プログラミング無料体験レッスン一覧【豪華特典付き】

【格安】プログラミングスクールの中から安い&質が高い所だけ集めました!

とにかくスクールだけ知りたいという方はこちらをクリック↓(スクロールします)

「安いプログラミングスクールだとサポートも手薄でカリキュラムの質も低いんじゃないかな?」

 

「他よりも安いですよ」と聞くとお得感がある一方で、「質は大丈夫かな…」と心配になる気持ちも出てきます。(できるならお金はなるべく使いたくないですもんね)

では、プログラミングスクールの業界は「安い = 質が低い」という図式なのかというと、実はそうではないのです。

 

現役エンジニアのタカ

しっかり調べてみるとわかりますが、料金が高くても就職支援をしてくれなかったり、逆に料金が安いプログラミングスクールなのに自社開発への転職率が異様に高いスクールもあります。

実は僕も安かろうは悪かろうの精神で70万円程するプログラミングスクールを受講しましたが、就職支援をしてもらえず苦労した経験があります。。。

 

しかし、プログラミングスクールは全国に50校を超えており、正直どこが安くて質が高いかなんて調べる方が大変です。

そもそもプログラミング初学者にプログラミングスクールの質の良し悪しを判断しろなんて酷な話だと思います。

口コミを利用しようにも実際に他の記事をいろいろ見てみましたが、「あっ、この情報はかなり得したぞ」と思えるものはあまりなかったです。

だからこそ、お金がなくてもきちんとスキル習得できる、安くて質が高いプログラミングスクールを現役エンジニアの僕が徹底的に比較し、厳選しました。

 

この記事で分かること
  • プログラミングスクールの料金相場
  • 受講料金が安いプログラミングスクールの選び方
  • なるべく安い料金でスクールに通うための4大テクニック
  • 現役エンジニアオススメの安くてコスパが良いプログラミングスクール5校

プログラミングスクールの料金相場

プログラミングスクールが安いかを判断するには「相場」が必要

「早く、受講料金が安いプログラミングスクールを教えてよ」

そういった声が聞こえてきそうですが、そもそも「安い」の基準を作らないと間違った判断になってしまいます。

例えば、6ヶ月の受講料金70万のスクールがあったとして僕が「安い」と思ったとします。

しかし、おそらくこの記事を見ている方はそういう風に思わない人の方が多いのではないでしょうか?

僕が安いと思った理由は、半年でプログラマーになれるなら70万円という受講料金も、プログラマーになれば数ヶ月で70万を稼ぐことができると考えたからです。

僕の場合は実際に70万円を払ってエンジニア転職に成功して現在はフリーランスエンジニアとして稼いでいるという体験があるのでそう考えられますが、まだその経験をしていない人には70万円は非常に高額に思えるのではないでしょうか?

スクール博士
そこでまず、プログラミングスクールの受講料金の相場はどのくらいの額なのかを把握しておくことをおすすめします。

そうすることで「このスクールは相場よりも高いな・・・少し他のスクールと比較してみるか」と判断がしやすくなります。

ラボくん
次に人気スクール10社を調査して料金相場を算出してみたから読み進めてみて!

人気のプログラミングスクール10社を調査して分かった料金相場

今回、人気のプログラミングスクールとして調査対象したのは以下の10社です。

調査対象のスクール10社
  • CodeCamp
  • TechAcademy
  • DMM WEBCAMP
  • GEEK JOB
  • TECH::CAMP
  • TECH::CAMPエンジニア転職
  • TechBoost
  • DIVE INTO CODE
  • ポテパンキャンプ
  • 侍エンジニア塾

 

これらの調査対象の「3ヶ月コース」を受講した際にかかる料金を元に平均金額を出していきます。

以下の条件をもとに算出して正しく相場をだしていきますね。

 

スクールの平均金額の算出条件
  • 3ヶ月受講した際の料金を比較する
  • 3ヶ月がない場合には、3ヶ月受講分の料金で算出
  • 3ヶ月コースが複数ある場合は、一番低い受講料金のwebアプリケーション開発コースの料金を使う
  • 入学金がある場合はそれもプラスして算出する

 

上記の条件をもとにプログラミングスクールの「料金相場」を算出していきます。以下、各スクールの3ヶ月受講の際の料金です。

 

各スクールの3ヶ月受講分の料金
  • CodeCamp:252,000円
  • TechAcademy:249,000円
  • DMM WEBCAMP:638,000円
  • GEEK JOB:298,000円(有料コースで算出)
  • TECH::CAMP:237,600円
  • TECH::CAMPエンジニア転職:424,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • TechBoost:274,200円
  • DIVE INTO CODE:194,455円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • ポテパンキャンプ:250,000円
  • 侍エンジニア塾:228,730円

2020年9月現在

上記10社のプログラミングスクールの3ヶ月間の受講金額を合計すると「3,045,985円」となりました。つまり、人気プログラミングスクール10社の3ヶ月受講料金の平均は「256,220円」でした。

つまりプログラミングスクールの受講料金の相場は「304,598円」となり、この料金よりも大きい場合は相場よりも高いと判断できますね。

現役エンジニアのタカ
僕が以前行っていたところは相場よりも5万くらい高いですね…!
わかりやすい様に相場より高いスクールと安いスクールで分けてみました。
相場より安いプログラミングスクール
  • DIVE INTO CODE:194,455円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • 侍エンジニア塾:228,730円
  • TECH::CAMP:237,600円
  • TechAcademy:249,000円
  • ポテパンキャンプ:250,000円
  • CodeCamp:252,000円
  • TechBoost:274,200円
  • GEEK JOB:298,000円(有料コースで算出)

2020年9月現在

相場より高いプログラミングスクール
  • TECH::CAMPエンジニア転職:424,000円(受講期間6ヶ月なので半額で算出)
  • DMM WEBCAMP:638,000円

2020年9月現在

尚、これはあくまでも3ヶ月コースに絞った時の結果で大凡の相場観です。

DMM WEBCAMPは4ヶ月コースにする事で給付金の対象になり最大で350,800円で受講が可能になるなど受講期間を増やす事で逆に安くなるなどもあります。

記事中では給付金なども織り込んだ本当にオススメのスクールが紹介されているのでこのまま読み進めてみてください。

受講料金が安いプログラミングスクールには要注意?

無料のプログラミングスクールの存在

プログラミングスクールの中には無料で通えるプログラミングスクールが存在します。

無料で通えるため「めっちゃいいやん、行こうかな・・・」と考えている方もいるかもしれませんが、安易に決めてしまう前に少し考える必要があります。

考えることは「なぜ無料なのか」です。

現役エンジニアのタカ
無料プログラミングスクールに関わらず、料金が安いスクールはどのように運営しているのかを知っておくこともスクールを選ぶ上では非常に重要です。

料金が安い理由は就職・転職サービス内容にあり

まずは無料プログラミングスクールの仕組みを簡単に説明していきます。

引用:プログラミングスクールは無料or有料どっちが良いの?|その仕組みとは

上記の図を見てわかる通り、無料プログラミングスクールは企業に受講生を紹介することでお金を得ていることが分かります。無料プログラミングスクールが運営できている理由もこれで納得ですね。

このように、無料のプログラミングスクールの収益源は就職・転職支援サービスによって支えられていることが分かります。

つまり無料のプログラミングスクールは、スクールから紹介された企業のどれかに就職・転職しなければならないという制約はあるものの、無料でプログラミングスクールに通えて、就職支援も付いてくるため至れりつくせりな面もあります。

現役エンジニアのタカ
とはいえ、無料スクールで1点だけ注意が必要なのが「スクールから紹介される企業にしか就職・転職できない」という点です。

「行きたい企業があって、どうしてもそこじゃないとダメだ」
「自分できちんと精査して選んだ企業に就職したい」

という気持ちがあるのであれば、受講料金が無料のプログラミングスクールはおすすめできません。

また、無料のプログラミングスクールの紹介する企業にはSESが非常に多い傾向もありモダンな自社開発に入ってエンジニアとして爆速で成長したいと考えている人にも不向きです。

まず、自分の希望が叶うスクールなのか精査してから、料金面のチェックをするといいですね!

ただ、どうしてもお金の用意ができない時もあると思います。

当然行動しないよりかは行動したほうがいいのでその際は転職した後も学習を続ける覚悟を持って無料スクールに通うようにしましょう。

プログラミングスクールを安い受講料金で利用する4大テクニック

無料体験レッスンの特典を利用する

「無料体験レッスンなんて参加しただけで営業かけられそう」と思っている方もきっといらっしゃいますよね。

実はプログラミングスクールの無料体験レッスンの多くは「スクールに入りませんか!?」と営業をかけられるはほぼありません。

むしろ「1週間の受講が無料」や「受講料金割引」などの特典がもらえることが多く、参加せずに契約する方が損してしまうケースが多いのです。

 

現役エンジニアのタカ
ちゃんと無料体験受けてから受講されました?
ヨウ
僕はしましたね!受講料金5%OFFの割引が受けられましたよ!
現役エンジニアのタカ
やっぱりやるべきですよね。もし知らない方がいるのであれば「無料体験レッスン8選まとめ【受講内容&特典】」を覗いてみてくださいね

 

季節ごとのキャンペーンを利用する

スクール博士
プログラミングスクール業界は、季節ごとにキャンペーンを頻繁に打ち出しているところが多いです

 

キャンペーンをよく打ち出している月
  • 年始の1月~2月
  • 春休みの3月
  • 年度始めの4月
  • 夏休みの7月~8月
  • 大晦日までの11月~12月

 

と、このように意外と年中キャンペーンをやっているのですが、これは全てのスクールできっちりキャンペーンが行われているわけではないので注意です!

ちなみに、よくキャンペーンを行っている人気スクールは以下で、

 

  • CodeCamp
  • TECH::CAMP
  • TechAcamdey
  • 侍エンジニア塾
  • TechBoost
  • DMM WEBCAMP
  • …etc

 

上記のプログラミングスクールはよくキャンペーンを打ち出しているのでチェックしてみるといいですね!

現役エンジニアのタカ
おすすめはキャンペーン中のプログラミングスクールの無料体験レッスン(カウンセリング)を受講して、特典とキャンペーン割引で受講料金を安くする方法を使うことです!

 

学割を利用する

現役エンジニアのタカ
プログラミングスクールは学生に優しい割引を用意しているところが多いんですよ!

学割は学生の特権。ということで、存分に学割を利用して料金を安くしていきましょう。キャンペーンを頻繁に行っているプログラミングスクールはだいたい学割も用意されているので必ずチェック!

 

ラボくん
だけど、質も高くて学割もやっているプログラミングスクールってどこなの?

 

と困っている方もいると思うので、また改めて「【学割・無料あり】大学生に圧倒的に支持されるプログラミングスクール厳選5校」という形で徹底的にまとめました!

学生はとにかくお金がないので、無料でも通えて質が比較的高いプログラミングスクールも合わせて紹介しています。チラッと覗いてみてくださいね。

分割払い・リボ払い

ラボくん
安いと言っても10万超えてくる額を一気に支払うことができない…

 

10万円を超えてくる高額な請求を一気に払うことができる人はそういません。(実際に僕も当時は一気に10万円請求されたら生活がかなり苦しくなります…)

そこで分割払いやリボ払いなどを駆使して月々の支払額を減らす以下の工夫がおすすめです。

 

  • リボ払いで毎月一定額のお金を支払う(例:毎月1万円ずつ)
  • 分割払いで支払い総額の一部を毎月払う(例:24回払い、36回払い) 

 

こうすると毎月の支払額が一定になり、少しずつの支払いになるので生活が苦しくなることがありません。

リボ払いについて

 

よく「リボ払いは危険だからやめな!」と言っている方もいるのですが、払える時期に一気に支払ってしまえば大きく損をすることはありません。

しかし100万円のリボ払いで5年,10年と払い続けていれば当然ですが、かなりもったいないです。

100万円規模のリボ払いでも、1年間で18万円程度の金利が乗っかることが普通なので、1年間は定額で払い、次の1年で全額返済するという計画をしっかり立てていれば、健全にリボ払いを活用することができます。

 

 

現役エンジニアのタカ
とはいえ、リボ払いは金利が高いので、できるなら分割払いでお支払いすることをおすすめします!最終手段としてリボ払いは残しておきましょう。

 

安い&質が高いプログラミングスクール5選

さて、ここまで色々と紹介してきましたが、ついに現役エンジニアが本気でオススメする安いけど質の高いプログラミングスクールを紹介します。

できる事ならここで紹介しているスクールには一旦全て無料カウンセリングを申し込んでみてその上でどのスクールが自分にあっているのか判断する事をオススメします。

※各スクールごとにオススメのコースのみを表にしてまとめています、他のコースなどが知りたい場合は各情報のチェック項目をクリックすると隠れている文章が表示されます。

【経済産業省認定】未経験でも給付金で激安「DMM WEBCAMP」

dmmwebcampトップページ参考:DMM WEBCAMP

受講料全額返金保証付きで給付金を使えば350,800円で受講可能なDMM WEBCAMP。

次に紹介するポテパンキャンプは受講前にHTMLやCSS、Rubyの基礎を独学で学習しなくてはいけませんが、DMM WEBCAMPは完全に未経験から受講できて転職できなければ返金してくれる返金保証も付いている非常に質が高いスクールな上に、給付金を使えば格安といっていいほど安いプログラミングスクールとなっています。

専門技術講座
言語HTML,CSS,Ruby,Ruby on Rails
受講費用828,000円(税抜)
*給付金利用で実質350,800円
受講期間4ヶ月
受講スタイルオフラインとオンラインの併用
受講対象完全未経験者向け
料金プランをチェック

dmm webcampの料金表参考:DMM WEBCAMP

複数コースがありますが、個人的には転職コース「専門技術講座」の受講がオススメです。

3ヶ月だとどうしても学習漏れが出てしまいますし、給付金を使う事で4ヶ月の方が安く受講することが可能になる為、4ヶ月の専門技術講座一択といってもいいでしょう。

尚、ここには書いていませんが夜間コースなどもあるので日中は仕事をしたい人やオンラインで受講したい人は無料カウンセリングで担当者に相談してみましょう。

特徴をチェック
DMM WEBCAMPのカリキュラムを進める流れ

dmmwebcampのスケジュール参考:DMM WEBCAMP

一般的にプログラミング学習と転職活動は最後と1ヶ月ぐらいに被りが発生するスクールが多いのですが、DMM WEBCAMPの場合は4ヶ月間しっかりとプログラミング学習に専念してその後にキャリアサポートを受けることができるカリキュラムになっていてエンジニア転職まで丁寧に導いてくれることがわかります。

DMM WEBCAMPのスケジュール

dmmwebcampのスケジュール参考:DMM WEBCAMP

完全未経験からの入学を想定している為、週6日フルタイムでプログラミング学習をしなくてはいけないので相当きついと思いますが、逆に言えばこれだけ勉強するのであれば希望とする企業への転職も確度が上がるというものです。

人生を変えるために本気でエンジニア転職を目指している人にとっては寧ろ歓迎といったところでしょうか。

DMM WEBCAMPの評判・口コミをチェック
編集部の分析結果をチェック

全額返金転職保証が付いているスクールが紹介してくれる就職先企業にはSESが多い傾向にありますが、口コミを見る限りDMM WEBCAMPは自社開発企業の紹介も多く、実際に受講生が就職している先も自社開発企業が多くありました。

質の高いカリキュラムとあれだけ過密なスケジュールを考えると納得ですが、他のスクールでは中々出来るものではありません。

完全未経験で受講することができ、尚且つ給付金の利用で350,800円で受講が可能ということを考えると間違いなくコスパ最強のプログラミングスクールと言えます。

【オンライン&通学】超実践型プログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

ポテパンキャンプポップページ参考:ポテパンキャンプ

自社開発への転職に特化した最も質の高いプログラミングスクールの1つであるポテパンキャンプです。

キャリアコースビギナーコース
コースECサイトの作成ECサイトの作成 + 1ヶ月のRailsチュートリアル学習
言語Ruby on RailsRuby on Rails
受講費用250,000円(税抜)
*エンジニア転職に成功で受講料無料!
300,000円(税抜)
*エンジニア転職に成功で受講料無料!
受講期間3ヶ月4ヶ月
受講スタイルオンラインオンライン
受講対象Railsチュートリアル学習済み向けHTML,CSS,Ruby学習済み
料金プランをチェック

ポテパン料金表参考:ポテパンキャンプ

個人的には選抜クラスのキャリアコース選抜クラスのビギナーコースを受講することをオススメしますが可能であれば4ヶ月間学習できる選抜クラスのビギナーコース

正直3ヶ月でポテパンの紹介してくれる自社開発への転職は不可能ではありませんが結構大変ですし多少余裕を持って選抜クラスのビギナーコースをおすすめします。

金額を抑えたいと考える人もいるでしょうがポテパンキャンプはポテパン経由で転職に成功すると受講料が全額キャッシュバックされるのですが、受講期間を短くしてポテパンの紹介してくれるレベルの会社から内定を逃すよりしっかりと勉強してポテパン経由で就職を決めたほうが最終的にはお得だったりします。

ですので、4ヶ月間しっかりととポテパンで学ぶことをおすすめします。

可能なら無料カウンセリングへ申し込みをしたと同時にプロゲートなどを可能な限り完走しておくと良く、Railsのチュートリアルまで入っていると尚良いです。

特徴をチェック
学べる事

ポテパンキャンプは超実践といってもいいほどレベルの高い内容に定評のあるスクールです。

開発環境を見ればわかるように、jQueryなど現場では使われていない記述は切り捨て必要なことをカリキュラムに組み込んでいます。

また、現役のエンジニアによるコードレビューもありコーディング能力も上がることは間違いありません。

ポテパンキャンプのカリキュラムを進める流れ

上記のようにまず基礎から入りアプリケーション開発は2回行われます。

うち一回は現役エンジニアとのチーム開発で、複数人でgitを使って開発する経験を得られるのは非常に実践的で評価できるポイントです。

昨今、人件費やリソースの問題で他のプログラミングスクールではチーム開発をカリキュラムから外しているところが多くなってきていますが、ポテパンキャンプは受講生が書くコードの品質を担保するために必要な事はカリキュラムから削ったりせず非常に好感が持てます。

ポテパンキャンプの評判・口コミをチェック
編集部の分析結果をチェック

ポテパンといえばやはり卒業生のコードの品質の高さが他のプログラミングスクールと比較して突出しているということが挙げられます。

個人的に入ったプロジェクトでポテパンの卒業生の話を聞く機会があったのですが、非常にレベルが高かったという話を実際に聞いたことがあります。

更に、就職支援に関してもポテパンのこだわりは凄いです。

SESの求人は排除して自社開発、もしくは自社開発&受託開発を行なっている企業の求人しか紹介していません。

一般的な無料スクールのような「とりあえず就職」と求人を斡旋するのではなく自社でしっかりとした基準を設けてスクール卒業生が後悔しないハイレベルな求人のみを取り扱っており、ポテパンキャンプは非常におすすめできるプログラミングスクールと言えます。

【オンライン型】人気と信頼性抜群の「CodeCamp」

引用:CodeCamp公式サイト

料金プランをチェック

引用:CodeCamp公式サイト

上記を見てみると、注目はレッスン回数です。1ヶ月で10回はレッスンを受けられる計算になるので、週に2回は少なくとも受けられるので他のスクールと比較しても週のサポートは他のスクールと比較しても十分すぎる回数だと判断できます。

また、プレミアムコースやプレミアムプラス以外のコースは料金が比較的リーズナブルな設定になっているため受講しやすくおすすめです。

特徴をチェック
学べるコースの種類

CodeCampは豊富なコース設定があり、スマホアプリからWebアプリ、システム関連言語、データサイエンス、ゲームプログラミングなど広範囲のプログラミング学習をカバーしています。

細かく分けられたコース設定があり、これが学びたい!…といったピンポイントな希望にも応えられるスクールです。リーズナブルに必要なスキルだけを選択して学習できるおすすめのプログラミングスクールです。

基本的なカリキュラムとしては以下のステップを繰り替えし行い、学習の理解を深めていきます。

CodeCampのカリキュラムを進める流れ

上記のように学習サイクルが決まっていて、繰り返し学習することでスキルが効率的に身につくサイクルが回るようなシステムになっています。この仕組みでオリジナルアプリ開発まで対応しているカリキュラムなので、以下のような素晴らしいスマホアプリやWebサービスを受講期間中にリリースすることができます。

CodeCamp受講生の開発実績
引用:CodeCamp公式サイト
CodeCampの評判・口コミをチェック

編集部の分析結果をチェック

編集部が注目しているのは、就職に強い点です。オンライン型のスクールだと就職支援が手薄なりやすいケースが多いのですが、CodeCampはオンラインでも転職実績が多数あるため地方にいる場合には特におすすめできるスクールです。オンラインでも就職できる仕組みの秘密は、専任でキャリアアドバイザーが1人1人の受講生に担当がつく点にあります。

他の就職支援しているスクールは、提携している企業に就職する場合だけサポートする形を取っている場合がほとんどですが、CodeCampの場合には行きたい企業があれば希望通りに内定をもらえるようにアドバイスをしてもらえる環境が整っています。

未経験からでも人気企業に内定をもらうケースもあるため「就職をしたい」と考えている場合にはすごくおすすめ出来るスクールと言えます。

【オンライン&通学】総合力の高いプログラマーになれる「TECH::CAMP」

引用:TECH::CAMP公式サイト

料金プランをチェック
TECH::CAMPの料金プラン

参考:TECH CAMP

TECH::CAMPの場合は、月額料金が19,800円とリーズナブルな反面、入会費用が198,000円と高めなので3ヶ月は最低でも継続するつもりで入らないと、他のスクールと比較するともったいない料金設定になっています。

とはいえ、安いことには変わりがないのと、プログラミング以外のプログラムがたくさんあり、ビジネススキルなども学べることを考えると受講料金以上の価値は十分にあります。

仮に半年間くらい通ってみっちり受講すればオールラウンドなプログラマーとして他のプログラマーよりも重宝される人材になることができますよ。

また、この料金でTECH::CAMPで開講している他のコースも全て受け放題となっているため例えば「将来の職業がプログラマーで本当に大丈夫なのかな・・・」とキャリアに不安がある方でも自信を持っておすすめできます。

特徴をチェック
TECH::CAMPで身につくスキル


参考:TECH CAMP

上記をみるとわかるように、ビジネススキルやプログラミングスキルなど数種類のノウハウが学べるコースの全てが入会費用198,000円と月額19,800円の料金に含まれているため、例えばデザインを学びつつ他のスキルに手を伸ばして学習が出来るような珍しいスクールです。

ちなみにおすすめの組み合わせは、「オリジナルサービス開発+Webデザイン」をTECH::CAMPで学ぶことです。料金は月額19,800円から増えることはないので、デザインとプログラミングの掛け算で、自分の市場価値を高めておくと仕事にも困らないのですごくおすすめです。

TECH::CAMPの評判・口コミをチェック

編集部の分析結果をチェック

編集部が注目したのは、様々なスキルが上記の料金で全て受けられるという点です。プログラマーになるためにはプログラミングスキルを身につけるだけでは足りません。プログラマーとして仕事を獲得するにもマーケティングスキルや営業スキルなど様々なスキルがあるとさらに市場価値が高まり、仕事獲得がしやすくなってきます。

例えばマーケティングができてコーディングができてデザインが出来るWebディレクターになることができれば明らかに多方面で需要があるので、仕事獲得がしやすくなりますし、高単価の案件を獲得することも可能となります。

そういった意味ではまずTECH::CAMPに入って総合的な能力を上げにいく戦略はかなりおすすめです。受講中に気が変わって小さく事業を起こしたいと思ってもできますし、柔軟性が効くのがキャリアの選択肢が広がることがTECH::CAMPの最大の魅力です。

【オンライン型】目指す職業や身に付けたいスキルが決まっている人におすすめ「TechAcademy」

引用:TechAcademy公式サイト

料金プランをチェック
「はじめてのプログラミングコース」の料金

料金プランで一番低価格で受講できるのが「はじめてのプログラミングコース」です。他にも数十種類のコースが用意されており、中にはWebマーケティングコースやWebデザインコースのようなプログラマーになれるコース以外のものも多数用意されています。

料金設定も非常に良心的で、24回まで分割払いが可能なので、月々数千円で受講することができます。

特徴をチェック

TechAcademyでは、実際に開発で使う開発サポートツールを使い、より実践に近い形で開発をおこなっていきます。また、リアルタイムチャットサポートと言われる瞬時の質問回答がTechAcademyの最大の特徴です。また、週2回のマンツーマンメンタリングでメンターからマンツーマンでサポートを受けることができるため、分からない箇所を集中的に教えてもらうこともできます。

TechAcademyの評判・口コミをチェック

編集部の分析結果をチェック

編集部として注目しているのは、目標としてTechAcademyコンテストがあることです。TechAcademyには、様々な部門でコンテストが用意されており、学習のモチベーションを支えています。コンテストで1位になると受講料が一切無料になるなどの特典もあるので正直燃える方も多いですよね。

受講中は、学習教材の質ももちろん大事ではあるのですが、それよりもモチベーションをいかに保って学習をし続けられるかがキモとなってきます。学習前に目標設定をしていても、目標達成にずっとモチベーションを感じられる人は少ないかもしれません。

まとめ

「安い&質が高いプログラミングスクール5選【貧乏学生・会社員向け】」はいかがでしたか?

実際に貧乏社会人だったからこそ今回の記事は、より熱を込めてお伝えすることができました…!

 

現役エンジニアのタカ
お金がない中での挑戦はかなり過酷だけど、この記事が少しでも役立ってくれるといいですよね
スクール博士
本当にそう思う!お金がないからと諦めずに自分に投資できるかどうかで未来はかなり変わります
現役エンジニアのタカ
ほんとですよね。僕もプログラミングスキルに投資して本当に人生変わりました

 

受講料金が高い分、プログラミングスクールに通う選択はそれなりの勇気が必要です。

しかしそこから一歩踏み出すことができたら、あなたの将来は劇的に変わってくることは間違いないです。

 

転職することにフォーカスするなら↓

【激推し】おすすめのプログラミングスクール4つを比較!現役エンジニアが徹底評価

[関連記事] 【無料あり】オンラインプログラミングスクール特徴別ランキング比較13社


「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?

ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!

スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/



プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…

スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?

ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)

スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/