を狙って選ぶように工夫するとこのデメリットを解消できるぞ

フリーランスエンジニアになるためのサポートが手薄

CodeCampは転職で有名な反面、フリーランスエンジニアになるためのサポートが用意されているわけではありません。

フリーランスサポートに弱い点
フリーランスエンジニアになるには、案件獲得、自分を売り込む営業ノウハウ、税務関連の知識などを知る必要があるわけなんですが、教えてもらえるようなサポートはCodeCampではやってません。

その分、就職や転職については強く、CodeCampGateというサービスとして展開されています。

コードキャンプの主なメリット

オンラインのマンツーマンレッスン

講義の形式が、マンツーマンレッスンか集団講義かで学習進捗に実は大きく関わってきます。ある研究結果では、個人指導を受けた98%の受講生が講義型指導を受けた受講生よりも習得度が高いことが証明されました。

引用:TED 「オンライン教育が教えてくれること」

さらにマンツーマンレッスンだと、講師に質問する場合、気兼ねなく質問できますが、集団の中で質問する場合だと質問すること自体がハードル高く、躊躇して結果的に分からないところが解決できずに終わることがあります。

小中高の学生時代に、授業中で理解できなかったことをその場で質問できるタイプならマンツーマンレッスンの受講形式である必要はないかもしれませんが、集団の中で質問を躊躇してしまうタイプなら、マンツーマンレッスンをおすすめしますよ。ちなみに僕はマンツーマンでしか質問できない派でした…!

スクール博士
ここは非常に重要な項目で、質問のしやすさがプログラミング学習の質に直結してくるから慎重に考えた方が良いぞ

優秀な現役エンジニアの講師が毎回自由に選べる

講師は、講義ごとに毎回自分で選ぶことができて、1回40分間受講することができます。進捗に合わせて講義できるのも優秀な現役エンジニアの腕があってこそ。つまづくところがわかっている方が多いので、質問に対して的確な答えが返ってきます。

スクール博士
講師の現役エンジニアの採用にはこだわりがあり、厳正な審査で採用されたエンジニアを揃えているため、質の高い講義が実現できているわけなんじゃ!

学習進捗に合わせてカリキュラムも柔軟に対応できる

集団講義の場合だと、学習進捗が遅れていても講師が受講生をサポートするには限界があります。

その点、CodeCampはカリキュラム自体に学習進捗に合わせられるような柔軟性をもたせています。そのため、学習の進捗が遅い場合でも、受講生に合わせて進行することができるため、理解するまで学習することができるわけなんですね。

スクール博士
学習進捗に遅れが出ても、焦らず学習できる点が挫折率を大幅に減少させられている理由なんじゃよ

就職・転職に特に強くノウハウが豊富

転職・就職に強いCodeCampは、これまでノウハウを日々貯めています。その結果、2ヶ月間の集中で転職・就職を成功させる転職プロジェクト「CodeCampGate」をスタートさせました。

CodeCampGateにはプログラミング未経験者だけでなく経験者も多数参加しています。
※もちろん、未経験者の割合は全体の8割を占めているので、未経験者の就職・転職実績も十分にあります

経験者も参加してるって実はすごいことで、普通は経験者なら大手の転職エージェントに登録して転職活動をすれば、仕事を取りに行くのは難しくないからです。

重要なのは、その中でCodeCampGateを選ぶ理由として、有望な人気企業への就職可能性が高まるという点です。未経験者、経験者ともに選ばれる理由としてサポートが充実している点は素直に評価できました。

CodeCampが選ばれる細かな10個の特徴

続いては、CodeCampが選ばれる理由をさらに紐解いて10個ご紹介していきます。

全ての講師が業界トップクラスの現役エンジニア

引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampには、業界トップクラスの現役エンジニア講師陣が揃っています。現役エンジニアだから、現場ならではの実用的なテクニックまで教えてもらえるんですね。

レッスンを担当するのは、有名企業の出身者やフリーランスとして活躍している、実務経験が豊富な熟練者かつ厳しい面接を通過したプロ講師だけです。

選考の際に、過去のエンジニアとしての実務経験だけでなく指導する能力を確認するために「書類選考→面接→模擬レッスン」の選考を行い、厳密な講師基準に合格した講師のみがレッスンを担当することができるわけです。

また、トップ講師から講師へのフィードバックによる指導改善も行っており、講師のレッスンは運営側でモニタリングし、指導スキルに問題のある講師は再トレーニングするなど、講師の品質を保つためのシステムも整備されています。そのおかげで「講師の質が低い」といった評判もかなり少ないです。

スクール博士
実際のレッスン風景はこちらの動画で要チェックじゃ!

就職・転職成功で全額キャッシュバック「CodeCampGATE」

最大の魅力は、就職・転職を前提とした「CodeCampGATE」です。就職・転職が成功すれば、キャッシュバックで全額返金が保証されています。

フリーランスエンジニアを目指す人も、ステップアップとして現場経験を積むために転職するのに、こちらのコースを選ぶのもありです。さらに、カリキュラムも柔軟に変更できるので安心できます。

例えば、学習メインの6ヶ月コースを受講していて、進捗が良くて3ヶ月で終わった場合、事務局に連絡すれば追加費用0円でキャリアサポートをつけてもらうことも可能なんです。しかも就職・転職に成功したらお祝い金10万円ももらえるので、意外とあなどれない点でもあります。

確実な就職・転職をしたいのであれば、CodeCampGATEをおすすめしますよ!

受講者の年齢層も広範囲

引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampは受講者20,000人以上の実績がある中の年齢層の割合として、20代の割合が半分ほどで、30代以上の割合は47%もあるため、高い年齢層でもきちんと学習を進めることができる証拠でもあります。

また、男女比で見ても他のスクールは25%くらいなのに対し、32%と女性の受講者も多いため、対応力の高さも評価できますね。

さらに余談ではありますが、社会人の方は多種多様な職種の方が受講しています。

引用:CodeCamp公式サイト

上記のデータを見ると元からのITスキルの有無は関係ないことがわかりますね!スキルは様々だけど、一定のスキルをマスターして卒業できるため、悪い評判も少ないというわけなんですね。

CodeCamp受講中に開発するアプリのクオリティーが高い

引用:CodeCamp公式サイト

CodeCamp受講生は、受講中にオリジナルアプリ開発をすることができます。中でも、CodeCamp受講者が作るオリジナルアプリのクオリティーがとても高いと評判です。

見た目的な評価だけでなく、賞をとってしまったり資金調達ができるほどの評価をもらうものまであります。もちろん、全ての受講生がこのような成果をあげられるわけではないですが、やる気次第ではあり得るわけなんですね。

こういったアプリを開発できると、未経験からいきなりフリーランスとして独立することも夢ではないため、魅力的に感じますよね。

もちろん、アプリのアイデアはもとからなくても、講師に相談しながら開発したいアプリの企画作成から進められるため受講中に企画を考えてアプリ開発をすることができます!

スクール博士
これだけ質の高いアプリを未経験から開発できるわけじゃから講師の腕も確かなんじゃなぁ

オンラインで365日7時〜24時まで学習可能

対応時間の長さは他のスクールと比較しても群を抜いています。マンツーマンでここまで対応時間が長いのは、CodeCampのみと言っても過言ではありません。夜遅くまで仕事が忙しい方も安心です。

早朝にレッスン1コマ(40分)受講して、出勤することだって可能なんです!

就職・転職やキャリアについての相談が無料

就職・転職やキャリアの相談が無料でできちゃうんです。もちろん、講師も経験豊富なエンジニアなので、講師に質問しても良いですし、キャリア専門で相談できる窓口もあります。キャリアで困った時は、気軽に相談できるところも強みです。

受講数20,000人超えの信頼と実績

国内のプログラミングスクールにおいて受講生数No.1の実績があります。レッスンの満足度も94.2%と高い評価を受けています。

また、以下のような大手IT企業をはじめとした300社以上に導入されていて、法人への実績も豊富です。

引用:CodeCamp公式サイト

中には誰もが知る大企業もあり、それだけCodeCampのカリキュラムは信頼性があり、多くの会社の研修にも導入されてるわけなんですね。

スクール博士
CodeCampのカリキュラムや講師の質が高いと知れる重要な証拠になるのう

改良に改良を重ねて作成された質の高いカリキュラム

講師から説明を受けるだけでなく、生徒が自らコードを書き進める実践的なテキストになっています。オンラインエディタ(コードを書ける場所)にコードを書いていくイメージです。講師から教わりながら書けるので、分からなくなることもありません。

このカリキュラムのスゴイところは、受講生20,000人以上、法人300社以上に導入していく中で何度も改良に改良を重ねたものになっている、というところです。現在のものは、過去のカリキュラムがブラッシュアップされ最適化されたカリキュラムになっているため日々改良されています。

充実したコース展開とリーズナブルな料金設定

受講できる各コース一覧は下記の通りです。

引用:CodeCamp公式サイト

プレミアムプラス(6ヶ月間全ての言語のレッスン受け放題)を除けば、全て同じ料金体系となっています。

プレミアムプラス
  • 2ヶ月プラン:398,000円(税抜)
  • 4ヶ月プラン:498,000円(税抜)
  • 6ヶ月プラン:698,000円(税抜)
プレミアムプラス以外の料金プラン
  • 2ヶ月プラン:148,000円(税抜)
  • 4ヶ月プラン:248,000円(税抜)
  • 6ヶ月プラン:298,000円(税抜)

就職・転職に特化した「CodeCampGATE」は以下の料金になります。

CodeCampGateの料金プラン
  • 学習期間2ヶ月、転職活動期間2ヶ月(計4ヶ月):198,000円(税抜)
  • ※分割あり:月々3,500~(最大36回払い)

無料体験レッスンを受講すると受講料が1万円引き

無料体験レッスン受講で、受講料がなんと1万円引きになります。迷っている方は、このチャンスをお見逃しなく!キャンペーンは随時行っているようなので、どんなキャンペーンがあるのかは、その都度、要チェックです。

無料体験レッスンの特徴を他の大手スクールと比較したい場合は以下の記事を覗いてみましょう!

>> 大手企業の人気プログラミングスクール無料体験レッスンまとめ

CodeCampは評判が良い点に注意

このようなツイートがずらっと探せば探すほど多かった。だいぶ評判が良いようで、逆に怪しくなったので、分析してみることにしました!

スクール博士
本来、人気なスクールというのは、悪評もどうしても立ってしまうため、そこが少なかったのが気になったんじゃな。よし、分析してみよう

CodeCampの全ての評判を疑うように徹底比較分析

良い評判の全まとめ

料金に対する評判


スクール博士
ホリエモンすらも絶賛の安さじゃ。コスパを考慮に入れても安すぎるという評価が多いようじゃよ。

講師に対する良い評判

受講形式に関する良い評判

カリキュラムに関する良い評判

就職や転職に関する良い評判


ラボくん
こちら実際2ヶ月半という短い期間でRailsエンジニア(Web系エンジニア)に転職した方のツイートをcodecampのアカウントが引用しているツイートでした!
スクール博士
転職実績も申し分ないし、シェアするくらいに満足のいく転職サポートだったようじゃなぁ

受講時間に関する良い評判

無料体験レッスンの良い評判

スクール博士
無料体験レッスンの評判は特に多かったからその中の1つを抜粋したぞ

良い評判まとめリスト

CodeCampの良い評判まとめ
  • 1受講961円という料金の安さ
  • 厳選された講師の質
  • マンツーマンレッスンという受講形態
  • 作り込まれた学習カリキュラム
  • 最速の就職・転職実績
  • 隙間時間を自由に活用できる40分講義
  • 内容の濃い無料体験レッスン

悪い評判の全まとめ

無料体験レッスンで満足できなかった

スクール博士
無料体験レッスンの悪い評判も少数派ではあったが存在したぞ

受け身になってしまう

質問が予約制なのでしづらい

講師の当たりはずれがある

レッスン課題が教わっていない範囲も出るため難しい

モチベーションを維持するのが難しい

悪い評判まとめリスト

CodeCampの悪い評判まとめ
  • 無料体験レッスンがなんとなく満足できない
  • 毎回講師が違うから当たり外れがある
  • 受講が受け身になってしまう
  • 質問が予約制でしづらい
  • レッスン課題が難しい
  • モチベーション維持が難しい

【結論】CodeCampはこんな人におすすめ

さて、結論どんな人ならCodeCampをおすすめできるのか、最終的なジャッジをしていきます。

CodeCampをおすすめできる人は、、

【結論】おすすめできる人
  • オンラインマンツーマンレッスンでしっかり質問したい
  • 講師が変わることにストレスを感じない
  • 確実にプログラマーとして就職したい
  • ハードルが高めな課題の壁を乗り越える意思がある
  • オンラインなのでモチベ維持をある程度自分でコントロールできる

この5つのポイントがとっても重要です。ちなみにこの中でも重要なのは、「講師が変わることにストレスを感じない」「ハードル高めな課題を乗り越える意思がある」という点。

もし講師が毎回変わることにストレスを感じる場合は、CodeCampに入って特定の講師を狙って指名し続けるか、専属マンツーマンレッスンが特徴のTECH::EXPERTをおすすめします。

さらにハードル高めな課題に関しては、「そのぐらい超えないとプログラマーになれません!」と断言できます。なので、「この壁を超える根性がないな・・・」と思う方はCodeCampをおすすめできません。逆にやれるという根性の持ち主には、とてもおすすめできます。

フローチャートでCodeCampの無料体験以外もチェック!

まずは無料体験を受けてCodeCampが自分にあっているかチェックすることは大切です。

ただ、無料体験だけでも実はかなり有益な情報がたくさんあるので、CodeCampだけを受講して決めてしまうのは少しもったいない気もします。

スクール博士
こちらのフローチャートを見てみるのじゃ!最適な無料体験レッスンが見つかるぞ

引用:無料体験レッスンまとめ | フローチャート 

おすすめの無料体験レッスン

まずは、上記のフローチャートでたどり着いたスクールの無料体験は最低限受講しておくことをオススメしますよ。実は、無料体験を受講するだけでお得な特典がプレゼントされるので、特典内容だけでもチェックしておきましょう!

スクール博士
無料体験を受講するだけ受講して、そのあとにスクール検討しても遅くはないのじゃよ。無料体験を使い倒すのじゃ。

博士が厳選!目的別スクールTOP5


ラボくん
最近スクールが多くなってきて選びづらいよね・・・
スクール博士
ラボくん困っておるのう、、目的別にわしが厳選したプログラミングスクールTOP5を覗いてみるといいぞ!
ラボくん
そんなのあるの?!早く言ってよ博士!!
スクール博士
ら、ラボくん強めじゃのう・・・・こちらじゃよ・・・


無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫

スクール博士
プログラミングスクールの無料体験レッスンは特典の宝庫なんじゃよ、ラボくん知っていたかの?
ラボくん
ええ!?そうなの博士!!でもどこの無料体験に行けばいいのか検討もつかないよ!
スクール博士
そんな時には以下のフローチャートを使ってみると良いぞ!


ABOUTこの記事をかいた人

過去にプログラミングスクールを4社(2019年2月現在)を受講し、プログラミングスクールで1年間お仕事もしていました。現在は、本業を複数持つパラレルワーカーとして「マーケティング×プログラミング」のスキルを活かしてお仕事をしています。 <ご利用の皆様に> いつも「記事が参考になった」とご連絡していただきありがとうございます。そう言っていただけると本当に励みになります。