受講料金が安いプログラミングスクールの中でコスパが圧倒的に良いBEST3選

どうも!プログラミング研究所のヨウです!

この記事を見ているあなたは[ プログラミングスクール 安い ]で検索されている方かもしれませんね。

「なるべく安く通えるプログラミングスクールはどこだろう」
「安いとスクールのサポートも手薄なんじゃないかな?不安・・・」

こんなお悩みを抱えている方かなと思います。僕も以前プログラミングスクールに通っていましたが、「なるべくお金をかけないように・・・」と考えていました。そりゃお金かけずにプログラミングスキルを身に付けたいですし、就職・転職できればラッキーですよね。

ですが、実際プログラミングスクールは全国に50校を超えており正直どこが安いかなんて基準もわかりません。

そこで今回は、「安いプログラミングスクール」の判断基準からコスパが良い料金も安いプログラミングスクールの紹介までをまとめていきます。

この記事で分かること
  • プログラミングスクールの料金相場
  • 受講料金が安いプログラミングスクールの選び方
  • 安くてコスパが良いプログラミングスクール3校

プログラミングスクールの料金相場

プログラミングスクールが安いかを判断するには「相場」が必要

「早く、受講料金が安いプログラミングスクールを教えてよ」

そういった声が聞こえてきそうですが、そもそも「安い」の基準を作らないと間違った判断になってしまいますよね。

例えば、6ヶ月の受講料金70万のスクールがあったとして僕が「安い」と思ったとします。しかし、おそらくこの記事を見ている方はそういう風に思わない人の方が多いのではないでしょうか?

僕が安いと思った理由は、半年でプログラマーになれるなら70万円という受講料金も数ヶ月でペイできるなと考えてたからです。しかし、プログラマーになれるという点で言えばどのスクールも同じかもしれません。

そこでまず、プログラミングスクールの受講料金が平均でどのくらいの料金体型なのかを把握しておくことをおすすめします。

そうすることで「このスクールは平均相場よりも高いな・・・少し他のスクールと比較してみるか」と判断がしやすくなりますよ。次に人気のプログラミングスクール10社を調査して導き出した料金相場を解説していきます。

人気のプログラミングスクール10社を調査して分かった料金相場

今回、人気のプログラミングスクールとして調査対象したのは以下の10社です。

調査対象のスクール10社
  • CodeCamp
  • TechAcademy
  • DMM WEBCAMP
  • GEEK JOB
  • TECH::CAMP
  • TECH::EXPERT
  • TechBoost
  • DIVE INTO CODE
  • ポテパンキャンプ
  • 侍エンジニア塾

これらの調査対象の「3ヶ月コース」を受講した際にかかる料金もとに平均金額を出していきます。以下の条件をもとに算出して正しく平均相場をだしていきます、

スクールの平均金額の算出条件
  • 3ヶ月受講した際の料金を比較する
  • 3ヶ月がない場合には、3ヶ月受講分の料金で算出
  • 3ヶ月コースがたくさんある場合には、一番低い受講料金のコースの料金を使う

上記の条件をもとにプログラミングスクールの「料金相場」を算出していきます。以下、各スクールの3ヶ月受講の際の料金です。

各スクールの3ヶ月受講分の料金
  • CodeCamp:222,000円
  • TechAcademy:159,000円
  • DMM WEBCAMP:314,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • GEEK JOB:194,400円(有料コースで算出)
  • TECH::CAMP:177,600円
  • TECH::EXPERT:299,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • TechBoost:309,200円
  • DIVE INTO CODE:199,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • ポテパンキャンプ:250,000円
  • 侍エンジニア塾:438,000円

上記10社のプログラミングスクールの3ヶ月間の受講金額を合計すると「2,562,200円」となりました。つまり、人気プログラミングスクール10社の3ヶ月受講料金の平均は「256,220円」でした。

プログラミングスクールの受講料金の相場は「256,220円」となり、この料金よりも大きい場合は相場よりも高いと判断できますね。

受講料金が安いプログラミングスクールには要注意?

無料のプログラミングスクールの存在

プログラミングスクールの中には無料で通えるプログラミングスクールが存在します。無料で通えるため「めっちゃいいやん、行こうかな・・・」と考えている方もいるかもしれませんが、安易に決めてしまう前に少し考える必要があります。

考えることは「なぜ無料なのか」です。

無料プログラミングスクールに関わらず、料金が安いスクールはどのように運営しているのかを知っておくこともスクールを選ぶ上では非常に重要です、次で解説していきますね。

料金が安い理由は就職・転職サービスにあり

まずは無料プログラミングスクールの仕組みを簡単に説明していきます。

引用:プログラミングスクールは無料or有料どっちが良いの?|その仕組みとは

上記の図を見てわかる通り、無料プログラミングスクールは企業に受講生を紹介することでお金を得ていることが分かります。無料プログラミングスクールが運営できている理由もこれで納得ですね。

このように、料金が安いスクールは就職・転職支援サービスによって支えられていることが分かります。スクールから紹介された企業の中から就職・転職先を決めなければならないという制約はあるものの、料金を安く抑えられるスクールに通えて、就職支援も付いてくるため、至れりつくせりです。

とはいえ、一点だけ注意が必要なのが「紹介される企業にしか就職・転職できない」という点です。

「行きたい企業があって、どうしてもそこじゃないとダメだ」
「自分できちんと精査して選んだ企業に就職したい」

という気持ちがあるのであれば、受講料金が無料、もしくは受講料金が安いプログラミングスクールはおすすめできません。まず、自分の希望が叶うスクールなのか精査してから、料金面のチェックをするといいですね!

安くて圧倒的にコスパが良いプログラミングスクールBEST3選

【オンライン型】人気と信頼性抜群の「CodeCamp」

引用:CodeCamp公式サイト

料金プラン

引用:CodeCamp公式サイト

上記を見てみると、注目はレッスン回数です。1ヶ月で10回はレッスンを受けられる計算になるので、週に2回は少なくとも受けられるので他のスクールと比較しても週のサポートは他のスクールと比較しても十分すぎる回数だと判断できます。

また、プレミアムコースやプレミアムプラス以外のコースは料金が比較的リーズナブルな設定になっているため受講しやすくおすすめです。

スクールの特徴

学べるコースの種類

CodeCampは豊富なコース設定があり、スマホアプリからWebアプリ、システム関連言語、データサイエンス、ゲームプログラミングなど広範囲のプログラミング学習をカバーしています。

細かく分けられたコース設定があり、これが学びたい!…といったピンポイントな希望にも応えられるスクールです。リーズナブルに必要なスキルだけを選択して学習できるおすすめのプログラミングスクールです。

基本的なカリキュラムとしては以下のステップを繰り替えし行い、学習の理解を深めていきます。

CodeCampのカリキュラムを進める流れ

上記のように学習サイクルが決まっていて、繰り返し学習することでスキルが効率的に身につくサイクルが回るようなシステムになっています。この仕組みでオリジナルアプリ開発まで対応しているカリキュラムなので、以下のような素晴らしいスマホアプリやWebサービスを受講期間中にリリースすることができます。

CodeCamp受講生の開発実績
引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目しているのは、就職に強い点です。オンライン型のスクールだと就職支援が手薄なりやすいケースが多いのですが、CodeCampはオンラインでも転職実績が多数あるため地方にいる場合には特におすすめできるスクールです。オンラインでも就職できる仕組みの秘密は、専任でキャリアアドバイザーが1人1人の受講生に担当がつく点にあります。

他の就職支援しているスクールは、提携している企業に就職する場合だけサポートする形を取っている場合がほとんどですが、CodeCampの場合には行きたい企業があれば希望通りに内定をもらえるようにアドバイスをしてもらえる環境が整っています。

未経験からでも人気企業に内定をもらうケースもあるため「就職をしたい」と考えている場合にはすごくおすすめ出来るスクールと言えます。

【オンライン&通学】総合力の高いプログラマーになれる「TECH::CAMP」

引用:TECH::CAMP公式サイト

料金プラン

TECH::CAMPの料金プラン
引用:TECH::CAMP公式サイト

TECH::CAMPの場合は、月額料金が14,800円とリーズナブルな反面、入会費用が148,000円と高めなので3ヶ月は最低でも継続するつもりで入らないと、他のスクールと比較するともったいない料金設定になっています。

とはいえ、安いことには変わりがないのと、プログラミング以外のプログラムがたくさんあり、ビジネススキルなども学べることを考えると受講料金以上の価値は十分にあります。

仮に半年間くらい通ってみっちり受講すればオールラウンドなプログラマーとして他のプログラマーよりも重宝される人材になることができますよ。

また、この料金でTECH::CAMPで開講している他のコースも全て受け放題となっているため例えば「将来の職業がプログラマーで本当に大丈夫なのかな・・・」とキャリアに不安がある方でも自信を持っておすすめできます。

スクールの特徴

TECH::CAMPで身につくスキル

引用:TECH::CAMP公式サイト

上記をみるとわかるように、ビジネススキルやプログラミングスキルなど数種類のノウハウが学べるコースの全てが入会費用148,000円と月額14,800円の料金に含まれているため、例えばデザインを学びつつ他のスキルに手を伸ばして学習が出来るような珍しいスクールです。

ちなみにおすすめの組み合わせは、「オリジナルサービス開発+Webデザイン」をTECH::CAMPで学ぶことです。料金は月額14,800円から増えることはないので、デザインとプログラミングの掛け算で、自分の市場価値を高めておくと仕事にも困らないのですごくおすすめです。

TECH::CAMPの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目したのは、様々なスキルが上記の料金で全て受けられるという点です。プログラマーになるためにはプログラミングスキルを身につけるだけでは足りません。プログラマーとして仕事を獲得するにもマーケティングスキルや営業スキルなど様々なスキルがあるとさらに市場価値が高まり、仕事獲得がしやすくなってきます。

例えばマーケティングができてコーディングができてデザインが出来るWebディレクターになることができれば明らかに多方面で需要があるので、仕事獲得がしやすくなりますし、高単価の案件を獲得することも可能となります。

そういった意味ではまずTECH::CAMPに入って総合的な能力を上げにいく戦略はかなりおすすめです。受講中に気が変わって小さく事業を起こしたいと思ってもできますし、柔軟性が効くのがキャリアの選択肢が広がることがTECH::CAMPの最大の魅力です。

【オンライン型】目指す職業や身に付けたいスキルが決まっている人におすすめ「TechAcademy」

引用:TechAcademy公式サイト

料金プラン

「はじめてのプログラミングコース」の料金

料金プランで一番低価格で受講できるのが「はじめてのプログラミングコース」です。他にも数十種類のコースが用意されており、中にはWebマーケティングコースやWebデザインコースのようなプログラマーになれるコース以外のものも多数用意されています。

料金設定も非常に良心的で、24回まで分割払いが可能なので、月々数千円で受講することができます。

スクールの特徴

TechAcademyでは、実際に開発で使う開発サポートツールを使い、より実践に近い形で開発をおこなっていきます。また、リアルタイムチャットサポートと言われる瞬時の質問回答がTechAcademyの最大の特徴です。また、週2回のマンツーマンメンタリングでメンターからマンツーマンでサポートを受けることができるため、分からない箇所を集中的に教えてもらうこともできます。

TechAcademyの評判・口コミ

編集部コメント

編集部として注目しているのは、目標としてTechAcademyコンテストがあることです。TechAcademyには、様々な部門でコンテストが用意されており、学習のモチベーションを支えています。コンテストで1位になると受講料が一切無料になるなどの特典もあるので正直燃える方も多いですよね。

受講中は、学習教材の質ももちろん大事ではあるのですが、それよりもモチベーションをいかに保って学習をし続けられるかがキモとなってきます。学習前に目標設定をしていても、目標達成にずっとモチベーションを感じられる人は少ないかもしれません。


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/