「Rubyでできること」を博士が多角的に徹底解説【具体例あり】

どうも!プログラミング研究所のヨウです!

この記事を見ているということは[ Ruby できること ]で検索されて見ているのかもしれませんね。この記事を見ているあなたには

「Rubyで何ができるのか知ってRubyを学習するか検討したい」
「Rubyでできることを把握して作るものを決めたい」

こういった願望があると思い、今回は「Rubyでできること」を多角的に解説していこうと思います。では、早速いってみましょう!

この記事で得られること
  • Rubyでできること
  • Rubyでできることの具体例
  • Rubyで就ける職業
  • Rubyでできる副業

Rubyでできること

Rubyでできること一覧

Rubyでできること一覧
  • Webサイト制作
  • ショッピングサイト(ECサイト)
  • SNS
  • Webサービス(Webアプリ)
  • チャットボット
  • ゲーム制作
  • スクレイピング

早速、Rubyでできることの一覧を見てもらいましたが、いかがでしょうか?

本当に広範囲の開発に使われていることが分かりますね!特に、Web系の開発にはRubyが重宝されています。実際に、僕もRubyでアプリを開発していた経験があるのですが、とてもスピーディーに開発が進むので初学者に特におすすめできる言語ですね。

「いろいろできることは分かったけど、まだイメージがついていない・・・」

そんな方もいますよね、、なので、次にRubyでできることの具体例をご用意してますので、覗いてみましょう。

Rubyでできることの具体例

Rubyでできることはたくさんあって全ての具体例を解説するといつこの記事が終わるのか検討もつかないくらい長くなっちゃいますので、主要な具体例をご紹介していきます。

上記は料理をする人なら誰もが知っているクックパッドです。このクックパッドもRubyで開発されたものです。僕も料理をするときに大変重宝しています。すごく下手ですけどね。。

Airbnbは、世界最大級の民宿のプラットフォームでこちらのサイトにもRubyが使われています。シンプルですが、デザイン性も高いサイトで非常に使いやすいですね。

Airbnbは、日本はもちろん、海外で宿泊先を探すときに重宝されているサイトです。最近さらに人気が出てきて、個人でも民宿をオープンする人が次々と出てきています。

こんなニュースサイトもRubyで作れたりします。ニュースサイトはアクセスも膨大になるので、そのアクセスにも耐えられるデータ耐性が必要です。そのくらいRubyにはキャパがあるってことですね。

シンプルな中にも機能性が満載でユーザーに使いやすい設計になっていますね。個人でニュースサイトを作る際にもRubyの活用はおすすめです!

こちらはクラウドワークスというビジネスマッチングプラットフォームです。お仕事を依頼したり、依頼を受けたりできるサイトですね。そんあマッチングサイトもRubyで開発することができます。

クラウドワークスのようなマッチングサービスは改善のために仕様変更されることも多く、Rubyによるシンプルな記述方法やスピーディーな開発が好まれています。

TwitterのようなSNSもRubyで開発することができます。現在はScalaという言語で開発されていますが、最初の段階ではRubyのフレームワークであるRuby on Railsで開発されており、先ほどまでご紹介してきたWebサイトやアプリケーションはRuby on Railsによるものが多いです。

特にRuby on Railsはスタートアップのようなスピード感が重要視される開発現場では特に重宝されています。

こちらは映画やドラマ、アニメが見放題のhuluというサイトです。こちらももちろん、Rubyで開発されています。ひと昔前はこのような動画主体のサイトはデータ量が重くて世の中で流行らせるのは難しいとされてきていましたが、今ではサクサク動く動画サイトがバンバン出てきており、その中の一つがhuluという位置づけです。

【シーン別】Rubyでできること

【就職・転職編】Rubyで就ける職業

Rubyは基本的には、Web系に強い言語なので、Webエンジニアやアプリケーションエンジニアが最有力候補です。ですが、Rubyの技術の中にスクレイピングという技術があり、ネット上にある情報を自動で収集する技術のことです。

そのスクレイピングやサイト改善のためにRubyでアプリケーションを制作するスキルでマーケティング職にも就くことができます。ちなみに僕はこのマーケティング職につきましたよ!

【副業編】Rubyでできること

Rubyで副業できること
  • Webオークションシステム開発
  • データ解析システム開発
  • マーケティングシステム開発
  • ファンクラブサイト作成
  • ECサイト作成
  • キュレーションサイト作成
  • メディアサイト追加機能開発

上記はRubyの開発案件で副業する際の主な例になります。様々なサイトやアプリ開発の案件がゴロゴロしてますので、Rubyで1からアプリ開発できるようになれば副業できるレベルに到達します。

Rubyは近年スタートアップでよく使われる言語なので、十分案件獲得は可能ですが、開発案件以外にも仕事獲得できるものはあり、それは別の記事で解説しているので覗いてみましょう。

プログラミング初心者でも副業で月10万を継続的に稼ぐ5つの戦略

2019.05.24

【起業編】Rubyでできること

「起業するのにプログラミングスキルって必要ないんじゃないの?任せればいいじゃん」

そう思うかもしれませんが、それは大間違いで現代の起業シーンにはかなり必要なものになってきています。

プログラミングスキルは、自分で開発するだけではなく、依頼する場合にも必ず必要なものになってきています。逆に知らないと依頼が検討外れなものになってしまったり、出戻りが多くなってしまいコストがより多くかかってしまいます。

プログラミングスキルを身に付けて起業時に役立つことはアプリ開発ができるスキルではなく、依頼できる知識面です。また、プログラミングの知識があると、起業のアイデアも浮かびやすいので、一石二鳥ですね!

Rubyが学べるプログラミングスクールおすすめ5選

【オンライン制就職支援付き】人気と信頼性抜群の「CodeCamp」

引用:CodeCamp公式サイト

料金プラン

CodeCamp料金プラン
引用:CodeCamp公式サイト

上記を見てみると、注目はレッスン回数です。1ヶ月で10回はレッスンを受けられる計算になるので、週に2回は少なくとも受けられるので他のスクールと比較しても週のサポートは十分だと判断できます。また、プレミアムコースやプレミアムプラス以外のコースは料金が比較的リーズナブルな設定になっているため受講しやすくおすすめです。

スクールの特徴

学べるコースの種類

CodeCampは豊富なコース設定があり、スマホアプリからWebアプリ、システム関連言語、データサイエンス、ゲームプログラミングなど広範囲のプログラミング学習をカバーしています。細かく分けられたコース設定があり、これが学びたい!…といったピンポイントな希望にも応えられるスクールです。リーズナブルに必要なスキルだけを選択して学習できるおすすめのプログラミングスクールです。

基本的なカリキュラムとしては以下のステップを繰り替えし行い、学習の理解を深めていきます。

CodeCampのカリキュラムを進める流れ

上記のように学習サイクルが決まっていて、繰り返し学習することでスキルが効率的に身につくサイクルが回るようなシステムになっています。この仕組みでオリジナルアプリ開発まで対応しているカリキュラムなので、以下のような素晴らしいスマホアプリやWebサービスを受講期間中にリリースすることができます。

CodeCamp受講生の開発実績
引用:CodeCamp公式サイト

CodeCampの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目しているのは、就職に強い点です。オンライン型のスクールだと就職支援が手薄なりやすいケースが多いのですが、CodeCampはオンラインでも転職実績が多数あるため地方にいる場合には特におすすめできるスクールです。オンラインでも就職できる仕組みの秘密は、専任でキャリアアドバイザーが1人1人の受講生に担当がつく点にあります。

他の就職支援しているスクールは、提携している企業に就職する場合だけサポートする形を取っている場合がほとんどですが、CodeCampの場合には行きたい企業があれば希望通りに内定をもらえるようにアドバイスをしてもらえる環境が整っています。未経験からでも人気企業に内定をもらうケースもあるため「就職をしたい」と考えている場合にはすごくおすすめ出来るスクールと言えます。

【通学&オンライン】最新技術と転職に強い「TECHBOOST」

参考:TechBoost公式サイト

料金プラン

TechBoostの料金プラン
引用:TechBoost公式サイト

テックブーストの料金プランとしては、入学金と月額料金の両方がかかってきます。学習期間としては、最低でも3ヶ月は学習することが規定されているので、社会人なら3ヶ月間で309,800円、学生なら3ヶ月間で209,800円の料金が最低でもかかってくることを頭に入れておきましょう。

スクールの特徴

一番の強みは、最先端技術をカリキュラムに取り入れていることです。特にAIやIoT、ブロックチェーンなど今後必要になる最先端技術も学べるスクールは珍しいため、もし少しでも気になっているのであれば無料体験レッスン受講をおすすめします!

また、あまり知られていないのがTechBoostはプログラミングスクールを主体にした会社が運営しているわけではなくて、人材事業に強いBranding Engineer社が運営しています。そのため、TechBoostで受講した方は高い確率で就職・転職に成功しています。

そんなTechBoostでは、大きく2つのコースに分かれており、

  • Webコース
  • イノベーティブコース

それぞれ学べることが違っていて、WebコースはWebサイトやWebアプリ開発ができるコース、最先端技術を学びたい方は以下のイノベーティブコースがおすすめです!

イノベーティブコースで学べること
  • BlockChain(ブロックチェーン)
  • AI(人工知能)
  • IoT

最新技術を学ぶことはなくても、最新技術を教えているTechBoostの技術力は本物なので、就職・転職実績もうなづけますね。ちなみに大手スクールよりも先にこのBlockchainやAIのコースを開設していたため、もしAIやBlockChain(ブロックチェーン)を学びたいと考えている場合には、かなりおすすめできるスクールです。

スクール博士
さらにイノベーティブコースとWebコースを掛け合わせて、起業のためのカリキュラムを作ることも可能なので、柔軟性も高いぞ

TechBoost(テックブースト)で未経験から就職・転職できるか徹底調査

2018.10.04

TECHBOOSTの評判・口コミ

編集部コメント

テックブーストは、最先端技術を扱っている点で注目されることが多いですが、実はHRに強い企業なので、転職や独立支援はかなり評判が良いです。実際にHR事業として、「TECH STAR AGENT」や「MIDWORKS」などの転職や独立のためのWebサービスも充実しているため、他のスクールよりも転職、独立のノウハウが蓄積されており、実際に実績として現れ始めているのがテックブーストの大きな強みだと判断できます。

また、受講形式としては教室利用もオンライン受講も可能なので、進捗具合を見ながら対面でやりたい時には教室利用、自宅で集中したい時にはオンライン受講と分けて学習出来る環境も地味に便利なスクールだと言えます。

【通学&オンライン】高い総合力のビジネスエンジニアになれる「TECH::CAMP」

引用:TECH::CAMP公式サイト

料金プラン

TECH::CAMPの料金プラン
引用:TECH::CAMP公式サイト

TECH::CAMPの場合は、月額料金が14,800円とリーズナブルな反面、入会費用が148,000円と高めなので3ヶ月は最低でも継続するつもりで入らないと、他のスクールと比較するともったいない料金設定になっています。

また、この料金でTECH::CAMPで開講している他のコースも全て受け放題となっているため例えば「将来の職業がプログラマーで本当に大丈夫なのかな・・・」とキャリアに不安がある方でも自信を持っておすすめできます。

スクールの特徴

TECH::CAMPで身につくスキル

引用:TECH::CAMP公式サイト

上記をみるとわかるように、ビジネススキルやプログラミングスキルなど数種類のノウハウが学べるコースの全てが入会費用148,000円と月額14,800円の料金に含まれているため、例えばデザインを学びつつ他のスキルに手を伸ばして学習が出来るような珍しいスクールです。

ちなみにおすすめの組み合わせは、「オリジナルサービス開発+Webデザイン」をTECH::CAMPで学ぶことです。料金は月額14,800円から増えることはないので、デザインとプログラミングの掛け算で、自分の市場価値を高めておくと仕事にも困らないのですごくおすすめです。

TECH::CAMPの評判・口コミ

編集部コメント

編集部が注目したのは、様々なスキルが上記の料金で全て受けられるという点です。プログラマーになるためにはプログラミングスキルを身につけるだけでは足りません。プログラマーとして仕事を獲得するにもマーケティングスキルや営業スキルなど様々なスキルがあるとさらに市場価値が高まり、仕事獲得がしやすくなってきます。

例えばマーケティングができてコーディングができてデザインが出来るWebディレクターになることができれば明らかに多方面で需要があるので、仕事獲得がしやすくなりますし、高単価の案件を獲得することも可能となります。

そういった意味ではまずTECH::CAMPに入って総合的な能力を上げにいく戦略はかなりおすすめです。受講中に気が変わって小さく事業を起こしたいと思ってもできますし、柔軟性が効くのがキャリアの選択肢が広がることがTECH::CAMPの最大の魅力です。

【通学制就職保証付】サポート力No.1なら「DMMWEBCAMP」

引用:DMMWEBCAMP公式サイト

料金プラン

DMMWEBCAMPの料金プラン
引用:DMM WEBCAMP公式サイト

DMMWEBCAMPの料金プランとして3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポートで合計6ヶ月のプランで628,000円と高い料金ですが、分割払いで月々26,000円~のお支払い計画を立てることができます。月3万円弱なので、痛いですがやりくり次第では投資と考えて受講を検討してみるのもアリです。

実際に僕は毎月2万円を支払いながらスクールに通っていましたが、実際に受講料として投資した分の何倍も返ってきました。その経験もあって、受講料が高い場合でも諦めずに検討することが大切です。

スクールの特徴

DMMWEBCAMPのカリキュラム
引用:DMMWEBCAMP公式サイト

実はコースが決まっているものの、オーダーメイドでカリキュラムを自由にカスタマイズできます。なので、自分で欲しいスキルを選択できるし、スキルセットも自由にカスタマイズできるというわけなんです。とはいえ、ここには落とし穴があり、全てにおいてオーダーメイドというわけにはいきません。あくまでも基本的なカリキュラムは通常通り受講者全員が受けなければいけないので、基本的に必要なカリキュラムは必須で受講することになります。それでも、その後の応用カリキュラムでは自由にカスタマイズできるのでいくつもの組み合わせを考えることが可能です。

しかし、DMMWEBCAMPは、学べる言語も実は少なく、Webデザイン(HTML・CSS・JavaScript)、Webプログラミング(Ruby・Rails・SQL)と絞られているのが特徴です。悪く聞こえたかもしれませんが、DMM WEBCAMPの場合は濃いカリキュラムを作るために、あえて言語が絞られています。

僕の場合、実際にはRubyを学んでWebサービスを作ったので、正直特にどの言語がやりたいというものがなければRubyを学ぶ形で十分汎用性がありますよ!

DMMWEBCAMPの口コミ・評判

編集部コメント

全額返金保障をここまで強く押し出しているスクールは他にないと言えるぐらい自信がうかがえます。3ヶ月間みっちり学習カリキュラムをこなす形になるのですが、未経験者でも必ず就職・転職出来るような体制がしっかりと取られているために6ヶ月という長めの期間を設けていることは、すごく合理的で現実的なスクールだなと高く評価できます。

エンジニアの就職や転職は思っているよりも難しいもので独学で成功することが意外と難しいものなので、そこを「できる」と言い切れる時点でかなり良いスクールだなという感想もあります。その自信の裏には、実践的なカリキュラムが終始あるので、現場に出た時のギャップを極力少なくすることができるため就職後にすぐ活躍出来る環境が整っていると言えますね。

【通学制就職支援付き】事業会社に就職したいなら「ポテパンキャンプ」

料金プラン

ポテパンキャンプの料金プラン
  • 選抜クラスキャリアコース:250,000円(3ヶ月)
  • 選抜クラスビギナーコース:300,000円(4ヶ月)
  • オープンクラス:100,000円(2ヶ月)

基本的に料金設定は他のスクールに比べて安めの設定になっています。ポテパンキャンプ側では分割ができないみたいなので、分割で支払いたい場合にはクレジットカードを使って受講料を分割しましょう。

スクールの特徴

一番の特徴と言っても過言ではないのが、未経験から事業会社への転職が可能だという点です。ポテパンキャンプ以外のスクールでは、SESへの就職先がほとんどなスクールもある中で事業会社だけに求人を絞っている点はかなり画期的です。

ちなみに、SESが分からない方のために説明すると、SESは自社サービスを持っていない受託会社のことです。基本的には、自社サービスを持っている客先に常駐してプログラムを組んだり、ひたすらテストしたりといった業務が主になります。逆に事業会社は、自社サービスを持っている企業のことで自社サービスを作ったり、大きく発展させるためにプログラムを日々書いていくことになります。

どちらがいいのかというのは賛否ありますが、自社サービスを作っている会社の方が基本的に給与が高く、技術力に合わせて昇進などきちんとスキルを適正に評価してもらえる傾向にあります。

そういった事業会社は未経験から採用されることが特に厳しく、事業会社だけの求人を絞ることの難しさを知っていただけるとポテパンキャンプの価値が分かってもらえるかなと思います。

ポテパンキャンプの口コミ・評判

編集部コメント

ポテパンキャンプは、「事業会社への転職」という点が目立ちがちですが、「講師の質が高い」「受講生のレベルが高い」という2点に編集部は注目しています。ポテパンキャンプに揃っているメンター陣は、有名IT企業のCTOだったり、リードエンジニアだったりと 、エンジニアの中でも上位に位置する方がレビューをしてくれます。

本当に「なんであんなに忙しい人が?!」と疑問になるくらいビックな方がレビューしてくださいますし、忙しいにもかかわらず、レビューがとっても丁寧で分かりやすいと評判です。

また、「受講生のレベルが高い」という点ですが、選抜しているため意識が高くいち早くスキルを身につけようという向上心に溢れる人が周りにごろごろといます。結果的に受講生はレベルの高い人材に仕上がっていくのですが、これはミラーニューロン効果といって、周りのレベル感に引っ張られて自分も周りと同様のレベルまで引き上げられる効果が働くことで、受講生全体がレベルの高い人材に育つ1つの大きな要因だと考えられます。

以上の2点を踏まえてポテパンキャンプはおすすめできる最高のプログラミングスクールの一つと言えますね。


プログラミングスクールは「体験談」を読んで決めるべし

ラボくん
博士〜!どのスクールにすればいいのか全然わかんないよ…
スクール博士
ラボくん、スクール受講経験者の体験談は読んだかの?
ラボくん
よ、読んでない….(怒らないで…博士…)
スクール博士
なにィ〜!読みなされ!明確に決まらない時にはリアルな声をヒントにするのじゃ!

\経験者9名の意見を徹底的に考慮!/



「無料体験レッスン」は豪華な特典の宝庫

スクール博士
ラボくん、無料体験レッスンは豪華な特典の宝庫なんじゃよ。知っておったかの?
ラボくん
そうなの!?無料体験なんて完全にノーマークだったよ…!
スクール博士
何?!それは確実に損じゃぞ!フローチャートを覗いてみなさい!

\全受講してフローチャート作成/