「Pythonでできること」を博士が多角的に徹底解説【具体例あり】

どうも!プログラミング研究所のヨウです!

この記事を見ている方は[ Python できること ]で検索してこの記事に辿り着いているのかもしれませんね。そんなあなたは、

「Pythonで何ができるのか知ってこれからPythonを学ぶか検討したい」
「Pythonでできることを把握して作るものを決めたい」

こういった願望があると思い、今回は「Pythonでできること」を多角的に解説していこうと思います。では、早速いってみましょう!

この記事で得られること
  • Pythonでできること
  • Pythonでできることの具体例
  • Pythonで就ける職業
  • Pythonでできる副業

Pythonでできること

Pythonでできること一覧

Pythonでできること一覧
  • Webサイト制作
  • SNS開発
  • ショッピングサイト(ECサイト)
  • スマホアプリ開発
  • Webサービス開発
  • フィンテック・ブロックチェーン開発
  • データ収集・分析
  • 機械学習・人工知能開発

早速、Pythonでできることの一覧を見てもらいましたが、いかがでしょうか?

他の言語と比較してもかなり守備範囲が広い言語であることがよくわかります。特にPythonが持つ一番の特徴はデータ収集・分析、機械学習・人工知能開発などに特出していることが挙げられます。

200種類以上の言語がある中で近年はPython人気が爆発的に増えているのもこうした人工知能の反映が大きく影響していると断言できますね。

「いろいろできることは分かったけど、まだイメージがついていない・・・」

そんな方もいますよね、、なので、次にPythonでできることの具体例をご用意してますので、覗いてみましょう。

Pythonでできることの具体例

Pythonでできることはたくさんあって全ての具体例を解説するといつこの記事が終わるのか検討もつかないくらい長くなっちゃいますので、主要な具体例をご紹介していきます。

Youtube

引用:YouTube

こちらは誰もが知っている動画サービス「YouTube」です。1 分あたり約100時間分の動画が YouTube にアップロードされており、それだけの膨大なデータ量を処理できるPythonはデータに強い言語であることは言うまでもないですね!

処理速度も早く、文法もシンプルなのでエラーも少ないし、共同開発向きであることがYouTubeという大型の動画サイトで採用されている理由の1つと言えますね。

Dropbox(ドロップボックス)

引用:Dropbox

ドロップボックスは、クラウド上(Web上)でデータを保管できるオンラインストレージサービスです。

ドロップボックスのようなオンラインストレージサービスは、いろいろな環境で同じようにアクセスできて動作もできるようなものでなくてはいけません。それはiPhoneやPC、タブレットでも同様に行うことができることがオンラインストレージサービスの持ち味です。

PythonにはGUIツールキットというものがたくさん用意してあり、こうした多くの環境に対応しやすく、非常に利便性が高い言語と言えますね。

Google(グーグル)

引用:Google

次はgoogleです。これはもう説明不要かもしれませんが、日本で一番使われている検索エンジンの1つです。

Googleは早い段階から、Pythonをオフィシャル言語として採用してきました。GitHubというコード管理ツールではgoogleが使用していたオープンコードを見ることができますが、そこでもPythonで開発された痕跡が数多くあり、Pythonを重宝していることがよくわかります。

Instagram(インスタグラム)

引用:Instagram

写真共有サイトとして世界中で人気が高いInstagramですが、このサイトもPythonで開発されています。

InstagramはPythonのWebフレームワークとしてよく使われている「Django(ジャンゴ)」が使われています。このフレームワークを使うとWebアプリケーションが短時間で高品質なものが作れるようになります。

Instagramの場合には、ユーザー数が急激な速度で成長してしまったためにデータ量も膨大で対応が難しいと考えてしまうところですが、Pythonはそうしたスケールアップにも柔軟に対応できる優れた言語のため順調にサービスを成長させることができました。

【シーン別】Pythonでできること

【就職・転職編】Pythonで就ける職業

Pythonはフレームワークやライブラリという拡張機能のおかげで様々なものが得意な言語です。近年注目度が高まっている理由は人工知能開発や機械学習などですが、Web系のサービスにも重宝されておりオールラウンドな言語として幅広く使われています。

また、Pythonを使う方の中にはマーケティング職の方もたくさんいて、その理由がデータ収集や分析に強い言語であるという特徴から使っている方がいます。

また、データ分析のスペシャリストとして「データサイエンティスト」という欧米で人気の高い職種にも就くことができます。ちなみに日本でもデータサイエンティストの募集を行っているところは続々と増えてきており、希少価値も高いので年収もかなり高い職種になります。

【副業編】Pythonでできること

Pythonで副業できること
  • データ解析システム開発
  • マーケティングシステム開発
  • ECサイト作成
  • メディアサイト追加機能開発
  • 人工知能開発
  • 機械学習機能実装
  • マーケティングのデータ基盤構築

上記はPythonの開発案件で副業する際の主な例になります。様々な求人サイトやフリーランス案件サイトで開発の案件がゴロゴロしており、特にPythonは需要が高いため開発経験が1年未満でも1から自分で開発したポートフォリオがあれば副業できる可能性はあります。

Pythonは近年人工知能開発などを中心によく使われる言語なので、十分案件獲得は可能ですが、開発案件以外にも仕事獲得できるものはあり、それは別の記事で解説しているので覗いてみましょう。

【起業編】Pythonでできること

「起業するのにプログラミングスキルって必要ないんじゃないの?任せればいいじゃん」

そう思うかもしれませんが、それは大間違いで現代の起業シーンにはかなり必要なものになってきています。

プログラミングスキルは、自分で開発するだけではなく、依頼する場合にも必ず必要なものになってきています。逆に知らないと依頼が検討外れなものになってしまったり、出戻りが多くなってしまいコストがより多くかかってしまいます。

プログラミングスキルを身に付けて起業時に役立つことはアプリ開発や人工知能開発ができるスキルではなく、依頼できる知識面です。また、プログラミングの知識があると、起業のアイデアも浮かびやすいので、一石二鳥ですね!


「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?

ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!

スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/



プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…

スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?

ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)

スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/


ABOUTこの記事をかいた人

過去にプログラミングスクールを4社(2020年1月現在)を受講し、プログラミングスクールで2年間お仕事もしていました。現在は、本業を複数持つパラレルワーカーとして「マーケティング×プログラミング」のスキルを活かしてお仕事をしています。 いつも「記事が参考になった」とご連絡していただきありがとうございます。そう言っていただけると本当に励みになります。