経験者が語る!スマホアプリ開発に強いプログラミングスクールTOP3

どうも!プログラミングスクールを受講してアプリ開発にハマってしまったヨウです!この記事を見ている方は[ アプリ開発 スクール ]などと検索している方ではないでしょうか?そんなあなたであれば、

「スマホアプリ開発で一攫千金を狙いたい」
「オリジナルアプリ開発スキルを習得して仕事を獲得したい」
「スマホアプリ開発エンジニアとして転職してみたい」

こんなこと、考えてしまいますよね。(…経験談)

想像してみてください。もし自由にアプリ開発ができれば、小さくでも起業することもできるようになったり、転職・独立も手の届く範囲にステージアップできるので、人生の幅がグンと広がっていきます。

仕事としてゴリゴリ開発に携わることもできるし、趣味的にアプリ開発に没頭することも夢ではないわけです。正直、アプリ開発スキルは持っておくだけで「あったらいいな」をすぐに形にすることができるため、控えめに言って日常がさらに楽しくなります。

仕事の帰り道に「こんなの作ってみよう」「こんな機能あったらめっちゃ便利やな」「このサービスリリースできたらヤバい・・・自慢したい…!!」

こんなことを考えながらニヤニヤできるわけです。最高に楽しいですよ…!

そこで今回は、スマホアプリ開発スキルを短期間で身につけて「ニヤニヤ」するために最適なプログラミングスクールを厳選してTOP3をご紹介します!

この記事はプログラミングスクール受講経験者であり、仕事でもプログラミングを扱っている筆者が解説していますので、信頼性は保証します

スマホアプリ開発におすすめのプログラミング言語【結論】

世の中には200言語以上プログラミング言語は存在していて、アプリ開発ができる言語は無数に存在するため、それを一から全て紹介するだけでは、この記事の意味がありません。

そこで今回、結論としてアプリ開発する際にはどの言語を学べばいいのかを断言します。

主に学習すべき言語は2択で

  1. Swift
  2. Java

この2つです。それぞれどんなアプリ開発に適しているかというと、

  • Swift → iPhoneアプリ開発
  • Java → Androidアプリ開発

このように分類されています。ちなみに、iPhoneアプリとAndroidアプリのシェア率はどちらが多いのか、言語選定にも参考になりますよね。早速、2019年1月時点の日本国内のシェア率のデータをみてみると、

引用:iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2019年3月】

次に世界のシェア率も同時にみていきましょう!

引用:日本のiPhone比率は世界一!米国よりなんと30%もシェアが高いのはなぜなのか?

世界的に見ると、日本と違いAndroidのシェアがダントツで高いことがわかりますね。日本の市場的にはiOSの需要も高いので、iPhoneアプリ開発もそこそこ需要があると言えそうです。

なので結論、日本でアプリ開発をしたいならおすすめの言語は「Swift」、世界も視野に入れてアプリ開発をやっていきたい場合には「Java」をおすすめします!

スマホアプリ開発に強いスクールを見極める方法

スマホアプリ開発をしたくてウズウズしているかもしれませんが、プログラミングスクールを選ぶ際に、テンション上がってよく考えずに飛びついてしまう方も少なくないわけで。。よく考えずにスクール受講して、望んでいた結果を得られなかった・・・といったことは少なくないんですよね。。

アプリ開発に強いスクールを見極めるためには「Swift」を扱っているかどうかでかなり絞り込めます。

なぜ「Swift」なのかというと、Javaに比べて「Swift」を教えているスクールが極端に少なく、Swiftを対応言語に追加している時点でスマホアプリ開発に注力している証拠でもあるからなんですね。そこからさらに、自分に合ったスマホアプリ開発に強いプログラミングスクールを絞り込んで選ぶためには、以下の記事を参考にスクール選びしてみるといいですよ。

費用対効果が高いプログラミングスクールの選び方6項目まとめ

2019.02.15

スマホアプリ開発に強いプログラミングスクールTOP3

スマホアプリ開発に強いスクールを選定する際の評価基準

スクールの優劣をつける上で評価基準を明確にしておく必要があります。今回の記事では、スマホアプリ開発に強いスクールを厳選するため「Swift」が対応言語に入っているスクールを以下の評価基準でランキング化しました。

ランキング化する上での評価基準

  • マンツーマンレッスンの有無
  • オンラインor 対面の受講形式の有無
  • 1週間の受講可能回数
  • 転職・就職サポートの有無
  • 案件獲得サポート(独立サポート)の有無

スマホアプリ開発に強いプログラミングスクールTOP3

先ほど示した評価基準をもとにランキング化した結果、以下のランキングになりました!あくまでもサービス内容の比較でランキング化したかったので、料金は評価基準に含まれていません。もし料金設定が気になる場合には、スクール名をクリックして、公式サイトを覗いてみましょう!

順位スクール名マンツーマンレッスン受講形式1週間の受講回数独立支援転職支援
1位CodeCamp無制限
2位TechAcademy2回
3位侍エンジニア塾1回
番外編TECH::EXPERT質問のみ

※マンツーマンレッスン ◎:担任制マンツーマンレッスン ◯:マンツーマンレッスン △:質問対応のみ
※受講形式 ◎:対面&オンライン対応 ◯:オンラインのみ対応
※独立支援 ◎:案件獲得良い評判あり ◯:案件獲得サポートあり、評判なし ×:サポートなし
※転職支援 ◎:良い評判あり ◯:サポートあり ×:サポートなし
※番外編のTECH::EXPERTはスマホアプリ開発に対応してないのですが、サポート力が高いためスマホアプリ開発にこだわっていない場合におすすめ出来るスクールとして載せています。

ラボくん
おお〜!受講回数に結構開きがあるんだね〜!
スクール博士
そうなんじゃよ。やっぱり1週間の間で受講できる回数が多いと、隙間なく学習できて効率的だからおすすめじゃよ
ラボくん
そうなんだ〜!侍エンジニア塾は最下位なんだね。。あんまりおすすめできないのかな・・・
スクール博士
そんなことないぞ!担任制マンツーマンレッスンなど侍エンジニア塾にしかない魅力はあるから、それぞれを比較してみるといいぞ

今回、上記の評価基準をもとにランキング化しましたが、1位だから良い、最下位だから悪いという評価ではありません。まずはしっかりと自分に合っているかどうかを見極めるために、各スクールの無料体験レッスンに行くことをおすすめします。

大手企業の人気プログラミングスクール無料体験レッスンまとめ

2018.12.21

【1位】CodeCamp

引用:CodeCamp公式サイト

アプリマスターコースの料金プラン

アプリマスターコースの料金プラン
引用:CodeCamp公式サイト

上記の料金プランは、アプリ開発に必要な言語だけを学ぶ「アプリマスターコース」の料金プランです。「料金が高いな・・・」と考えている場合には、CodeCampローンという分割払いが使えるため、最大36回払いでお支払いをすることができますよ!

カリキュラムの内容

CodeCampで身に付けられるスキル
引用:CodeCamp公式サイト

上記のJava、Swiftの両方を学ぶカリキュラムになっています。スマホアプリ開発のカリキュラムがあるスクールでSwiftとJavaの両方を学べるカリキュラムは珍しいです。スマホアプリの需要は急速に変わっていくため両方の言語をマスターしておくことで時代の流れに対応できる人材になれるカリキュラムとなっています。

また、CodeCampの特徴としては転職保証のサービスもやっていたこともあり転職に特に強いスクールと言えます。オリジナルアプリ開発も転職ができるようにカリキュラムも組まれているため質の高いポートフォリオが制作できる環境が整っています。以下は、アプリ開発の例です!

CodeCamp受講生のアプリ開発実績
引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目したいのは、転職に強い点です。オンラインのスクールだと転職サポートが手薄なりやすいケースが多いのですが、CodeCampはオンラインでも転職実績が多数あります。その秘密は、専任でキャリアアドバイザーが1人1人の受講生に担当がつく点にあります。

他の転職をサポートしているスクールは、提携している企業に就職する場合だけサポートする形を取っている場合がほとんどですが、CodeCampの場合には行きたい企業があれば希望通りに内定をもらえるようにアドバイスをしてもらえる環境が整っています。未経験からでも人気企業に内定をもらうケースもあるため「転職をしたい」と考えている場合にはすごくおすすめ出来るスクールと言えます!

【2位】TechAcademy

引用:TechAcademy公式サイト

iPhoneアプリ+Androidアプリセットの料金プラン

スマホアプリ言語セットの料金プラン
引用:TechAcademy公式サイト

セット料金でも他のスクールと比べて安いと思える料金プランですね。さらにおなじみの分割払いも24回まで出来るため月々の支払いも支払い可能なレベルまで落とすことができます。また、学割が大きく効く点も注目で、大学生に特におすすめできるスクールと言えます。

カリキュラムの内容

身に付けられるスキル
引用:TechAcademy公式サイト

TechAcademyでは、実際に開発で使う開発サポートツールを使い、より実践に近い形でアプリ開発をおこなっていきます。また、リアルタイムチャットサポートと言われる瞬時の質問回答がTechAcademyの最大の特徴です。また、週2回のマンツーマンメンタリングでメンターからマンツーマンでサポートを受けることができるため、分からない箇所を集中的に教えてもらうこともできますよ。

TechAcademyの評判・口コミ

編集部コメント

編集部として注目しているのは、目標としてTechAcademyコンテストがあることです。TechAcademyには、様々な部門でコンテストが用意されており、学習のモチベーションを支えています。コンテストで1位になると受講料が一切無料になるなどの特典もあるので正直燃える方も多いですよね。

受講中は、学習教材の質ももちろん大事ではあるのですが、それよりもモチベーションをいかに保って学習をし続けられるかがキモとなってきます。学習前に目標設定をしていても、目標達成にずっとモチベーションを感じられる人は少ないかもしれません。

【3位】侍エンジニア塾

引用:侍エンジニア塾公式サイト

料金プラン

侍エンジニア塾の料金プラン
引用:侍エンジニア塾公式サイト

料金設定的には紹介しているスクールの中でもトップクラスですが、学割や様々なキャンペーンを頻繁に行っているため結果的に上記の料金より低価格で受講することができます。

カリキュラムの内容

受けられるサポート
引用:侍エンジニア塾公式サイト

上記のプランには対応言語として書いてないですが、SwiftやJavaを扱うフリーランスエンジニアは在籍していますので、スマホアプリ開発を侍エンジニア塾で対応できるそうです。侍エンジニア塾の特徴としては、フルオーダーメイドカリキュラムといった自由が高いカリキュラムが組める点が大きいです。さらに担任制のマンツーマンレッスンでフリーランスエンジニアの講師を独り占め出来るわけなので、かなり濃密な授業となります。

また、転職サポートの他に、フリーランス案件獲得サポートがあるため進路も自由に選ぶことができる点も見逃せないポイントとなっています。

侍エンジニア塾の評判・口コミ

編集部コメント

編集部として侍エンジニア塾に注目している点としては、無料体験レッスンの充実さです。他のスクールと比較してもダントツで特典内容が濃いものになっています。

侍エンジニア塾の無料体験レッスン参加特典
  • 指導実績7000名のデータから作った学習と仕事獲得ノウハウが詰まった電子書籍(非売品)
  • あなただけの効率的なフルオーダーメイドの学習カリキュラム
  • 独立支援サービス(フリーランス案件獲得や起業相談)
  • Amazonギフト券1000円分

「学習方法がなんだか自分に合っていない」
「独学でも未経験からフリーランス案件を取る方法が知りたい」

などなどある場合にはまず、侍エンジニア塾の無料体験レッスン(オンライン可)で聞いてみることをおすすめします。基本的に独学で出来る方法を聞いたら教えてくれるのでスクールに入塾しなくても行ってみるだけで重要な情報が得られて悩む時間が大幅に短縮されますよ!

【番外編】TECH::EXPERT

引用:TECH::EXPERT公式サイト

料金プラン

TECH::EXPERTの料金プラン
引用:TECH::EXPERT公式サイト

上記の料金がエンジニアとしてフリーランス・転職どちらかになれる料金プランです。TECH::EXPERTでは24回払いまで可能なので、月額29,000円で始められます。確かにきつい出費ですが、エンジニアになればペイできることを考えると投資としては費用対効果が高いので検討してみるのもいいでしょう。

カリキュラムの内容

サービス内容
引用:TECH::EXPERT公式サイト

TECH::EXPERTでは、オリジナル教材を提供してもらえる他、14個のサービスを提供してもらえるため、転職もしくはフリーランスになるという成果までサポートしてもらえる万全の体制が整っています。また、TECH::EXPERTは、実際に僕が受講したスクールの1つでもありますが、以下のオリジナルカリキュラムで基礎から応用的なプログラミングスキルを身につけることができます。

実際にやっていたEXPERTカリキュラム

上記のカリキュラムでChatWorkのようなチャットアプリを作ることが出来るまでにレベルアップできます。チャットアプリが作れるようになれれば、実際の開発現場に入っても応用でなんとかなるレベルまでこれるため、5000回以上の修正が加えられたこのカリキュラムは本当におすすめできる質でした。

TECH::EXPERTの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目している点としては、転職・フリーランス案件保証をしている点です。特に珍しいのはフリーランス案件の保証をしている点。転職の場合には、成果地点が明確なので保証しているスクールがいくつかあるのですが、フリーランス案件を獲得することを保証していることでTECH::EXPERTのサポートに自信がうかがえます。

実際に、TECH::EXPERTを通っていた僕としては、受講者のフリーランス案件の獲得はそう難しくないのかもしれないと感じました。濃密なカリキュラムを進めることだけではなく、受講者がペアになって共同開発するプログラムも入っているため現場に近い形で開発の練習を積むことができます。

さらに専任のキャリアアドバイザーが進路について徹底的にサポートしてくれるため転職に至っては98.5%の転職成功率を誇っている点はフリーランス案件獲得にも役立っていました。

まとめ

おすすめのスクールの中でもアプリ開発に強いスクールを厳選してご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?今回の解説をもとにスクールの特徴を簡潔にまとめると、

ご紹介したスクールの特徴
  • CodeCamp:転職に強くiOSとAndroidの両方を習得出来る
  • TechAcademy:料金が安くiOSとAndroidの両方を習得出来る
  • 侍エンジニア塾:フリーランス案件に特に強くカリキュラムの自由度も一番高い
  • TECH::EXPERT:スマホアプリ開発以外であれば一番おすすめ

となりますので、また比較してみると面白いですよ。以下のボタンから戻って比較してみましょう。


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/